スポンサーリンク
スポンサーリンク

6.動画撮影

アクセス数: 629
愛娘物語|ブルー|note
高校2年生の藤崎詩織は、パパが大好き。 ある日、父親が仕事でミスをして、落ち込んで家に帰って来る。 心配した詩織は、父親をはげまそうと、チアダンスを踊ることにした。 足を高く上げて、パンチラ。 詩織のおかげで元気を取り戻した父親は、無事契約...

 6月は雨の日が多くて憂鬱よね。
 はやく夏にならないかな。
 夜の9時すぎ、ママがお風呂に入ってるときにパパが私の部屋にきたの。
 私はクラシック音楽を聴いてた。

「詩織にたのみたいことがあるんだ」
「なにかしら?」
「このあいだ、待ち受け画面の写真を撮っただろ」
「ええ、それがどうしたの」
「知り合いが、すごく褒めててな」
「まって、ひとに見せたの」
 おどろいて言葉が見つからない。
 聞いてないわよ。
 ひとに見せるって思ってなかったのに。
「親バカで、自慢したくて、つい」
「パパが仕事の疲れをいやしたいっていうから協力したのに」
「そう、怒るな。お父さんが悪かった」
「同じ会社の人なの?」
「共通の趣味で知り合った、同好の士だ」
「共通の趣味?」
(パパに趣味なんてあったかしら……?)
 パパは、まじめがとりえの仕事人間で、たまに付き合いでゴルフに行くぐらいしかないのに。
 高い物を買ったりとか、集めたりもしてない。
 だから、ちょっと不思議。
「その人もおなじ年頃の一人娘がいて、とても大切に可愛がっててな」
「ふーん。うちとおなじね」
「ぜひ、動画を見せてほしいって、お願いされたんだ」
「なによそれ」
 あきれるわよ。
 このあいだのでも、かなりムリをしてたのに。
「やっぱりダメだよな……勝手なことをいってすまん。……残念だが、相手にはお父さんが断る」
「そんな落ち込まないでパパ……私まで悲しくなっちゃう」
 パパがしょんぼりしてる姿を見ると、かわいそうって思う。
 パパの交友関係を壊さないためにも、ここは娘の私が協力してあげなくちゃっ、て考えたの。
「……パパのためなら、撮影に付き合ってあげてもいいわよ」
「ほんとか、詩織!」
「うん……今回だけよ?」
「たすかる。これで知人に大きい顔ができる」
 パパったら現金ね。
 さっきまでと態度が真逆。
 でも、そういうところも大好きよ。
 パパが私を必要としてくれてるなんて、とても幸せだわ。
「制服に着替えて。パパがカメラマンになって撮影するから」
「えー、また制服なの。しょうがないなぁ」
 私はぶつぶついいながら制服に着替えたわ。
 ほんと男の人って制服が大好きよね。
 とくに私たちの学校はセーラー服で、マニア人気が高いみたい。
 ・
 ・

「それで、なにをすればいいの?」
「そこに立って、まずは自己紹介。インタビュー形式で」
「えーっと、きらめき高校2年A組の藤崎詩織です。テニス部で、好きな教科は英語と音楽です」
 私は制服姿で自己紹介したわ。
 片手の指先で、耳元のかきあげながら。
 パパはスマホを構えて、カメラマンになりきってるみたい。
 運動会や学芸会には、かならずビデオカメラを持って撮影しにきてたので、そういう技術は昔からあるのよ。
「スリーサイズは?」
「スリーサイズまで答えないといけないの」
「ビデオを見ている知人に、詩織の成長具合が伝わるように、頼む」
「……上から、86・57・87です」
「表情が堅いぞ。カメラに向かって、自然な感じでスマイルで」
「急にそんなこといわれても、むずかしいわよ」
「将来の夢はなんですか?」
「将来の夢?」
「小さい頃、パパによくいってた」
「ああー……パパのお嫁さんになることです」
 あらためていうと、はずかしいわね。
 小さい頃は、それが当たり前だと思ってたの。
「いつもパパーパパーって甘えて抱き着いてきて、なつかしいな」
「まったく、いつの話をしてるのよ。小学生の頃でしょ」

 パパは私の周りをぐるりと回ったの。
「ベッドに寝転がって。片膝を立てて」
 パパの指示で、ベッドに仰向けになったわ。
 その状態で、左足の膝を立てたの。
「いいぞ、詩織。目線はカメラだぞ」
 そういって、パパが舐めるように足元から撮ろうとしたわ。
「ストップ、パパ」
 私はあわてて、両手でスカートを押さえたの。
 だって、下着が見えそうなんだもん。
「手がじゃまだろ」
「下着が見えちゃう」
「いつも家の中を下着で歩き回ってるのに」
「そうじゃなくて、パパの知り合いの人が見るんでしょ。はずかしいわ」
「そこを、すこしサービスショットで」
「でも……」
「この通り、たのむ」
 パパったら、娘の私に手を合わせてお願いするのよ。
 そんなことされたら、断りづらいじゃない。
「しょうがないなあ」
 けっきょく、パパには逆らえないわよ。
 それでパパが喜んでくれるなら、私としてもうれしいし。
 パパは、スカートの中を撮影したわ。
「なあ、詩織。すこしだけ下着をずらしてくれるか」
「えー……さすがにそれは」
「絶対に大事なところは写さないようにするから」
「うーーん……約束よ?」
 私はベッドに寝ころんだまま、スカートの中に両手を入れて、下着を半分だけ脱ぎ掛けにしたわ。
「これでいい? パパ」
「ゴクリ……すごくエロイ!」
 顔が熱くなっちゃった。
 いま考えたら、パパの位置からだと、私の大事なところが見えてたかも?
 たぶん大丈夫だと思うけど……。

 撮影が終わったら、すぐに下着を履き直したの。
 パパは、私の太ももをやさしく撫でながら、「詩織のおかげで、すごくいい動画が撮れたよ」って褒めてくれたの。
 私、すごくドキドキしちゃった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました