スポンサーリンク
スポンサーリンク

Buckle oneself to wark

アクセス数: 1335

作者:ブルー

清純派アイドルとして人気絶頂の詩織は、サイパンにイメージビデオの撮影に行くことになる。

2004年投稿(?)

  1. サイパン国際空港
  2. 高級リゾートホテル
  3. ベッドルーム
  4. ブルマー姿で撮影
  5. 現地観光
  6. プールで撮影
  7. ハンドマッサージ機
  8. プライベートビーチで
  9. 撮影最終日

コメント

  1. ユリーシャ より:

    過去作アップお疲れ様です。この話はブルーさんの作品の中でもトップ3に入る好きな物です。ありがとうございます。でも更に昔の主人公が出ていたパターンも好きでした。もう目にすることは無いのでしょうか?
    兎に角、これからも楽しみにしていますので、無理せず頑張って下さいます。

  2. pncr より:

    感想ありがとうございます。
    すでにかなり昔の作品のため書いた自分でも細部はほとんど覚えてません。
    たしか2・3回は大幅に書き直した気がします。
    初期のは残ってると思いますが、書き直しを否定することになるのでアップすることはないです。

  3. しょうきち より:

    実を言うと自分もユリーシャさんの言及している旧バージョンの方が好きでした。自分が見たのは、確か主人公がサイパンに一緒についてきて、結局隣の部屋で犯される詩織を為す術無く見る事となり、一人で日本に帰り、最終的に心に空虚なものを抱えたまま虹野さんを押し倒して手込めにする感じのオチだったと記憶しております。
    サイパンの夜に詩織の叫び声が響き、犯された後は丸めたティッシュといっしょにゴミみたいに扱われる詩織・・・といった感じの描写など、まさに寝取られものの醍醐味と感動すら覚えました。ブルーさんの味が漏れなく発揮されており素晴らしい出来だと思います。
    (余談ですが、自分が当サイトを見つけたきっかけでもありました。)

    確か青い小部屋からpncrにリニューアルされた際に改稿されたかと記憶しておりますが、現バージョンで解せないのは、最終的に詩織を犯すことになるのがカメラマンの青山ではなくまた別の男、安岡になった点です。

    元々青山が詩織に対し色々手練手管を弄している時点で間男による寝取られの要件を満たしているのに、結局最終的に詩織を犯すのがまた別の男である安岡だと、読者としては肩透かしを覚え、メタ的には誰視点で物語を読み進めていけばいいのか混乱するかと思います。
    本作のコンセプトとして、寝取りが主なら青山棹役がベストだと思いますし、寝取られが主なら主人公を配置して詩織が犯されているのに指一本触れられない心情をねっとり描写するのがベストだと思うからです。

    あくまで私個人の感想です。旧バージョン新バージョンともに私など及びもつかないほど面白かったのですが、それゆえに違和感を覚えてしまいました。

    差し出がましい事を申し上げましたが、とはいえブルーさんのご判断ということであれば尊重いたします。
    これからブルーさんの小説を楽しみにしております。

  4. kazushi より:

    すでにお二人が意見表明されているので、その余勢を駆ってこちらも意見させていただきますが。
    某作品を参照してみれば一目瞭然ですが、自分も最初のバージョンが一番好きだったりします。
    特に旧バージョンのラストの方で、デビュー曲のPVを流しながら詩織が犯されてるシーンはかなりお気に入りで、何度か使わせていただきました。

    実際、たとえばボブwのオイルマッサージとか、あるいはラストの乱交シーンでMVやステージ映像を流しながら理奈達が犯されてるシーンなんかは、はっきりと意識したオマージュとして書いた覚えがあります。
    だから新バージョンになったときは、確かに個別で見ればエロくて好きなシーンもあるのですが、全体的に興奮度が下がってがっかりしたことも事実でした。
    特にしょうきちさんも言及してますが、主人公を消して代わりに安岡を出した必要性があまり感じられなかったのが、そう思ってしまった主な原因だったかと。

    書き手としては書き直したのだから新バージョンを優先したいという気持ちもわかりますが、純粋な読者的視点からは旧バージョンの方に一票を投じたいというのが正直なところです。
    個人的には下級生瑞穂陵辱も好きな作品でしたが、書き直されたものよりも最初の方が好きだった記憶があるので、そのあたり自分とブルーさんの好みがずれているだけと言うことかも知れませんが。

    いずれにしろ、要は書き手と読み手との感覚は違うものであり、書き手がよかれと思った変化を読み手が必ずしも受け入れられるわけではないというだけのことなのでしょう。
    なのでアップに関しては書き手であるブルーさんが決めたことが絶対ですので、こちらからこれ以上なにか要望するつもりはありません。
    ただいい機会なので、ついでという形ではありますが以前からのもやもやを吐き出させていただいただけのことです。
    ですからブルーさんはあまり気にせず、新作に励んでいただけたらと思います。

    • pncr より:

      修正するとだいたい受けが悪いです。
      まあ、サイレントマジョリティーっていう言葉もありますし。

タイトルとURLをコピーしました