スポンサーリンク
スポンサーリンク

7.ジェンガ

アクセス数: 627
愛娘物語|ブルー|note
高校2年生の藤崎詩織は、パパが大好き。 ある日、父親が仕事でミスをして、落ち込んで家に帰って来る。 心配した詩織は、父親をはげまそうと、チアダンスを踊ることにした。 足を高く上げて、パンチラ。 詩織のおかげで元気を取り戻した父親は、無事契約...

作者:ブルー

 最近は、いろんな会社でテレワークが導入されてるわよね。
 パパの会社でもテレワークの日があるの。

 リビングで、パパとジェンガで対決することになったの。
 ママはフラワーアレンジメント教室に出かけているわ。
 テレビゲームのときと同じ。勝った方のおねがいを一つ聞くこと。
 ジェンガは得意だから油断してたの。
 真ん中の棒を抜こうとして指がふれて、タワーが一気に崩れた。
 くやしい! あとすこしでパパに勝てたのに!

「あーあ。負けちゃった」
「約束通り、詩織には罰ゲームを受けてもらうぞ」
「なにをすればいいのかしら? おつかい? 肩たたきとかなら楽でいいんだけどなぁ」
 勝つつもりだったから、対決するまえにパパの要求を聞くのを忘れてたの。
「詩織の脇を見たい」
「えっ、なにそれ?? 私の脇??」
 私はキョトンってしてた。
 急になにをいいだすのかと思ったわ。
「父娘でも、はずかしいわよ」
「だからこそ、罰ゲームだ」
「それはそうだけど……」
「文句をいってないで、腕を上げて、お父さんに脇を見せなさい」
 約束は約束だし、守らないとダメよね。
 ソファーで、ひじを曲げるように右腕を頭の上にあげて、脇を広げたわ。
 今日はピンク色のキャミソールを着てたの。
 パパは隣にすわって、私の脇をじっくりと見た。
 そんなに見られると緊張してきちゃう。
「綺麗な脇だな。剃り跡もない」
「脇を褒められたのは、はじめてかも」
「いつも、お風呂で手入れしてるのか」
「ううん……」
 私は、生まれつき体毛が薄い体質なの。
 夏のプールの時期も、ほとんど手入れをしなくて平気ぐらい。
 ここだけの話、アソコもツルツルなのよ。パパにもヒミツだけどね。
「こんな魅力的な脇は見たことがない」
「ちょっと、パパの顔がちかい」
 パパの顔が、どんどん私の脇に近づいてきたわ。
 パパって、そういう趣味があったのかしら?
 鼻息が当たって、くすぐったい。
「パパの鼻息がくすぐったいわ」
「クンクン」
「やだぁ。高校生の娘の脇のにおいを嗅がないで」
「ハアハア……汗のにおいがする」
「今日は体育の授業があったから」
「舐めてみてもいいか?」
「えっ!?」
 私が返事をするまえに、パパがベロリって、私の脇を舐めたわ。
 そんなことするとは思ってもいなかったから、すごくおどろいちゃった。
 ゾワゾワってしたわ。
「いやん……」
「ハアハア。しょっぱい味がする。とてもうまい」
「ペロペロ舐めて、犬みたい」
 まあ、脇ぐらい、いいかなって……。
 あとで知ったけど、脇には性感帯があるのね。
 ベロが這うたびに、肌が震えるみたいな感覚があるの。
「……パパ、もう十分でしょ」
「あと1分だけ」
「でも……」
 ほんと犬みたいにしつこい。
 犬って飼い主の手をずっと舐めようとするでしょ。あれと同じ。パパは舐めるのをやめようとしないの。
 ジュルジュル、チュパチュパ、ペロペロ、レロレロ……私の脇はパパの唾液まみれよ。
 あとね、体を支えるようにして、パパの手が私の胸を掴んでいたわ。
 キャミソール越しにモミモミと揉むの。
(あん……へんな気持ちに……)
 頭がぼーっとしてきちゃった。
 だって、ずーっと無防備な脇を舐められて、胸をさわられているんだもの。
 感じるなっていうほうがムリな話よ。
「詩織の顔が赤いぞ」
「……パパの気のせいよ」
「ほんとはパパに脇を舐められて、へんな気持ちになってるんじゃないのか」
「っっ!!」
 パパがキャミソールの乳首を、指で摘まんでクリクリってしたの。
 思わず、ビクン!! て感じちゃった。
 腕の力が抜けかけたの。
「時間よ、もう終わり」
「つぎは左の脇だな」
「ウソ。こっちもなの」
「片方だけと、いついった?」
「そんなの、ずるいわ」
 まんまとパパにだまされちゃったわ。
 今度は左腕を上げて、パパに左脇を舐められることになったの。
 やっぱりキャミソールの胸を掴んで揉んでるし。
 これって確信犯よね。
 罰ゲームだし、注意したくてもできないわよ。
 けっきょく、10分以上、パパに両脇を舐められてたかしら。
「詩織の脇ならずっと舐めていられる」
「バカいわないで……パパのつばでドロドロ。私の脇が溶けちゃいそう」
「こっちはどうだ」
 パパが下着の股間にふれようとしたの。
 さすがにまずいわよ。
 私は、あわててソファから立ち上がったわ。
「そろそろママが帰ってくる。続きはこんどね」って、逃げるようにして自分の部屋にもどったわ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました