スポンサーリンク
スポンサーリンク

5.学校の一日

アクセス数: 567
愛娘物語|ブルー|note
高校2年生の藤崎詩織は、パパが大好き。 ある日、父親が仕事でミスをして、落ち込んで家に帰って来る。 心配した詩織は、父親をはげまそうと、チアダンスを踊ることにした。 足を高く上げて、パンチラ。 詩織のおかげで元気を取り戻した父親は、無事契約...

 私の通っている、きらめき高校は、男女共学の進学校なの。
 自由な校風で、グラウンドの脇には古い大木があって、毎日、徒歩で通学してるわ。
 友達もたくさんいて、学校のことが大好きよ。

 朝の教室では、みんなに挨拶するの。
「詩織ちゃん、おはよう」
「おはよう、メグ。今日もいい天気になりそうね」
 メグは、栗毛色の長い髪をした、とってもかわいらしい女の子で、私の一番の親友よ。
 性格はおとなしくて、すごく内気だけど、見てて守りたくなるような存在よね。
 学校では、ほとんどいっしょにいるわ。
「……」
「どうしたの? なにか心配事?」
「ううん……暑いと、今日の体育が……」
「水分補給をしっかりして、熱中症には気をつけましょう」
「うん……いいな、詩織ちゃんはスポーツも得意で」

 4時間目の体育は、女子はバレーだったの。
 更衣室で体操服に着替えて、バレーコートでミニゲームをしたわ。
 メグは木陰で休んでいたの。
 あのコ、あんまり運動が得意じゃないから。
 なにがいやって、女子の体操服がいまだにブルマなことよ。
 濃紺色で、ポリエステルの生地がぴっちりしてて、まるで下着みたい。
 スタイルにはかなり自信があるけど、男子たちがジロジロ見てくるし、気にするなっていうほうがムリよ。
「ちょっと、好雄くん!」
「なに、詩織ちゃん。今日もとびっきり美人だね」
「ごまかさないで。いまスマホで盗撮してたでしょ!」
「え、してないよ」
「ウソ。見えてたわよ」
「へへへ、詩織ちゃんのブルマ姿がすごく似合ってるからさ」
「先生にいうわよ!」
 好雄くんは同じクラスの男子で、お調子者なの。
 いつも女子を盗撮ばかりしているわ。
 何回注意しても聞いてくれなくて、ほとほと手を焼いてるの。
 だから、女子はみんな好雄くんのことを嫌ってる。
「すぐにデータを消して」
「ええーー、せっかくいい写真が撮れたのに」
 いつもこんな感じよ。
 とくに夏のプールの授業はたいへんなんだから。

 私はテニス部なのよ。
 放課後は、練習がない日にはまっすぐ下校するわ。
「先生、さようなら」
 校門のところで、生活指導の世原先生に会ったわ。
「おう、藤崎。おつかれ」
「きゃああ!!」
 思わず大きな声がでちゃった。
 すれ違うときに先生がスカートのお尻にタッチしてきたの。
 これって、完全にセクハラよね?
 まあ、毎日のことで……半分なれちゃったけど。
「やめてください。いくら先生でも怒りますよ」
「藤崎は優等生なのに、学校で一番のいいケツしてるな。思わず手が出た」
「そういって、いっつもいっつも……」
 先生はニヤニヤして私のことを見てたわ。
 ぜんぜん反省してるふうがないの。
 あきれてものもいえないってこのことよね。
 こんな人がきらめき高校の教師だなんて、ほんとしんじられない!
 他にも、世原先生のセクハラに泣かされてる女子生徒は多いみたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました