欲望きらめき文化祭

2.童貞卒業

作者:しょうきち << 前 欲望きらめき文化祭(2/-) 次 >>       1  半年前の4月4日。三年生となる新年度の開始を目前にして、早々に18歳の誕生日を迎えた好雄は焦っていた。 今年より新たに18歳を成人とす...
欲望きらめき文化祭

1.プロローグ

作者:しょうきち << 前 欲望きらめき文化祭(1/-) 次 >>       1  その日、きらめき高校3ーAの教室では、いつになく白熱した議論が行われていた。「だ~から、時代はJKリフレだっつってんだろ! 可愛い衣装...
欲望きらめき文化祭

欲望きらめき文化祭

作者:しょうきち  私立きらめき高校においては、例年10月第一週の週末に文化祭が行われる。各クラスやクラブにおいて思い思いの模擬店や出し物を披露する高校生活における一大イベントであるが、ここに邪な企みを抱く男がいた。男の名は早乙女好...
向日葵と月見草

8.ツキミソウ

作者:しょうきち << 前  向日葵と月見草 (8/8) 次 >>  新年度が始まり、愛、詩織、公人の三人はそれぞれの道を歩み始めていた。 愛は二流企業の新人研修を終え、少しずつ仕事を覚えはじめてきたところである。詩織は一流大...
向日葵と月見草

7.桜は咲かず

作者:しょうきち << 前  向日葵と月見草 (7/8) 次 >>  三月。長かった高校生活も終わりを迎え、この日はきらめき高校卒業式が執り行われていた。 卒業式が特別な日である事は古今東西誰にとっても変わりないが、ここきらめ...
お知らせ

【先行公開】ボーダーライン 6話

まだちょくちょく修正していますが、とりあえず先行公開しました。リツイートが50いったら、こちらにて無料公開します。
タブララサ

5.クローゼット

作者:ブルー << 前 タブララサ(5/5) 次 >>  壁に寄りかかって、何も考えないように天井を眺めていた。いきなりドアが開いて、二番目に顔を見たくないやつが立っていた。「なんだ、いんじゃん」と言って、了解もなしに部屋に入...
タブララサ

4.土蔵

作者:ブルー << 前 タブララサ(4/5) 次 >>  目をさましたとき、窓の外にはすでにまぶしい太陽が昇っていた。「まいったな。あのまま眠ったのか」 重たいまぶたを指でこすった。 なんだか昨日から今日にワープしたみたいな気...
タブララサ

3.寝室

作者:ブルー << 前 タブララサ(3/5) 次 >>  部屋に戻ってもベッドで寝返りばかり打っていた。頭には口もとを押さえて飲み下そうとするタマ姉の姿がこびりついていた。雄二はずぶ濡れになった俺を見てゲラゲラ笑っていた。あい...
タブララサ

2.浴室

作者:ブルー << 前 タブララサ(2/5) 次 >>  結局、リンゴも食べ損ねてしまった。俺のぶんは雄二がとっとと食べてしまった。 マー坊は手柄を立てたようにタマ姉の膝に座ってリンゴを頬張っていた。あ~んと大きな口を開けて、...
タイトルとURLをコピーしました