スピリットサージ

24.やだ。おじさんの、エッチー。手をどけてください

 経過報告24 ―― 7月25日 「私の忠告は意味がなかったようね」と、紐緒さんはひとり言のように言った。右手に持ったペンをときどき動かして。髪に隠れてない片目だけが報告書の文字をたんたんと追ってた。 俺は「そんなことないさ」と言っ...
スピリットサージ

23.こらっ! やめなさい。ムクっ!

 経過報告23 ―― 7月24日  美樹原さんのうちに遊びに行った、虹野さんも一緒に。詩織の部屋でも良かったけど、万が一詩織に見つかるとね。美樹原さんの部屋に興味もあった。そういう機会ってありそうでなかなかない。  美樹原さん...
スピリットサージ

22.いつか痛い目見るわよ

 経過報告22 ―― 7月23日  夏といえば成績表に1が並んだって海だ。というわけでみんなで海に行った。虹野さんに美樹原さんに朝日奈さんに鏡さんに。詩織はあの通りだし、紐緒さんには研究が忙しいっていわれた。あー、あと好雄。俺は「い...
スピリットサージ

21.ハゲ……じゃない、先生に用事があって

 経過報告21 ―― 7月22日  歩道橋をすぎた先を歩いてると、ピッカピカのリムジンがぬぅーっと横につけてきた。それがまた無駄にでかくて長い。教室の端から端までぐらいあるんじゃないのかな。あれで狭い路地とかのカーブが曲がれるのかね...
スピリットサージ

20.これは優美が世界で一番大切な人にもらった宝物なんです

 経過報告20 ―― 7月21日  炎天下の中、昼過ぎに好雄の家にいった。 チャイムを押すと、部屋着(胸のところに大きなイチゴがプリントされたシャツに、もこもこしたクリーム色のショートパンツ)の優美ちゃんが玄関を開けてくれた。アイス...
スピリットサージ

19.昨日食べたオレンジが痛んでたのかも

 経過報告19 ―― 7月20日  今日はとんでもないことがあった。まずは終業式だ。体育館に生徒が集まって、校長が長たらしい訓辞を述べていた。高校生の自覚を持てとか危ないところには行くなとか、この夏休みをどう過ごすかがこの先の人生を...
スピリットサージ

18.じつはさ、もう紹介料もらちゃったんだよね、アハハ

 経過報告18 ―― 7月19日  女子トイレの個室に虹野さんを連れ出した。一時間目の前から避けてるようなそぶりがあったので「沙希ちゃん、お話があるの。ちょっときてくれる?」って言って。 はじめは目を見ないで「どうしてこんな場所に?...
スピリットサージ

17.こういうのって更衣室で一緒に着替えてるのと理屈は同じだと思うの

 経過報告17 ―― 7月18日 「ずいぶんと藤崎さんを満喫してるみたいね」 いつものように淡々と報告書に目を通していた。部室は窓もカーテンも締め切られていた。そして回送列車のように俺と紐緒さんの二人以外誰もいなかった。読みながら紐...
スピリットサージ

16.でも、男子って私のイメージを勝手に作ってるみたいよね

 経過報告16 ―― 7月17日  男子の何人かに声をかけて詩織の撮影会を開くことになった。好雄の提案だ。俺は気がすすまなかったけど、手っ取り早くお金が稼げるぞと言われてうっかりのかってしまった。(バイトをクビになったので夏休みに遊...
スピリットサージ

15.制服だとまずいじゃん。補導されるかも

 経過報告15 ―― 7月16日  水泳の授業があった。予想はしてたけどプールに行くといつも以上に男子の視線を浴びた。スクール水着だと詩織の体のラインが丸見えになるので、必死に目に焼きつけようとしてるのが丸わかりだ。(詩織は体調が悪...
タイトルとURLをコピーしました