パーフェクトドッジ

パーフェクトドッジ

4.ひびきと二人で

作者:ブルー << 前  パーフェクトドッジ (4/14)  次 >> 「ねえ、ひびきー。帰りにマック寄らない――」 シャワーを浴びて出て、すぐに足が止まったわ。 ベッドで肩を抱かれてキスされてるひびきが目に入ったんだもの。覆...
パーフェクトドッジ

3.ラブホテル

作者:ブルー << 前  パーフェクトドッジ (3/14) 次 >>  リビングでテレビをつけてゴロゴロしてるとメールが届いたの。「ふああ、こんな時間に誰かしら?」 右手を伸ばして寝転んだままで携帯を取ると、おじさんからだった...
パーフェクトドッジ

2.カラオケハウス

作者:ブルー << 前  パーフェクトドッジ (2/14) 次 >>  その日からおじさんからよくメールが来るようになったの。 ほとんどが「学校どう?」とか「今度いつ会える?」っていう内容なんだけど、私としてはとくに何とも思わ...
パーフェクトドッジ

1.放課後

作者:ブルー << 前  パーフェクトドッジ (1/14) 次 >>  この間、知らないおじさんとカラオケに行ったの。 そのおじさんは、ひびきと一緒の学校帰りに駅前で声をかけてきて「いま暇?」って聞かれたの。それだけならよくあ...
パーフェクトドッジ

パーフェクトドッジ

作者:ブルー 輝日東高校の森島はるかと塚原響の2人は学校帰りに中年男性に声をかけられ、カラオケに行くことになる。 放課後カラオケハウスラブホテルひびきと二人で星野結美交換条件神風パイズリプレゼント制服クラブアナル貫通お仕置き続...
タイトルとURLをコピーしました