スポンサーリンク
スポンサーリンク

10.お風呂

アクセス数: 594
愛娘物語|ブルー|note
高校2年生の藤崎詩織は、パパが大好き。 ある日、父親が仕事でミスをして、落ち込んで家に帰って来る。 心配した詩織は、父親をはげまそうと、チアダンスを踊ることにした。 足を高く上げて、パンチラ。 詩織のおかげで元気を取り戻した父親は、無事契約...

 私のスマホ、中学生にときに買った機種だからかなり古いの。
 そろそろ新しいのが欲しくて、ママに頼んだらダメっていわれた。
 勉強、がんばってるのに。
 だから、パパにおねだりしたの。ママを説得してくれるように。
 うちの家計はママが握ってるのよ。
 そしたら「お父さんといっしょにお風呂に入ってくれたら考えてあげる」って。
 「ええーー」って感じよ。大人ってずるい。

 パパが先に浴室に入ったの。
 私は脱衣所で服を脱いで、バスタオルを体に巻いて入ったわ。
「パパはまえを向いてて。ぜったいこっちを見たらダメよ」って注意した。
 ボディソープとスポンジを使って、風呂椅子にすわったパパの体を洗ってあげたの。
「いいでしょ。新しいスマホがほしいの」
「いま使ってるのじゃ、ダメなのか」
「いまのは古いの。同じクラスの夕子ちゃんは、最新のiPhone15・Proをもってるのよ」
「それはいくらするんだ」
「20万円ぐらい」
「高いなあ」
「おねがい、ママを説得して。家のお手伝いもがんばるから」
 バスタオルをはずして、パパの背中にわざと乳首を当てたの。
 ツンツンって。
 パパはビクッてしてた。
 胸を押し当てて、全体で洗うように密着したの。
「ねぇ、パパ。スマホ買って?」
 って、耳元に甘い声で囁いたの。
 ちょっとサービスしすぎたかしら。ドキドキよ。
「し、しかたない。ママには、パパのおこづかいを減らすようにいってみる」
「ほんと? やったー!!」
「そのかわり」
「なに?」
「詩織の裸を、パパに見せてくれ」
「……う、うん……いいわよ」
 お風呂にいっしょに入ろうっていわれた時点で、覚悟はしてたし。
 パパになら、私の裸を見せてもいいかな。

 パパはこっちを向いて、私の体のすみずみまで見たわ。
 つま先から頭の先まで。とくにアソコを集中的に。
 私、生まれつきツルツルなの。いわゆるパイパン?
 顔から火が出るってこのことね。
「すごく綺麗だよ、詩織の体。色白でみずみずしい」
「やだぁ……はずかしいわ」
 耳元の髪を指でかきあげて、モジモジしちゃった。
 だって、パパとお風呂に入るのなんて、小学生以来でしょ。
 緊張しちゃうわよ。
「パパのおちんちんがおっきく……」
 パパのアレが勃起してたの。
 それって、私の裸を見て興奮してくれたってことよね?
 自分が大人と認められたみたいで、うれしかった。
「おちんちんじゃなくて、これからはチンポと呼びなさい」
「えっ?」
「わかったね?」
「……チンポっていえばいいのね」
 パパって、へんなこだわりがあるのね。
 おちんちんじゃなくて、チンポ。精液のことは、ザーメンっていわないとダメだって教えられたわ。
 そういう教育はしっかりしてるよ。

 パパは、私の目の前に立ったの。
「勉強のためだ。怖がらずに、手でさわってごらん」
「うん……」
 よくわからないけど、私がさわることになったみたい。
 子供の頃、見たのと形がちがう? おぼろげだけど。
 あのときは勃起してなかったし。
 あらためて見ると、すごくグロテスクな形をしてるわよね。
 おそるおそる、さわったの。
 興味があったのは事実だし。
 手がやけどするぐら熱くて、びっくりしたわ。
「すごく硬いわ」
 パパに教えられたとおり、手でやさしく扱いたのよ。
「すごく不思議な感じ。ほかの人のは絶対いやなのに、パパのだと平気みたい」
 右手で支えて、左手の指先で耳元の髪をかきあげながら、顔を近づけて先っぽをペロって舐めたわ。
 ちょっとしょっぱい。
「パパ、気持ちいい?」
「最高だよ、詩織」
「うふふ。悪いパパ、高校生の娘にチンポを舐めさせて」
 私はクスってしたの。
 パパの顔を見上げながら、悪戯っぽくペロペロ舐めたの。
 ソフトクリームを舐める感じよ。
 もうね、スマホのことは頭から消えてた。
「口に咥えてくれるか?」
「えぇ……私にできるかしら……」
 私は、がんばって、パパのチンポを口に咥えたの。
 といっても、半分ぐらい?
 全部はとてもムリよ。
 すぐにオエェってなりそう。
 涙目になって、顔を前後に動かしたの。
 でも、それでよかったみたい。
 パパはすぐに「ううっ! 出るっ!!」ってうなったわ。
「きゃあっ!!」
 私の顔に、ビュービューってパパのザーメンが当たったの。
 ドロドロで、胸まで垂れちゃった。
 すごいにおい。
 この感じ、まえにも1回あったような……。

「つぎは、パパが詩織の体を洗ってやろう」
「いいわよ、私は」
「遠慮するな。父娘だろ」
 パパは、私の体に興味津々みたい。
 スポンジを使わずに、手に直接ボディソープをつけて肌を擦るの。
 パパの顔がすごくエッチになってた。
「詩織は、ママの若い頃にそっくりだ。プロポーションも抜群で」
 パパとママは、大学の先輩と後輩だったの。
 ママはミスキャンパスに選ばれるぐらい美人だったのよ。
 だから、ライバルがすごく多かったんだって。
「もう、パパの手つきがエッチ」
「ハアハア。乳首はピンク色だな」
 乳首を指で摘まんでクリクリってするの。
「体はすっかり大人なのに、ここだけ子供みたいだ」
「っっ!!」
 パパの手が、私の割れ目に……。
 泡のついた手で、上下に洗ったわ。
 クチュクチュ、音がしてた。
「あ、あんっ!!」
「どうした、詩織」
「パパのバカ」
「ここは大事だからな。丁寧に洗う必要がある」とかいって、バスタブに手を着くようにいったわ。
 私はパパにいわれたとおり、バスタブに両手を着いて、後ろにお尻を突き出したの。
 いま思えば、すごくいやらしい格好よね。
「詩織のお尻は、形がいいな。肉づきのいいハート形で、男好きのする美尻だ」
「もー、へんなこといわないで」
「詩織の大事な場所から、エッチな汁が垂れてる」
「ウソ!」
 私のアソコに指をあてがって、ニチャリって左右に開いたわ。
 パパに大事な場所を全部見られちゃった。
 すごくはずかしい! 死んじゃいそうなぐらい!!
「ハアハア、鮮やかなサーモンピンクだ。小さな膣口がヒクヒクしてる」
「やだぁ。奥まで見ないで、パパ」
「処女膜はあるみたいだな」
「あたりまえでしょ。だれともエッチしてないんだし」
 実際は、処女膜って膜じゃないらしいの。
 私、ずっとドキドキして、不安な気持ちで後ろを見てた。
 パパが顔を近づけてきて……。
「ひぃぃ、んんーー!!」
 パパが私の大事なところを舐めたの。
「だ、だめぇ、そんなところを舐めたりしないで、パパ」
 私、イヤイヤってお尻をふったの。
 でも、パパは完全に火がついてたみたい。私の腰を掴んで、やめようとしないの。
 あれって、クンニっていうのね。
 このあいだのマッサージの比じゃないわよ。
 すごく気持ちいいの。
 しかも、パパったら私のお尻の穴までベロでほじくるし。
 膝がガクガクして、じっとなんかしていられないわよ。
 私、あっというまにイッちゃったの。
「あっ、ああっ!! いくっ!!!」
 目の前が真っ白になって……お漏らししちゃった。
 お風呂場だからセーフよね?
 それぐらい気持ちよかったの。

 そのあと湯舟につかって、パパといろんなおしゃべりしたの。
 学校のこととか、勉強のこととか、将来の夢とか……。
 パパはずっと、私の胸を揉みながら、話を聞いてくれたわ。
 これが本当の父娘水入らず?
 たまには、こういうのもいいかも。

 後日、欲しかった最新スマホを買ってもらえたの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました