スポンサーリンク
スポンサーリンク

3.レオタード

「次はレオタードに着替えようか」
「南、持ってないわよ」
「ちょうどこっちで用意しといたからさ。これに着替えてくれる」
「やけに準備がいいな……」
「着替えるのはここで」
「えっ、カメラの前はちょっと」
「時間がもったいないよ」
「でも……」
「ほらほら、どうせ下着も見せてくれたんだしさ」
「……」
 南はしぶしぶ男に渡されたレオタードに着替えた。
 着替えている途中、南はずっと背中に男の視線を感じていた。
「このレオタード、胸元がすごい開いてるわ」
「そういうデザインだからね」
「生地も薄いみたい」
「そっちのほうが南ちゃんの若さが出てて魅力的だよ」
「そうかな……」
「いいよー。最高だ。やっぱり南ちゃんはレオタード姿が一番だね」
「あの……サポーターは?」
「サポーター?」
「レオタードの下につけるやつ」
「あー、ド忘れしてた。ごめんね、次は用意しとくからさ」
 男のわざとらしい言い訳に南は落胆の色を隠せない。
(透けてないかな……心配だな)
 不安げに身につけたレオタードを確認する、南。
 しかも、男が汗のかわりだといって霧吹きをかけていた。
「目線はこっちだよ、南ちゃん」
「は、はい……」
「心配しなくても何も見えてないからね」
「だと、いいけど」
「ちょっと膝を開いて床に座ろうか」
「ここですか?」
「そうそう。たくさんのファンが見てると思って笑顔ね」
「はい……」
 南は男に指示された通りに足を開いて床に座った。
 グラビア撮影の時のようにスマイルをする。
「いいね。可愛いよ。ほんと南ちゃんは新体操の妖精だ」

イラストby『月夜のリボン』さん

コメント

タイトルとURLをコピーしました