スポンサーリンク
スポンサーリンク

1.プロローグ

アクセス数: 698

作者:しょうきち

<< 前 欲望きらめき文化祭(1/-) 次 >>

      1

 その日、きらめき高校3ーAの教室では、いつになく白熱した議論が行われていた。
「だ~から、時代はJKリフレだっつってんだろ! 可愛い衣装で着飾った女子が肩を揉んだり校内を案内したりすんだよ。簡単だろ、絶対この方が楽だしコスパもいいし、何より儲かるぜ」
「文化祭でそんないかがわしい催し物が出来るわけないでしょう。それよりもいい案があるわ。今年から法改正で18歳成人になったんだから、選挙よ、模擬選挙をするの。候補者を何人か立ててPRをさせて、来てくれたお客さんに実際に投票させるの。その方が健全だし、高校生らしいと思うわ」
 一ヶ月後に控えた文化祭のため、3ーAでは出し物を決めるためのクラス会が開かれていた。言い争いを続けているのは、主に男子生徒の早乙女好雄と女子生徒の藤崎詩織である。
 お化け屋敷、喫茶店……。色々意見が出てくる中、最終候補は好雄が発案したJKリフレと詩織が発案した模擬選挙の2案に絞られていた。
 やはりというか、前者を支持しているのは男子を中心とした不真面目なグループが主で、後者を支持しているのは女子を中心とした真面目なグループが主である。
 早乙女好雄は短髪を明るい茶色に染めたチャラそうな見た目に違わず、中身も軽薄な男子である。頭の中身は女の事で八割が占められており、残りの二割は金である。一応受験生だというのに、しょっちゅう学校をサボり繁華街に繰り出してはナンパに精を出している。
 今回の提案においてもゲスな下心を隠そうとしてさえおらず、藤崎詩織を中心とした真面目な女子グループからは嫌悪の目で見られていた。
 藤崎詩織は、「きらめき高校のスーパーヒロイン」と呼ばれる程の美少女で、品行方正、成績優秀、スポーツ万能で男女問わず人気が高い。
 ヘアバンドでまとめたストレートロングの髪が、窓から差し込む日差しを受けて艶々と輝いており、立ち姿さえ凛としている。好雄はクラス会の真っ最中である事も忘れ、その様をうっとりと眺めていた。
 きらめき高校指定の制服、セーラー服に黄色のリボン、青のプリーツスカート。スカートは校則が指定する丈の長さにきちんと収まっている。シンプルな装いであるが、詩織ほどの美少女であれば立ち姿からも隠しきれないほどの魅力が溢れている。量感のあるバストはタイトに締めた胸のリボンの結び目をグッと前に押し出しており、スカートからスラリと綺麗に伸びる生脚などは見ているだけでムラムラと欲情を覚えてしまう。
(おっ、透けブラ見えたっ! へへへへ、藤崎のヤツ、また育ったかな……こりゃ。そろそろDカップも卒業かな。ああ、この身体をモノにして、ヒイヒイ言わせてやりてえなあ……。っと、いけねえ、いけねぇ……)
 妄想が行きすぎ、涎が出そうになるところを必死で食い止める。
 好雄はスリーサイズをはじめとした女子のパーソナルデータ収集マニアで、特にクラス内の可愛いどころについては年毎の増減さえも暗記しているほどである。詩織のバスト・サイズは今年の四月時点で85センチのDカップ(推定)の筈だったが、 一学期、そして夏休みを経て更に一回り成長したように思えた。もしも夏休みの間に彼氏が出来ており、定期的に揉まれているのだとすれば由々しき事態である。
 だが尤も、その可能性は低いと好雄は見ている。清楚な見た目に違わず、趣味も純文学やクラシック音楽といった固いものばかりであり、不純異性交遊のような事は不良のする事と思っている節がある。
「最近は有名アイドルグループも大々的に選挙イベントを開催したりしているし、これを機会に選挙に興味を持つことが皆の将来のためにも……って、聞いてるの? 好雄くん」
「へいへい、聞いてますよ。それにしても藤崎って、アイドル・グループみたいな俗っぽいものにも興味あったんだな。クラシックみたいな硬~い音楽しか聴かねえもんだと思ってたぜ」
「……なっ、今はそんな事関係ないでしょ。それよりも、好雄くんの方はまだ意見あるかしら?」
「うぐ……」
 こうして議論をしていても正論で押しているのは誰が見ても詩織であり、ふざけた返しばかりしている好雄の旗色は悪いように思える。だが、好雄には秘策があった。
「わかった、藤崎。もう言うことはねえよ。それじゃあ、もうクラス投票で決めようぜ。恨みっこ無しだ。全員で無記名投票をして、票が多い方の案に決まり、それでいいか?」
「ええ、勿論よ」
 詩織は自信ありげな表情を見せていた。
「それじゃあ、頼んだぜ委員長。投票用紙、配ってくれよ」
「はい、では……」
 好雄の一言をきっかけに、それまで無言を貫いていた眼鏡の少女が席から立ち上がった。
 彼女の名は如月未緒。3ーAのクラス委員長で、地味な文学少女といった趣である。
 未緒はてきぱきと用紙を配っていく。投票用紙とは言っても単なる二つ折りにしたルーズリーフの切れ端であり、好雄案に投票するならA、詩織案に投票するならBと書いて、見えないように二つ折りにして空箱に入れていく。そうした簡素なルールである。

      2

「ええと……、それではここに投票結果を書いていきますね」
 クラス全員の投票用紙が集まり、未緒が箱の中の用紙を順に確認してゆく。黒板には右側にA・リフレ、B・選挙と書いてある。
 箱から紙を一枚ずつ取り出し、未緒は黒板に横線を書き入れていった。
 最初に開けた札はB、その後も10枚連続で詩織への投票であった。正の字がひとつ、ふたつと詩織の側に掻き込まれてゆく。対する好雄の側は未だゼロ票である。詩織は当然よ、と言わんばかりに胸を張って好雄を見やった。
 しかし、その顔は次第に青ざめてゆくこととなった。
「ええと……次はA、その次もAです……」
 最初こそBに連続で票が入っていたが、その後はAに連続で票が入った。未緒が黒板にカリカリと正の字を書き込んでゆく。 投票数はたちまち逆転となったが、票を開けていくとその後も殆どが好雄側への票であった。
「ええと……投票の結果……、27対13でAのリフレとなりました」
「っ……しゃあっ!」
 最終的にダブルスコアで好雄のリフレが優勢となった。ガッツポーズを決めてどや顔で詩織の方を見やる好雄。対照的に詩織は屈辱にぶるぶると震えていた。
「そ、そんな……」
「結果は出たみたいだな、藤崎」
「えー、おほん。早乙女さん、それではうちのクラスの出し物はJKリフレに決定します。具体的な活動内容とか必要物の手配については改めてクラス会で決めることにしますね」
「おお、了解だぜ。まあ、言っちまえばやることは簡単さ。休憩所の延長みたいなもんだよ。教室の中で肩揉みサービスをしたり、クラス外に連れ出して他所の案内なんかをする。このくらいなら出来そうだろ? あと、希望する女子にはコスプレ衣装も貸し出すぜ。格安で衣装レンタルしてくれるところにコネがあるんだ」
「はいはーい、好雄くーん」
 教室の最後尾から、甲高い声と共に手が上がった。
 声の主は女子生徒であった。詩織とは対照的にだらしなく制服を着崩しており、スカートは太股を半分以上見せたミニ仕様で、胸元でゆるく結んだリボンの奥からは胸の谷間をチラチラと覗かせている。バストサイズは詩織とほぼ同じ大きさの85センチ。若さ溢れる女子高生ならではの性的魅力を惜しげなく振り撒くこの少女は、名前を朝日奈夕子という。好雄とは中学が同じで、腐れ縁と言ってもいい旧知の仲である。
 所謂ギャルで、成績は低空飛行で普段の生活態度も遅刻やサボりの常習犯(もっとも好雄も人の事をとやかく言えない生活態度である)だが、享楽的な性格が幸いして、こうしたイベント事では中心になって盛り上げ役を買って出てくれる。
 好雄の提案したJKリフレであるが、女子の中でも数少ない、当初から賛成に回っていたのがこの夕子であった。
「お、なんだ夕子。質問か?」
「自前のコスプレ衣装を持ってくるのって、アリかな? 丁度こないだハロウィン用に買ったコスプレ衣装があるのよ。使ってもいい?」
「おお、勿論だぜ。皆も自前のコスプレ衣装とか、よさげな提案があったらどしどし言ってきてくれよな」
「それじゃあ、早乙女くんは来週のクラス会までに具体的なやることリストを作ってきてください。それじゃ、今週のクラス会はこれで閉会とします」
 未緒の宣言と共に、この日のクラス会は解散となった。

      3

「よう好雄。お前すげーな。あの詩織相手に一歩も引かねえなんてよ」
「へへへ、藤崎にゾッコンのお前じゃああはいかなかったかもな」
「うえっ!?」
 放課後、下校途中。
 好雄の隣を歩いているのは、クラスメイトで悪友の高見公人である。高校生らしくお互い性欲だけは有り余っており、よく女の話で盛り上がるし、AVの貸し借りなんかもする仲である。
 公人と藤崎詩織とは幼馴染みで、言葉には出さないものの彼女にホの字なのがバレバレである。
「うっ……、おほん。それにしても、お前よく貸衣裳屋にコネなんて持ってるな。バイトでもしてんの?」
「ハ、ハハハ……。まぁそんなとこかな。実はJKリフレってのもそっからの提案でよ。うまくやれば宣伝がてら格安で衣装を貸してくれるって言うんでな……」
「へ、へぇ~。面白い事考えるもんだなあ。ま、うちのクラスって、結構美人揃いだもんな。意外と上手くいくかもな」
「意外とじゃねーよ。絶対性交……いや、成功させんだよ!」
「お、おう……」
(けっ……。上手くいくかもじゃ困るんだよ、かもじゃあよぉ……)
 能天気な事を言う公人に対し、好雄は内心のところかなり焦っていた。
 ここまでは順調。第一のハードルであるクラスの女子の合意を一応とはいえ取り付けた形である。だが勝負はここからだ。衣装貸し出しの手配もそうだが、準備から当日にかけてクラス全員の役割分担に始まり、内装、シフト、その他諸々文化祭でJKリフレを開店するための準備を進めなくてはならない。細かいところはともかく、重要な部分はどうしても人任せには出来ないのである。
 好雄にはこのJKリフレを絶対に成功に導かねばならない理由があった。
 その理由とは何か。
 すべての始まりは、半年前に遡る━━。

<< 前 欲望きらめき文化祭(1/-) 次 >>

コメント

タイトルとURLをコピーしました