lion
イラスト・小説 投稿サイト
today: 1229
total: 1403203
登録者数: 22
競馬スレ
http://pncr.jp/
競馬の予想や話題を書いてください。
名前
本文
認証コード
**
317 名前:ブルー 投稿日:2016-12-05 22:10:24 (月)
アウォーディーはいいとして、勝ったサウンドトゥルーの大野騎手が直線で前が開くかどうかは賭けだったとコメントしていたのがなんとも。地方ではペースが遅くなるのでサウンドトゥルーみたいな馬は厳しそう。中央だとペースが早くなるので買いかな。

今週は阪神JFです。
ここは狙いたい馬がいるので楽しみです。
問題は香港なんだよなあ。お金がないのに。
316 名前:常連の774さん 投稿日:2016-12-05 00:11:47 (月)
アウォーディーはソラ使いまくりだったらしいね、次に期待
今回は地方競馬の交流戦のノリで買うべきだったなぁ、いつも地方ではサウンド買ってるのに何故か中央では頭はないと思い込んでた、アスカはー10kで究極仕上げに見えた・・・
まぁ負けたけど大野が幸せそうなのでよし、デムーロが馬を壊さないで何より
あいつはホント嫌いだわ、ルパンもぶっ壊しやがって
315 名前:ブルー 投稿日:2016-12-04 16:45:04 (日)
チャンピオンズステークス G1 結果

1.サウンドトゥルー 1.50.1
2.アウォーディー
3.アスカノロマン

回顧:
 馬体重発表でプラスの馬が並ぶなか、1番人気のアウォーディーも+10と予想外の増加。結果、これが最後のひと伸びに影響したか。パドックでは落ち着いていてよく見えてました。
 中京競馬場には分厚い雲が広がっていたが、心配された雨が降ることはなく良馬場での開催。レースはとくに出遅れる馬もなく早い流れに。内のアウォーディーも好発を決めていたが道中で押していて嫌な雰囲気が。
 直線に向くと逃げていた馬たちが早々にバテてアウォーディーと内をついてきたアスカノロマンのたたき合いに。外から一頭だけ違う勢いでサウンドトゥルーが伸びて、並ぶ間もなく2頭を交わす。大野ジョッキーは嬉しいG1・2勝目となりました。
 さらに関東馬(美浦所属)の馬が中央ダートG1を勝ったのは、実に2002年のJCDのイーグルカフェ以来という(14年ぶり?)。データ派には厳しいレースとなりました。そういえばダートは栗東の馬ばかり勝っていた気がします。サウンドトゥルー自身も3着続きで頭で買うにはかなりの勇気が必要だった気がします。
 なお、去年のサウンドトゥルーは1.50.7で3着だったので0.6秒タイムを詰めたことになります。
 期待したノンコノユメは見せ場なく最後に伸びて6着に。1番人気のアウォーディーは力は示していたと思います。サウンドトゥルーは無印にしていたのでノーチャンスですが、アスカノロマンとのワイドなら買えていたかも……。
314 名前:ブルー 投稿日:2016-12-04 16:36:43 (日)
>>313
サウンドトゥルーの頭は難しいですよ。
アウォーディーは+10が最後に響いたきがします。
313 名前:常連の774さん 投稿日:2016-12-04 15:39:00 (日)
サウンドの頭がないいいいいいいいい
312 名前:ブルー 投稿日:2016-12-04 15:38:19 (日)
サウンドトゥルーかー。
買えなくはないけど、アタマで買うのは勇気がいるなあ。
311 名前:常連の774さん 投稿日:2016-12-04 15:06:50 (日)
アウォーディー、アポロから流します
310 名前:ブルー 投稿日:2016-12-04 13:28:49 (日)
チャンピオンステークス G1
中京 1800(ダート)

◎ノンコノユメ:去勢開けを叩いてムーア騎乗で一押し。
〇アウォーディー:ダート負け無し。流れに乗って好勝負必至。
▲ロワジャルダン:去年4着。追い込み決まれば一発ある。
△ゴールドドリーム:3歳馬の未知の魅力。
×モーニン:フェブラリーSの覇者。すんなり先行できれば。
×アポロケンタッキー:能力は認めるがジョッキーが若手で。
×アスカノロマン:中京で2勝。ASKA逮捕でサインあり。

見解:
もしかするとレース直前に雨が降り出すかも。かなり微妙な空模様。雨が降ると脚抜きのいい馬場になってモーニンがフェブラリーの再現をする可能性がある。
アウォーディーは7連勝が濃厚。唯一の気掛かりはこの2番枠。あと先行争いも激しくなりそうなので、Hペースに巻き込まれないか否か。逆にノンコノユメは流れが速くなって欲しい口。ムーア騎乗で勝ちに来ている。
3番手には去年このレースで4着だったロワジャルダン。浜中騎手が騎乗停止で横山典ジョッキーに変わったのがアレだが馬群を捌ければ2着に突っ込んでくるぐらいの力はある。
Mデムーロ騎乗のゴールドドリームは本当は買いたくない馬。ダート戦の3歳馬はまだパワー(遅筋)がつききっていなくて歴戦の古馬に混じると案外のことが多い。以下、フェベラリーSの覇者のモーニン・みやこSを勝ってここに望むアポロケンタッキー・中京が得意のアスカノロマン。とくにアスカノロマンはASKA逮捕でサインが出ています。

馬単:
9→2・4・5・12・14・15
309 名前:ブルー 投稿日:2016-11-27 20:28:00 (日)
レインボーラインは今回穴人気しすぎでした。
そのレインボーラインを物差しにすると、キタサンブラックとサトノダイヤモンドの力関係のヒントが見えた気がします。
来週はダートのG1戦、チャンピオンズC です。
アウォーディーが圧倒的人気になりそうな予感。
308 名前:常連の774さん 投稿日:2016-11-27 17:58:07 (日)
サウンズの複勝のみでした・・・
キタサン強いなぁ、武に乗り替わってから3着以内外したことないのね・・・
レインボー、シュバルとリアル、レインボーの福永馬券も外した・・・
きっちり乗り捨てた馬に勝つんだなぁw
307 名前:ブルー 投稿日:2016-11-27 17:51:40 (日)
ジャパンカップ G1 結果

1.キタサンブラック 2.25.8
2.サウンズオブアース
3.シュヴァルグラン

回顧:
1番枠のキタサンブラックが抜群のスタートを決める。
リアルスティールが予想通り前目へ。ゴールドアクターも内の3番手につける。
1000メートル通過が1分1秒7と荒れた馬場を考えてもスローペース。そのまま淡々と流れる。
インコースを避けて外目を通る。
直線を向いてリアルスティール・ゴールドアクターが並びかけようとするが、逆にキタサンブラックが突き放す。
残り200を過ぎてサウンズオブアースが脚を伸ばして、続いてシュヴァルグランが大外を追い込んでくる。
キタサンブラックは悠々と2馬身半の差をつけてゴール。
完勝でした。

馬券的にはかすりもせず。
データ的には勝ち馬のキタサンブラックは最右翼だったが、2着・3着ともに天皇賞秋以外の路線というのは初めてのこと。
結果としては勝つためには外を回る事となり、スタミナのある馬が上位を占めた形になった。
キタサンブラックは今年の天皇賞春の勝ち馬で、2着のサウンズオブアースは去年の有馬記念3着、シュヴァルグランは天皇賞春で追い込んで3着でした。
ゴールドアクターの敗因は仕上がりが緩かったこと。パドックでお腹周りに余裕があるように見えました。リアルスティールは完全にスタミナ不足。やはり2000までがベストだったようです。
3歳馬ではレインボーラインが6着に頑張ったものの、皐月賞馬のディーマジェスティが見せ場がないまま13着、秋華賞で1番人気に押されたビッシュがブービーとなるなど、春時点の最強世代かも? というマスコミの評価を大きく裏切る結果になりました。
有馬記念では世代最強と目される菊花賞馬・サトノダイヤモンドが出走予定だけに、今回完勝だったキタサンブラックとの直接対決が見ものです。勝った方が現役最強馬となるでしょう。

306 名前:ブルー 投稿日:2016-11-27 16:29:14 (日)
データで最右翼だったキタサンブラックが優勝。
キタサンブラックは強かった。
9Rでも逃げ馬が勝ったように逃げも問題なかったですね。
ゴールドアクターは+8という数字通り少し太かったです。
今日の感じだと有馬記念もキタサンブラックが勝ちそうかな。
リアルスティールはやはり距離が長かった。
パドックでは良く見えただけに買ってしまった・・・。
レインボーラインも頑張っていましたが、あのへんが限界かな。
今日はかすりもしませんでしたw
305 名前:常連の774さん 投稿日:2016-11-27 01:28:57 (日)
ダービーの印象が強いせいか何となく東京のこの距離苦手なのかなって思ったけど東京で2勝位してるんだよなぁ・・・。5頭ボックス辺りが無難かな?
とりあえずリアルゴールド馬券は買いたい
304 名前:ブルー 投稿日:2016-11-26 23:49:53 (土)
雨が降るようならサウンズオブアースもネオユニヴァースというだけで走りそう。
キタサンは皐月賞とか有馬記念を見た感じだと輸送は問題なさそうですよ。
関東馬かと勘違いしていた人も多いぐらいだし。
ただ今日のレースを見た感じは外のほうが伸びていたんですよね。みんな4コーナーで内を避けていました。
303 名前:常連の774さん 投稿日:2016-11-26 23:01:20 (土)
降るのは夜みたいですね、キタサン切ってゴールドアクターにしようかな
キタサンは輸送が気になるなぁ、明日は朝から仕事なんで前日買いしかできないんですよね・・・
ずっと買ってるトーセンバジルもGⅠでは買えないなぁ
ゴールドアクターは有馬取ってるのでここを狙ってる気がするんだよなぁ
ただ鞍上があんまり信用出来ないのが考えどころ
302 名前:ブルー 投稿日:2016-11-26 21:12:33 (土)
ほんとに降るのかな。
いまYahoo!の降水確率を見たら午後~で60%に下がってました。
301 名前:常連の774さん 投稿日:2016-11-26 20:31:56 (土)
雨ならレインボーライン買いたいな、レインボーアンバーの血が出るかもしれん
ルメールが内に入らない限り3着内には入りそう。福永の方が向いてるかなとは思うけど。軸はキタサン、リアルから
300 名前:ブルー 投稿日:2016-11-26 18:40:03 (土)
ジャパンカップ G1
東京 2400(芝)

◎ゴールドアクター:関東圏に限れば連勝中。当日イレ込まなければ安定性高い。
〇ルージュバック:天皇賞秋は蓋をされた。戸崎ジョッキーが土曜6勝の絶好調。
▲リアルスティール:距離微妙もムーアが怖い。強気で早め追走か。
△レインボーライン:菊花賞2着。ルメール鞍上で流れに乗れば。
×サウンズオブアース:去年と同ローテ。勝ち味遅いタイプも末脚は確か。
×トーセンバジル:条件戦連勝。勢いのあるハービンジャー産駒で東京得意。
×キタサンブラック:データ上最右翼。雨が降ればさらにパワーアップ。

 外国馬は基本的にいらないJC。極東の地で行われる国際G1は、すでに世界の強豪が参加しない辺境のG1となってしまいました。過去には凱旋門賞馬や英ダービー馬が参戦していたのが夢のようです。
 データ上、もっとも勝ちそうなのはキタサンブラック。唯一の減点は京都大賞典からの直行というだけで、それさえも過去に遡ればマーベラスクラウンやレガシーワールドなどがいる。むしろ問題は逃げ脚質か。東京コースは内が荒れてきているだけに評価を下げました。
 本命には昨年の有馬記念の勝ち馬であるゴールドアクター。こちらもオールカマーからの直行とデータ上は減点対象。ただし、関東圏でのレースは連勝中なので安定性は高そう。
 相手には天皇賞秋で7着に敗れたルージュバックを。戸崎ジョッキーが土曜に6勝と絶好調なのも心強い。天皇賞秋ではリアルスティールに蓋をされただけに逆転の余地は十分に残されている。
 そのリアルスティールはムーアを鞍上に配してきた。前走が休み明けで2着と好走しただけに信頼度は高そうだが、リアルスティール自身は2000以上での勝ち鞍がない。過去の日本の勝ち馬のうちで2000以上での勝利がなかった馬は皆無なので大きな減点材料となる。おそらくムーアは出していって前目で折り合いをつけるはず。そうなるとキタサンブラックにとってはめんどくさい相手かも。
 菊花賞2着のレインボーラインは個人的に相性がいい馬。
 以下、勝ち味は遅いがG1での好走歴のあるサウンズオブアース、ハービンジャー産駒のトーセンバジルなど。
 ハービンジャー産駒は、今開催の東京芝で
 9・4・4・0・5・15/31(勝率24.3%/連対率35.1%/複勝率45.9% 単勝回収率90円)
 と大活躍。
 同じ条件のディープインパクト産駒と比べて
 10・12・10・11・7・31/81(勝率12.3%/27.2%/39.5% 単勝回収率39円)
 と、2倍近い勝率を叩き出している。
 問題は当日の天気。予報では東京地方は午後からの降水確率が70%になっているが、いつぐらいからどの程度降り出すのかなど不明。雨で馬場が緩むようだとパワータイプのキタサンブラックは俄然有利となるが。あと当日のパドックでゴールドアクターがイレ込んでないか注意が必要。

馬単:
3・4→1・3・4・12・14・16
3連単:
3・4→3・4・14・16→3・4・12・14・16・1
299 名前:ブルー 投稿日:2016-11-20 21:05:02 (日)
結果論ですが一番確実性が高いイスラボニータの複勝で良かったかも。
まあ、ミッキーアイルが飛ぶと見ていた時点でへたくそでした。

来週はジャパンカップです。
人気はキタサンブラック・ゴールドアクターに、天皇賞秋で2着に入ったリアルスティールに集まりそうです。
個人的には相性のいいレインボーラインに注目しています。
298 名前:ブルー 投稿日:2016-11-20 20:45:00 (日)
マイルチャンピオンシップ G1 結果
1.ミッキーアイル 1.33.1
2.イスラボニータ
3.ネオリアリズム

回顧:
 パドックで、ヤングマンパワーが(-12)と輸送に失敗した様子。それ以外だとダコールとガリバルディが数字上も緩さが見えた。一番良く見えたのはサトノアラジン。
 レースは外枠のミッキーアイルが好スタートを決めるとすんなりハナへ。ロードクエストがやや出遅れ気味。半マイルが46.1と平均ペース。馬場を考えるとやや早いぐらい。最後の1ハロンが12.3となっているようにミッキーアイルはバテていた。早めに追走していたネオリアリズムが脱落したところに、好位につけていたイスラボニータが馬場のいいところを選んで伸びて、粘るミッキーアイルにアタマ差まで迫ったところがゴールでした。
 レース後、勝ったミッキーアイルの直線での走行に関して長い審議。着順通りに確定したが、内から伸びていたサトノアラジンがブレーキ、ディサイファが立ち上がるなど4~5頭に大きな迷惑をかけていた。
 以前のルールなら確実に降着になっていたケース。ただ現行のルールだとよっぽどのことがない限り失格にはならない。(一説にはマックイーンやブエナビスタのケースもいまのルールだとそのままになるとか)
 馬券も外れたこともありかなり後味の悪いレースになりました。
 今年一番のダメレース。浜中騎手は騎乗停止。ミッキーアイルの掲示板も荒れています。

 マジックタイムは調子は悪くなさそうに見えたのに後方2番手まで下げるという暴挙。どうやら調教師の指示らしいです。
 1番人気のサトノアラジンはパドックで絶好調に見えましたが、やはり死に番枠の2番が影響したらしく、一度も外に出せずに内を突くことに。いい伸びを見せていただけに、複勝やワイドを買っていた人は納得がいかないんじゃないでしょうか。
 イスラボニータはもう少し早めに動いていれば。ヤングマンパワーは最初に書いたようにパドックで元気がないように見えました。
since 2003 aoikobeya to 2014 pncr