イラスト・小説投稿サイト
登録者数: 33
today: 1313
total: 1721696
lion
作品閲覧
フライハイ
1
作:ブルー
create
2017/10/13
today
5
total
1581
good
1


 都内某所――。
 明青学園にある体育館の一角には、今日も新体操部の練習を覗こうとする男子達で人だかりが出来ていた。
 初夏を思わせる日よりで、授業が午前中で終わったこともありいつもより多い。
 専用の練習場に散らばる色とりどりのレオタード姿。その中の1人、白と青色のレオタードを着た女子生徒がリボンを片手にフロアに進むと、男子達がざわめいた。
「南ちゃんが練習をはじめるぞ」
 その声に少しでもいい場所を取ろうと押しのけ合う。
 ふわりとしたセミロングの髪とあどけなさの残った可憐な顔立ち。前髪が軽くかかった瞳は、おとなしそうな外見に反して意思の強さを感じさせる。他の新体操部員よりも手足が長くてスレンダーな体型。浅倉南は明青学園のマドンナ的女子生徒だ。ミス明青の投票でも3年連続で選ばれている。
 元々野球部のマネージャーをしていたが、1年生の時にピンチヒッターとして都大会に出場して以来、新体操界のニューヒロインとして大活躍している。人気芸能人を思わせる容姿で雑誌に取り上げられることも少なくない。
「今日も綺麗だな、南ちゃん」
 男子達が口々に感嘆を漏らす中、南は音楽に合わせて練習をはじめた。
 軽やかなステップで水面を跳ねるようにフロアでジャンプする。笑顔の南がリボンを使って弧を描くと男子達は魔法にかかったようにため息を漏らした。中には南のレオタード姿を写真に収めようとカメラを構える者もいた。

「お疲れさま、南」
 練習を一通り終えてスポーツタオルで汗を拭いていると、同じ新体操部員の清水文子が隣にやって来た。
 文子は南と同学年で、頭の後ろで髪を2つに短く束ねてソバカス顔をしている。標準的な体型をした文子が隣に並ぶと、シュッとした南の体型がさらに際立つ。
「今日もギャラリーがたくさんね」
「ほんと気が散るわ」
「まぁまぁ、それだけ南が人気がある証拠じゃない」
「まったく。文子ったら人ごとだと思って」
 そう言いながら、南はさりげなくレオタードの後ろを両手の指先で引っ張って食い込みを直した。
 チラリとギャラリーのほうを見る。
 男子達が「おおおっ!」と歓声を上げているのがわかった。
「あはは。南の食い込み写真すごい撮ってるわよ」
「やだなぁ」
「きっと南のレオタード姿を見て家でネタにしてるのよ」
「変なことを言わないで文子」
「とか言いつつ、悪い気はしてないんじゃない、南」
「はいはい」
「南は自分が可愛いことをよく知ってるしなぁ。それで男がいないなんて目の毒でしょ」
「南はまだ彼氏は早いし」
「でた、南のぶりっ子」
「もうっ」
「それより、南。この後ひま?」
「ひまと言えばひまだけど」
「帰りにマックに寄らない?」
「また?」
 南はあきれた様子で文子を見た。
「太るわよ、文子」
「ギクッ!」
「ギクッ! じゃないわよ、まったく」
「そりゃー、私なんか南みたいにスタイル良くないけどさ」
「文子もちゃんと練習しなさいよ」
「相変わらず厳しいわねえ」
 南はタオルで汗を拭きながらハイハイと聞き流した。
「あーあ。私も南みたいに可愛かったらモテるのになぁ」
「バカ言ってるとリボンで首を絞めるわよ」
「こわっ」
 文子は舌を出しておどけた。
 いつもそんなふうにしてふざけ合っている。南を新体操部にスカウトしたのも文子だ。
「そうだ。昨日、帰りにこんなのもらったんだけどさ」
「なに?」
 南は文子に渡されたポケットティッシュを見た。
 そこには【テレフォンクラブ 女性無料】の文字が書かれていた。
「……?」
「テレクラも知らないの、南」
「聞いたことはあるけど」
「エッチな男の人と出会えるらしいわよ。南も試してみたら?」
「南はいいわよ、そういうの」
「またまた。ほんとは興味あるくせに」
「ないわよ」
「ウソばっかり。こういうのは早いうちに経験しておいたほうがいいのよ」
「文子は少女マンガの読み過ぎよ」
「エッチってすごく気持ちいいらしいわよ。1回したら病みつきになるんだって」
「ほんとかなぁ」
「南もしてみればわかるわよ」
「うーん、でも、南は……」
「遠慮しないで持ってなさいよ。まだたくさんあるんだからさ」
「ちょっと、文子っ」
 半ば強引に譲られて、南はやれやれと言った様子でため息をついた。
「帰りにかけてみましょう。私が横でついててあげるからさ」
「なに言ってるのよ」
「どうせ暇なんでしょ、さっき言ってたじゃない」
「それとこれとは」
「最近練習ばっかりでしょ。たまには南もストレス発散したほうがいいわよ。それにスリルがあって楽しいし」
「文子はかけたことあるの?」
「私だけじゃなくて他のみんなもしてるわよ」
「学校にバレたら停学よ」
「黙ってればバレっこないわよ。とにかく決まりね! 危なそうならすぐ逃げればいいんだしさ」
「まいったなぁ」
 南はポリポリと頭を指でかいた。
「南に当たるラッキーな男の人ってどんな人かな? 楽しみ楽しみ」
 ほとほと困り果てた様子の南。かといって、まったく興味がないわけでもない。
 文子は南の背中を押しながら人ごとのように笑っていた。
作品の感想はこちらにおねがいします
1
© 2014 pncr このサイト上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。
since 2003 aoikobeya