lion
イラスト・小説 投稿サイト
today: 1147
total: 1296273
登録者数: 18
作品閲覧
http://pncr.jp/
アニメ、ゲームの小説
1
create
2017/06/30
作:
today
8
total
761
  • 1

「青垣学園の安達妙子、工藤、わたしの友だちの工藤千草」
「青垣学園、の工藤、千草」
アノニマスが洗脳した美少女をアノニマスがエロサイトで見た。
妙子も千草もマイクロビキニ姿で淫靡。
「安達妙子ちゃん、千草ちゃん」
「わたしも、千草、も処女だと思ったアノニマス。あいつのおちんちんから出る生臭いちんぽ汁出されたわたしと千草のおまんこに、生臭さ、のち、んぽ汁出し、て」
妙子の部屋、千草の部屋と書いてるエロサイトを見たアノニマス。
「ウェザリル、花園学園の女生徒助かった」
「ターニャの学園の女生徒の方も助かった、フリージア」
純天使の力でゆりたちの学園の女生徒を助けたフリージア、契約者の力でターニャとすおうの学園の女生徒を助けたウェザリル。女生徒を気絶させたフリージア、ウェザリル。
女生徒が。
「ターニャ?」
「私の、学園の女生徒の方も、だ。蘇芳」
抱しめ、る。
抱しめ、た。

「アンジュ。喫茶アンジュ、梶田ヶ谷、と、かの、よう、な田舎どう思った、だろ」
「アンジュリーゼお姉さま?」
「シルヴィ、ア。!?一克のファフナー、芹のファフナー、里、奈のファフナー美羽、の、ファフナー!?」
一克のファフナー、芹のファフナー、里奈のファフナー美羽のファフナー、を見た、シルヴィア、ナオミ、エロい姿のスーツで見る。

「竜宮島のコア。皆城織姫。エメリーも」
「ええ。竜宮島のコア。皆城織姫も節操もないあんたたちの」
梶田ヶ谷にいるアノニマス、織姫。

「織姫ちゃん。梶田ヶ谷という田舎なの?」
「ええ。のどかな田舎の梶田ヶ谷と、いうの。エメリー」
「!?」
「わたし、エメリーのような女の子もいるの」
「織姫ちゃん?なにその恰好!?」
織姫がマイクロビキニ姿で唖然としたエメリー。

「?」
小学生がセックスがなんてと唖然とした一克。アノニマスがいるという部屋にエメリーが。
「あ、おちんちん大きい」
マイクロビキニ姿でエメリーが一克のちんぽをなめた。

「織姫ちゃん。梶田ヶ谷」
「芹」
「織姫ちゃん!?なんなのその、恰好!?」
織姫がマイクロビキニ姿で唖然、と、した芹。
「わたしとエメリーのよ」
「わたしと、織姫ちゃ、ん、の」
「!?」
ファフナーに乗る、芹。

「織姫ちゃん!!」
「芹」
アルヴィスの服で乗る芹も、アノニマスに。
「一克」
「一克さん?」
「芹」
織姫がセックスさせようとした。
「一克さん」
「芹も」
芹がマイクロビキニ姿だった。
「一克さんの性欲処理させてください。ん、ん、んんんんんんんん!!」
「芹のように可愛い女の子がちんぽ」
「性欲処理してください」
「!!」
「小学生の女の子のエメリーちゃんに、ちんぽ汁出したようにちんぽ汁出してください」
「芹!!」
「ちんぽ汁!!出てる!1生臭いのにおいしいちんぽ汁が、大きいおちんちんからちんぽ汁出してください」
芹がエロかった。
「芹、出して」
「おまんこにおちんちん突っこんでくだ、さい!!おまんこで性欲処理してください!!あ!!ああ!!あ!!あ!!」
「生臭いちんぽ汁臭わせて、一克!!エメリー咲良」
「「ええ」」
織姫が芹が乗ったファフナーに乗って生臭さい、の、臭わせて性欲処理した一克と芹、を見てマイクロビキニ姿でエメリー咲良が一克のちんぽを、見た。
「中隊、長」
「性欲処理して、わたしたちのおまんこでも」
「!!」
「一克さん!!」
「芹!!」
「ああああああああああ!!ちんぽ汁が出てる!!えっちな姿の女の子のおまんこにちんぽ汁出してください!!」
「!!」
「!!」
芹がおまんこにちんぽを突っこんで一克が芹のおまんこに、ちんぽ汁出、した。

「マイクロビキニ姿、女の子におちんちんからチンポ汁出してください、一克さん」
「芹ちゃん」
「チンポ汁がマイクロビキニ、わたしもチンポ汁まみれ」
芹が一克のちんぽ飲まされてマイクロビキニも顔がどろどろだった。

「一克さんのおちんちんが、おまんこに突っこまれて、!!わたしとセックス!!」
「芹のおまんこもちんぽ汁でどろどろだ」
一克と、芹がセックス。

「ウェザリル?」
「?」
「アノニマスの洗脳だ、け、ど」
アノニマスに一克と、芹、と、織姫、エメリー、咲良が洗脳されたとインデペテンスに言われたターニャ、ウェザリル、フリージア。

「メアリーもマイクロビキニ姿で」
「ナオミ、お姉さまもシルヴィア、お姉さまもマイクロビキニ姿で」
一克たちのファフナーと戦闘の、メアリーもナオミもシルヴィア、もマイクロビキニ姿だった、アノニマスに洗脳されて。

「アーマーシュライク?」
祐司、アリシアが乗ったアーマーシュライクが、桜乃森学園にいるの、を、見た、桜乃森学園の生徒。
「若月?」
「友だちに言われた。桜乃森学園の生徒」
「なんで セカンドアースの人が」
「セカンドアースのわたしもアノニマスに狙、われた」
若月、を助けようとしてると祐司、アリシアが、桜乃森学園の生徒達、に言った。

「わたしも性欲処理させて。一克お兄ちゃんをマイクロビキニ姿で」
「わたしも一克の性欲処理させて」
人間の、世界にいるメアリー、ナオミも一克をマイクロビキニ姿、で性欲処理。
「わたしも」
「男の子をマニュアルで見た女の子、におちんちん舐めさせるの気持ちいいでしょう?生臭いのにおいしいちんぽ汁が出たおちんちん」
「生臭いのにちんぽ汁がおいしい」
男をマニュアルで見た女の、子のメアリー、ナオミ、シルヴィアもマイクロビキニ姿で一克の、ちんぽ汁飲んだ。

桜乃森、学園にい、るラインバレルに乗った早瀬友一、ペインキラーに乗った九条美海、トロスファームのリノン。
「美海、と、リノンを洗、脳」
「!!」
桜乃森、学園の生徒たちの光でリノンが吹き飛んでった。
「リノン!!」
「!!」
桜乃森、学園の、生徒達に、エグゼキューターを放った、友一
「!!」
レールガン、を、放っ、た、美海。
「友一!!」
「リノ、ン、美海」
アーマーシュライクの、ミサイルランチャーに吹き飛ばされてた桜、乃森学園の、生徒達、祐司、アリシアのアーマーシュライクの、放った、ミサイルランチャー。

「エッチなスーツの姿でロボットで、戦、闘の女の子てどう思う」
エッチなスーツの姿の芹、里奈、美羽、ナオミ、メアリー、シルヴィアが、ファフナー、グレイブに乗ってその膨らんでたの肌蹴て、おまんこを見せてた。
「なんていうかっこうなんだ」
一克が言う。
「D」
コアロボに乗ってる一樹
Dと美月の、方もエッチなスーツの姿でコアロボ、に乗ってその膨らんでたの肌蹴ておまんこを見せてた。
「エッチなスーツのDの姿、を見て、た、ら我慢が」
「一樹のおちんちん、んっんんっ、おいしいよ」
「!!」
「っんっんん、ちんぽ汁がわたしの、口に生臭いちんぽ汁飲ませてください、ん、っん、んっ」
一樹のちんぽ汁で、Dのエロいスーツが、どろどろだった。
「大、きくて一樹のおちんちんが気持ちいい」
「!!」
「ああああああああああん!!出てる、!!ち、んぽ汁、がおまんこに!!おまんこがちんぽ汁でどろどろ」
Dのおまんこに、一樹がちんぽ汁、出、し、た。
「ちんぽ汁、だったら飲ませて、一樹、っんっんん」
「口とスーツとおまんこがどろどろ、生臭いチンポ汁で」
「美女のわたしとDがエッチなスーツの姿でちんぽ汁飲んでるなんてエッチで、しょ、う?」
美月のエロいスーツも一樹のちんぽ汁でどろどろだった。

「?何、をしてたの?わたし。エデルリッゾ、レムルたちと」
「レムリナ」
「レムル?何をしてるんですか?おちんちん出して」
ヴァースの王女、レムリナに皇女がレムルの性欲処理すると洗脳をアノニマスにされた。

「「マリナ様」」
「気持ちいいでしょう?アザディスタンの王女だったのにエンブリヲに洗脳されたエッチな皇女のおまんこに突っこんで。でも、
、だけど、どうでもいいのそれでもいいの、シン男の子のおちんちんおまんこに突っこまれたら」
「あの男」
「アノニマス」
「レムリナ皇女も。ヴァースの王女もなにか洗脳されてた。みんな、女のおまんこにおちんちん突っこみたくてどうしようもないようね」
「マリナ様」
「アザディスタンの王女と言われてた皇女と、女にセックスしていいの」
「「!!」」
「エンブリヲに洗脳されたエッチな女のおまんこにおちんちん突っこまれたの、シンのおちんちん、いいの、エンブリヲに洗脳されて、なんて、女、エッチな女、!!ああああああああああ!!シンのちんぽ汁、おまんこに出てる!!男の子のちんぽ汁いいの!!」
エンブリヲに洗脳されたマリナに呆然のシン、シルヴィア、アノニマスがレムリナを洗脳したと言うシルヴィアアザディスタンの王女としての品がかなぐり捨てられてただの女の淫乱さを見た、マリナ。

「桜乃森、学園か」
桜乃森学、園に、アーマーシュライクに乗ってってるマリーン。
「!?っ!!」
「マリーン!?」
「アノニマス!!っ!?」
「マリーン?なに?何だったの?」
「!?ああああああああああ!!」
「アノニマス!?」
「!!なんだ!?」
「マリーン」
「?咲良?」
マリーンのアーマーシュライクの放ったミサイルランチャー、咲良の乗った士魂号の放ったミサイルランチャーに吹き飛ばされたアノニマス咲良の士魂号が、桜乃森学園の女、を助けた

「アノニマスがなに思ったのかわかった?」
「ああ客」
アノニマスの方を盗聴したエイジ、リィルの方にスピリッツの美沙子が。
「誰」
「何」
「スピリッツ」
「「スピリッツ?」」
「スピリッツの女の子を助けて」

「ああ」
「美沙子」
「美沙子ちゃん、スピリッツのデヴァダシーでなんで女生徒を助けない?」
「女の子たちがエンブリヲと、いう、男に洗脳されてたのアノニマスにも洗脳されてた。デヴァダシーに乗れなかった。エイジ君、リィルさんグラヴィオンで助け、て」
「インデペテンス、が」
「助けて」
「インデペテンスか。エンブリ、ヲ。スピリッツがデヴァダシーに乗るのならな」
「受ける?」
「受ける」
「?」
「!!」
スピリッ、ツ女生徒を助けようとしたエイジ、リィル美沙子美沙子を光でアノニマスが吹き飛ばそうとした方を見るリィル、美沙子、が、吹き飛ばされた

「スピリ、ッツの女生徒が」
「思わせ、たアノニマス、に洗脳されてた。美沙子ちゃんにな」
「?エイ、ジ!!」
「リィル?アノニマス!!」
「!!」
「「エイジ、リィル」」
「安納ケ、イ、アマラ」
アノニ、マ、スが安納ケイ、アマラが乗るデヴァダシー、エイジ、リィルのグラヴィオン、テオーリアが乗るウルガルの兵器の光で吹き飛ばされた。

「ゼーガペイン、出るぜ」
「出る」
アノニマスにスピリッツの女生徒が洗脳されてゼーガペインに乗って助けようとしたキョウ、イエル。

「リィル」
「エイジさんのおちんちんから、わたしのおまんこにちんぽ汁が出て。わたしのおまんこに気持ちいいエイジさんのちんぽ汁出して」
「」
「洗脳されてなくてもわたしで性欲処理してくださいね、!!ああああああああああ!!」

「全裸だったレムリナを見てたらちんぽが」
「大きかったのですか。性欲処理したくて我慢ならないおちんちんを皇女のわたしの口に突っこんで性欲処理してください」
「レムリナ!!」
「レムルのおちんちん、ちんかすの臭いがする、生臭い、おいしい」
「!!」
「ちんかすの臭いしてる生臭いおちんちんから、出てる、生臭いおいしいちんぽ汁が口に出てる」

「祐司」
「アリシア」
「祐司!!アノニマスのよ、うにならないように欲望たまらないようにわたしで性欲処理して」
「欲望」
「祐司のちんぽ汁、が。生、臭い。んん、んっん、っん、ちんぽ、から出たちんぽ汁の生臭さたまらないよ」
祐司のちんぽ汁飲んだ、アリシア

「アノニマス殺し、て!!あいつが生きてたわけ、を示してやる11」
「あの、女、を助けられなかったのに殺してやる?」
「殺し、て!1」
「!!」
アノニマス、浩介の放った光。
「!!」
「浩介君!!」
光で浩介、綾が吹き飛ばされた。
「浩介!!」
士魂号に乗った吉原が。
「吉原、笑えるだろ?あいつを助けられなかっ、たあいつが生きて、たわけを示せなかった僕が」
「わかったわかった」
「そろいもそろって殺されたいのか?士魂号に、乗ると言う吉原」
「これが、欲望」
「!!」
「あいつが生きてたわけを示させるんだ、自分と希望」
「!?これが士魂号とPBE!!」
吉原の士魂号の放ったミサイルランチャーと、希望のPBEに吹き飛ばされたアノニマス。

「里奈ちゃんも美羽ちゃんもだ」
「美羽ちゃん」
「里奈ちゃん」
「一克さんのち、んぽ汁が、お、い、しい、わ、美、羽」
「里奈、と小学生、の美、羽ちゃん」
里奈、美羽、もマイクロビキニ姿、で、一、克、の、性欲処理した。
「生臭いの出て!1」
「エメリーが言う一克お兄ちゃん、のちんぽ汁がお、いしい!!」
里奈、美羽、も、一克の、ち、ん、ぽ汁飲んだ。

「希望ちゃん」
「ナオミ、ちゃん?」
ナオミに言われてナオミを見た希望。
「なに考えてたの?」
「民宿」
「民宿?」
「民宿見てたんだ」

作品の感想はこちらにおねがいします
since 2003 aoikobeya to 2014 pncr