lion
イラスト・小説投稿サイト
today: 2715
total: 1564591
登録者数: 31
作品閲覧
since 2003 aoikobeya
http://pncr.jp/
ボルスター
7
作:ブルー
create
2015/04/17
today
4
total
2719
good
0

「コンパニオン??」
 その話を詩織から電話で聞いたのは木曜の夜だった。
「もう、驚きすぎよ」
「なんでまた。いつだよ」
「今週の土曜よ」
「土曜って明後日? 急すぎだろ」
「お父さんの取引先の人に頼まれたのよ」
 詩織の父親は一流企業に勤めている。大手の商社とも色々取引をしているのは以前から聞いていた。
「きらめきオートサロンか」
「知っているの?」
「名前は聞いたことあるよ。きらめき国際展示場だろ」
「そう、そこ」
「日本最大のコンベンションホールだぜ。知らないのか?」
「ふ~ん、そうなんだ」
「余裕だなあ」
「べつに私がなにか発表するわけじゃないのよ」
「そうなんだけどさ」
「うふふっ」
「俺も見に行っていいか? その日は暇だし」
「ええ。公人に見られてもいいように頑張るわね」

 当日、電車を乗り継いで会場に到着した。
 右を見ても左を見ても人人人の大混雑だった。
 俺はさっそく詩織がコンパニオンをしているブースを探して歩いた。
「なんか好雄みたいな奴がたくさんいるな」
 人混みが通路まであふれているブースを見つけた。
 いわゆるカメラ小僧がステージを取り囲んで、その外周を見物客が埋め尽くしている。
 ステージ上には、真っ赤なバイクと並んでフラッシュを浴びている詩織がいた。
 いつもはストレートの髪をわずかにウェーブさせ、胸元にメーカーのロゴがデザインされたトップスと横にスリットの入った超タイトミニ、ロングブーツを履いていた。いずれもエナメル生地で光沢があり、詩織のプロポーションを際立たせている。露出度の高さも他社のコンパニオンに負けてなかった。
「すいませーーん、こっちに目線くださーい」
 カメラ小僧の呼びかけで詩織が白いグローブの手を振る。にっこりとカメラにスマイルしていた。
(堂々としちゃってさ。すっかりコンパニオンしてるな)
 詩織は俺がいることにまったく気づいていない様子で次々とポージングをしていた。
 片手を腰に当てたポーズや、サーキットパラソルを差したポーズ、バイクに寄りかかったポーズをした。
 まるでコンパニオンかレースクイーンをしたことがあるみたいな身のこなしだ。
 気になったのは最前列のカメラ小僧たちがこぞって詩織のタイトミニの内側を狙っていたことだ。ステージは一段高くなっているので自然と覗き込む角度で撮影される。
 遠目にチラチラと白い三角形が見えていた。
(あれは水着なのか? まるで下着みたいだな)
 水着だとしても大差はないはずだ。
 詩織がステージ上のバイクに跨がると、「おおおお」という歓声と共に一斉にフラッシュが焚かれた。
 タイトミニがめくれて、色白い太ももとインナーの水着がもろに見えた。
「今年はコンパニオンのレベルが高いな」
「若くて清純そうで、この子がピカイチだよ」
 俺のすぐ前の見物客がそう話しているのが聞こえた。
 観客のリクエストでバイクに跨がっていた詩織はハンドルを握り、アクセルを吹かすようにしてカメラ目線をしていた。
 詩織にしてはめずらしく、どこかうっとりとして恍惚とした表情だ。
 詩織を乗せたバイクを展示した台がゆっくりと回転をはじめた。まるで集まったカメラ小僧達に絶好のシャッターチャンスを与えるためのようなサービスタイムだ。正面からは送風機で風が送られて、まるでバイクが疾走しているみたいに赤い髪がなびいている。
(いくら頼まれたからって頑張りすぎだろ)
 バイクに跨がった詩織は全方位から撮影されている。
 窮屈そうな胸元やタイトスカートから伸びたピチピチの太もも。これではバイクが主役なんだか詩織が主役なんだかわからない。
 俺は詩織のことがすごく心配になった。

 その後、インターバルを挟んでコンパニオンによるダンスショーが行われた。
 ステージに一列に並んだコンパニオン達の中で詩織がセンターを務めていた。
 スポットライトが激しく点滅してスピーカーからはガンガンにダンスナンバーが流れる。それにあわせてステージ上の詩織は他のコンパニオン達と同じように体をくねらせてダンスしていた。髪を振り乱し、パンチラを惜しげもなく披露している。時折、はにかんだ笑顔で最前列のカメラ小僧にウィンクしていた。
(すごくセクシーなダンスだな。詩織のやつ、いつの間に練習したんだ)
 観客席からは「セックス・オン・ザ・ビーチ」の大合唱がはじまりブースは大盛り上がりだ。詩織もその熱気に煽れたように額にうっすらと汗がにじんでいた。
 ショーが終わると詩織は急に恥ずかしくなったみたいに足早にステージ裏に引き上げていった。
 俺は学校での優等生ぶりとは打って変わった詩織のプロポーションを見せつけるようなダンスが目に焼き付いて離れなかった。
 詩織に声をかけようとステージ裏手にある関係者以外立ち入り禁止の場所に向かった。

「あった。ここだ」
 メーカー名の張り紙がされた部屋を見つけた。
 ドアをノックしようとすると中から話し声が聞こえた。
「や、やめてください……」
 詩織の声だ。なにか嫌がっているように聞こえた。
 俺はそーっと中を覗いた。
「さっきのショーすごく良かったよ」
「だめっ」
「ほらほら、ダンスでまだ体がほてってるんだろ。私が冷ましてあげよう」
 部屋では、化粧台側に追い詰められた詩織がトップスをずらされて、スーツ姿の男に胸を揉まれている姿があった。
(詩織、襲われてるのか??)
 スーツ姿の男は身なりからして、おそらく詩織がコンパニオンを務めたメーカーの重役だろう。
 詩織は必死にトップスを下げて胸を守ろうとしていた。部屋には他のコンパニオンは1人もいなかった。
「高校生なのにおっぱいが重たくてでかいな。おかげでイベントも大成功だ」
「いや、もう触らないでくださいっ」
「あんまり大きな声を出してると外に聞こえるよ」
「うう、そんな……はなして」
「ハアハア、私が昔から目をつけていただけある」
 男は詩織の胸に吸い付いた。好雄がくれた写真で見た、ピンク色の可憐な乳首だ。チューチューと音を立てて吸う。
 詩織はしきりに首を振ってイヤイヤをした。男の頭を掴んで引きはがそうと試みる。
「すごく甘い味がする」
「ああっ……」
「感度もいいね。後で特別にボーナスを出してあげるよ」
「……私っ……そんなのいりませんっ……」
「おとなしくしてないとお父さんがクビになるよ。頭のいい子ならわかるよね?」
「そんな……手伝うだけって約束だったのに」
「ハアハア、役員とエッチするのもコンパニオンの仕事だよ」
「あっ、はぁ……」
「ほら、可愛いお顔がエッチになってきた。下はどうかな」
 重役の男は詩織が抵抗しないのを見て、逆側の乳首をしゃぶりながら片手をタイトミニの中に下げた。
 モゾモゾと股間を触っている。
「すごく熱いね、ここが」
「う、うそです」
「ハアハア、この後ホテルに行こうか。おじさんが色々教えてあげるよ」
「やぁ……たすけてぇ……」
(すぐに助けないと。けど、相手は詩織のお父さんの大事な取引先だし)
 考えた俺はスタッフの振りをしてドアをノックすることにした。
「そろそろ次のステージです。準備おねがいしまーす」
 部屋の中がシーンとした。
 もう一度ノックをしようとするとドアが開いて重役の男が出てきた。
 俺の顔をにらんでわざと肩をぶつけてどっかに行った。
作品の感想はこちらにおねがいします
0
© 2014 pncr このサイト上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。