lion
イラスト・小説 投稿サイト
today: 2620
total: 1417880
登録者数: 23
作品閲覧
http://pncr.jp/
ボルスター
6
create
2015/04/10
作:ブルー
today
5
total
2427

 体育の授業中――。
 水飲み場に行くと、体育倉庫の裏から「こっちこっち」と好雄の声がした。
「なにしてるんだよ、そんなところで」
「しーー!! いいから来てみろよ。面白いのが見れるぜ」
「面白い物?」
 不思議に思いながら近づいてみると壁に10円玉ぐらいの丸い穴が開いていた。
 俺は軽い気持ちで覗いた。
(誰かいるのか――)
 薄暗い倉庫内、体操着の男子が2人に女子が1人いた。
 女の子は跳び箱に両手を着いてブルマと下着を膝まで下ろし、その背後に立った男子が一定のリズムで腰をぶつけていた。ビタン、ビタンと柔らかい音が響いている。もう1人の男子はそれを眺めるように走り高跳び用のマットにあぐらをかいて座ってタバコを吸っていた。
(すごいな、授業中なのに)
 目がだんだんと暗闇に慣れてきた。
 不良のワル山とゲス沼だ。ダブリでたまに登校してきても一番後ろの席でマンガ雑誌を読んでいる。
 それよりも女の子が誰なのか気掛かりだった。ちょうどサッカーボールの入った籠が邪魔で顔が見えなかった。
(この時間に体育を受けてるってことは3年か?? まさか詩織じゃ)
 最悪の予想が頭をよぎった。正義感の強い性格だけに詩織は不良に目をつけられやすい存在といえる。廊下で通りかかった詩織を冷やかしていた場面に遭遇したことがある。
「あんっ! あんっ!」
「へへへっ、イイ声イイ声」
「ダメェ、体がしびれるぅ」
 声まで詩織に似ている気がしてきた。
(昼の学校で……詩織がまさか不良たちに……)
 ワル山とゲス沼の2人が詩織の口を塞いで体育倉庫に連れ去る姿が浮かんでめまいがした。
「はぁはぁ……」
「オラ、ちっとは自分でケツを振れよ」
「ンン、いたいっ」
 腰を突きまくっていたワル山が女子の右腕を掴んで後ろに引っ張った。細い上半身が弓なりになり、斜めに差し込む明かりに照らされて顔が見えた。
 ぱっちりとした瞳とさらさらの青いショートヘアをした、ボーイッシュな横顔――。
(虹野さん!?!?)
 とっさに声が出そうになった。
 腰をねじるように半身を捩った虹野さんは、澄んだ瞳をうっすら濡らし、さっきよりも甘い口調で「あんっ! あんっ!」と喘ぎを漏らした。ワル山の命令通りに華奢な腰をクネクネと動かしている。
「なっ? スクープだろ?」と好雄がいった。
「無理矢理されてるようには見えないような」
「コマシに捨てられてかなりふさぎ込んでいたからな。そのせいじゃないのか」
「だからってワル山たちと……」
「もっと良く覗ける場所はないか」
 好雄は他に覗ける場所がないか探していた。
「ワル山とゲス沼って、ヤリチンとよくつるんでたよな。1人だけ卒業したけどさ」
「そうだな」と俺は返事をした。
「人気のある女子は不良に狙われる運命か。あー、俺も虹野さんとエッチできたらなぁ」
 好雄は本心から羨ましそうにつぶやいた。
 倉庫内では、ワル山が一旦腰を引いて根元まで一気に叩き込む。ショートヘアの前髪が揺れ、虹野さんが顔をしかめた。なだらかに伸ばした背中が小刻みに震えていた。
「沙希の虹マンがすげぇ絡む」
「ああん、んんっ」
「へへへ、いつもみたくヨガれよ」
「はっ、ひぃ、感じるぅ、先輩っ! 奥にひびく」
「沙希は素直だな。ヌルヌルマンコのオナホールだぜ」
「ああん」
「サッカー部の奴らに見せてやりたいな」
「ハアハア、先輩っ」
「俺がよしって言うまでイクなよ」
「は、はい……はぁ」
 ワル山が腰を突き刺したままグリグリさせると、虹野さんがのけ反った。体操シャツのめくれて乳首が充血していた。
「広がっちゃうっ、ンンンーーー」
「ケツの穴までヒクヒクさせてよ、奥が痺れるだろ」
「ああ、はぁ、はぁ」
「乳首もつねってやるぜ」
「はあ、はあ、ああン」
「へっへ、ほんと感度がいいな、沙希は」
「いや、やぁ、ちがうの、はぁん」
「サッカー部のマネージャーが乳首もマンコも開発されてやがる」
 虹野さんが瞳に大粒の涙を浮かべながらイヤイヤと首を振っていた。
 横で眺めていたゲス沼がタバコの煙を吐いた。

「ねぇ、なにか見えるの?」
「うわああっ! し、詩織っ!?」
 いきなり詩織がすぐ後ろに立っていて驚いた。
 体操着姿で両腕を後ろにして、クラス委員が悪戯の場面を見つけたみたいな顔をしていた。
「な、なんでもないよ」
「なんでもないのに慌てるの?」
 詩織はキョトンとした。
「植え込みで大きいカマキリを見つけてさ。そうだよな、好雄」
「好雄くん?」
 さっきまでいた場所から好雄の姿が消えていた。
「あの野郎」
「ふ~ん、やっぱりなにかあるみたい」
「さあ、なんのことだ」
「公人の後ろにある穴よ」
「気のせいだろ」
「公人が必死に覗いてたのを後ろで見てたのよ?」
「なんもないって、マジで」
「あやしぃ」
「あやしくないあやしくない」
「そこをどいてもらえる?」
「死んでも断る。明日地球が滅んでも嫌だ」
「なに子供みたいなことをいってるのよ。先生に言いつけるわよ」
「あっ、あそこにビッグフットが」
「もぉ! いいかげんにしなさい」
「詩織っ、他のみんなに気づかれるだろ」
 詩織は力づくで俺を押しのけようとしてきた。
 俺はとっさにかわして押し返そうとした。
 そのとき勢い余って右手で詩織の胸の部分を触った。
「きゃっ……!!」
「おおお、すごい弾力が」
「しゃべりながら手を動かさないで」
「ご、ごめん。わざとじゃ……あれ?? もしかして詩織ノーブラなのか」
 体操着越しに伝わるダイレクトな感触。どさくさでモミモミと揉んだ。
「あ、あん」
「やっぱりブラの感触がない」
「きょ、今日はたまたまよ」
「今日は?」
「ほら、すごい暑いでしょ。汗でかぶれないように」
「あー、ブラの線がか。女子は大変だな」
 妙に納得してしまった。
「ちょっといつまで触ってるの」
 俺は名残惜しい気持ち一杯で詩織の胸から手を放した。
 手の平にはまだおっぱいの温もりが残っている。
(詩織のおっぱい、大きくて柔らかかったな)
 すごい怒られるかと思ったけど詩織はそんなツンツンしてなかった。
 右手の指先を耳元に当てて、照れくさそうにはにかんでいた。
「あなたに触られちゃった、うふふ」
「詩織の胸ってほんと鏡さんと同じくらい大きいんだな」
「みんなには内緒よ。噂されると恥ずかしいし。とくに好雄くんはうるさいから」
「わかってるよ」
「良かった」
「またチャンスがあったら触らせてほしいな」
「バカ」
 詩織がふふと微笑んだ。
 ふと視線を胸から下げる。普通ブルマにはパンティーラインが浮いて見えるがそれがない気がした。
「ねえ、どこを見てるのよ」
「いや、詩織のブルマがエロイなって」
「ちょっとやめてよ」
「なんだよ、プールで水着姿を見たばっかじゃんか」
「それとは話がべつよ」
 詩織は恥ずかしがるように背中を向けて両手でお尻を隠した。
 その仕草がまたとてもチャーミングだ。
(詩織がノーパンなわけないよな。でも、すごい色っぽいな)
 思わずまじまじと眺めてしまった。」
「目がエッチよ」
「そう言われても、つい」
「っもうしかたないわね」
「ほんとピチピチだ」
「えっ?」
「なんでもない。ひとり言」
「そう。それじゃ、私は戻るわね。あなたもこんなところでサボってないで早く戻らないとダメよ」
 いつもの完璧な詩織に戻っていた。
「お、おう……」
 詩織は「うーん」と両腕を伸ばしながらグラウンドに戻っていた。
「そういえば詩織のやつ、なにしに体育倉庫に来たんだ??」
 詩織が居なくなった後でそんな疑問がふと浮かんだ。
作品の感想はこちらにおねがいします
since 2003 aoikobeya to 2014 pncr