lion
イラスト・小説投稿サイト
today: 1134
total: 1553582
登録者数: 30
作品閲覧
since 2003 aoikobeya
http://pncr.jp/
ボルスター
3
作:ブルー
create
2015/02/28
today
3
total
2284
good
0

 学校の校庭には伝説の樹と呼ばれる大木がある。卒業式の日に女の子から告白して生まれたカップルは永遠に幸せになれるという伝説で、とくにロマンティストの詩織は本気で信じている。告白する相手をすでに決めているような態度だった。往々にして女子の多くがそうであるように、詩織も多分に漏れず思わせぶりだ。

 夜に詩織に電話した。
 月が出ていて風が涼しかった。
「もしもし、俺だけど」
「公人くん?」
「ちょっといいか」
「ごめんなさい。いまお風呂から上がったばかりなの」
 窓を挟んだカーテンには詩織の影が浮かんでいた。携帯を片手にタオルを使って髪を乾かしているみたいだった。
「数学の課題なんだけどさ、やった?」
「それならすんでるわよ」
「たすかったー」
「もしかしてまだなの?」
「うっかり忘れててさ」
「あきれた。またゲームをしてたんでしょ。自業自得ね」
「そういうなよ。幼なじみが赤点取ってもいいのか」
「私のノートを見せてあなたのためになるのかしら」
「そこをなんとかさ。詩織が欲しがってたクラシックのCDをプレゼントするからさ」
「しょうがないわね。ちょっと待って」
 カーテンが開いて詩織が姿をあらわした。体にバスタオルを巻いて、赤い髪がまだしっとりと濡れていた。トレードマークのヘアバンドをしていなかった。まとまった前髪が卵みたいな額にかかっていた。
 バスタオル姿にドギマギしている俺をよそに、詩織は窓から身を乗り出してノートを渡してくれた。お風呂上がりのいい匂いがした。
「なに見てるのよ、エッチ」
「ご、ごめん。びっくりしてさ」
「はぁ、前日にならないとやる気が起きないのは変わらないのね」
「ほんと詩織が幼なじみで感謝してる」
「受験生なんだし、自覚しないとダメよ」
「わかってるって」
「なんだか心配だなぁ」
「ところでさー」
「なぁに?」
「槍地先輩と親しいのか?」
「え……」
 めずらしく詩織が言葉に詰まった。視線が一瞬横に動いた気がした。
「べつに……ふつうよ」
「普通?」
「ただの先輩と後輩よ」
「そっか」
「もしかして心配した?」
「当たり前だろ、幼なじみなんだし」
「ふ~ん、それだけ?」
「なんだよ」
「私が先輩と付き合ってるって思ったのかなーって」
「そ、そんなわけないだろ」
「残念でした、先輩とはたまにドライブに行ってるだけよ、うふふ」
「マジで?」
「私が卒業するまで誰とも付き合う気がないの知ってるでしょ?」
「チェッ、心配して損したぜ。よくよく考えたら詩織みたいな理想の高いタイプが簡単に男なんかできるわけないよな」
「あー、そんなこというなら先輩の彼女になっちゃおーかなー、なーんて」
「おどかすなよ。マジで先輩だけはやめといたほうがいいぜ。詩織は信じないかもしれないけど、かなり悪い噂もあるみたいだし」
「私、そんな子供じゃないんだけどなぁ」
 詩織は窓枠に寄りかかるようにして、バスタオルの裾から伸びた脚をチラリと見せた。
 俺の視線は、あられもない詩織の胸元と色白い太ももに釘付けだった。お風呂上がりのせいかいつもより色っぽく見えた。
「ねえ、ひさしぶりね。こんなふうに窓越しに話すの」
「そうかもな」
「風が気持ちいい」
「あんまり当たってると湯冷めするぜ」
「そうしたらあなたに看病してもらおうかしら」
「いいぜ、詩織が寝汗をかいたらタオルで拭いてやるよ」
「あー、またエッチなことを考えた」
「ち、ちがうよ」
「うふふ、ほんとうかしら?」
「そういえばさ」
「なぁに?」
「好雄が撮らせてくれってさ、詩織のヌード」
「えっ!?」
 詩織はびっくりした様子で、開いた片手で口もとを押さえていた。
 バスタオルがずり落ちるんじゃないかって俺はそっちのほうが気になった。
 俺は笑い飛ばしたけど詩織はそうじゃなかった。
「バカだろ、アイツ」
「公人くんは私が裸を好雄くんに見られても平気なの?」
「そういう意味じゃなくてさ」
「じゃあ、どういう意味なの?」
「ギャグだろ、ギャグ」
「いいわよ、もうっ!」
「おい、詩織」
「好雄くんに私がヌードモデルになるって伝えればいいんだわ」
「なに逆ギレしてるんだよ」
「べつに逆ギレなんてしてないわよ」
「してるじゃん、その顔は」
「してないわよ!!」
「マジわけわかんね」
「知らないっ、公人くんのバカ!!」
 最後はとくに大きな声で家の前の道路まで響いていた。
 詩織はカンカンで、ものすごい勢いでカーテンを閉めた。
作品の感想はこちらにおねがいします
0
© 2014 pncr このサイト上にある画像・文章の複製・転載はご遠慮ください。