lion
イラスト・小説 投稿サイト
today: 2603
total: 1417863
登録者数: 23
作品閲覧
http://pncr.jp/
ボルスター
2
create
2015/02/26
作:ブルー
today
6
total
2134

 虹野さんは青いショートヘアがよく似合う、明るくてとても元気な女の子だ。
 サッカー部のマネージャーをしていた。していたというのは今は辞めてしまったからだ。
 頑張っている生徒を応援するのが大好きで、マラソン大会などでは「高見くん! 根性よ!!」と誰よりも大きな声で応援してくれた。料理が得意で家庭的で、彼女にしたい女子生徒として詩織のつぎに虹野さんの名前を挙げる男子も多かった。
 それだけに虹野さんが処女を失ったというニュースは衝撃を持って伝わった。
 相手はサッカー部のキャプテンだった小増先輩だ。
 虹野さんが先輩とデートしているという噂は好雄を通じて俺の耳にも入っていた。キャプテンとマネージャーという関係上顔をつきあわせる回数は多いはずだし、そこそこ親しくなったとして不思議ではない。
 そのうち2人が付き合うことになったと聞いても、俺は虹野さんが簡単に体を許すはずがないと思っていた。せいぜいキスどまりだろうと。
 しかし、サッカー部が地区大会で優勝した日の夜、虹野さんは先輩に処女を捧げてしまった。これまで先輩と付き合った女子がそうだったように先輩の部屋で。
 なぜそこまで詳しいかというと小増先輩がサッカーボールを蹴るよりも狙った女子の股間にバナナシュートを決めるのが得意なゲス野郎で、こうこうどうやってきらめき高校ナンバー2の虹野さんを攻略したか吹聴してまわったからだ。
(虹野さんの性格を考えれば先輩の頑張りに応えたいと思ったか、それともよっぽど全国大会に進めたことが嬉しかったのだろう)
 自ら股を開いてコマシ先輩の生チンポを笑顔で受け入れた、と証拠の写メ付きで自慢していた。俺は虹野さんがそんなふうにして簡単に処女を捨ててしまったという事実がすぐには受け入れられなかった。
 その後どうなったかというと、小増先輩は地方の大学に進学して虹野さんはあっさりと捨てられてしまった。つまり処女まで捧げて尽くしたあげくヤリ逃げされたわけだ。

 学校のエントランスを出たところで詩織がいるのを見つけた。
 俺に気づいたらしく目が合った。
「いま帰り」
「詩織は部活じゃないのか」
「今日は休みよ」
 俺とは違って詩織は毎日練習に参加している。
 それにしてもと、制服姿の詩織を足元から眺める。胸の大きなリボンが特徴的な清純なセーラ服姿、思わず体育時間にみたブルマ姿の残像が重なった。
「なに人のことジロジロ見てるの」
「いや……制服が可愛いなって」
「制服が?」
「詩織も十分可愛いよ」
「うふふ。いまごろ気づいたの? な~んてっ、ふふ」
「からかうなよ」
「お互い様でしょ」
 詩織はクスッと笑っていた。
 気持ちのいい風に揺れる赤い髪の耳元に指先をやり、にっこりと微笑む。
「ねえ、体育のとき私のことを見てたでしょ」
「いいやー」
「えー、ほんとかなぁ」
「好雄だよ、好雄」
「ふ~ん。好雄くんのせいにするんだ」
「なんだよ」
「だめよ。女子のことをあんなふうに見たら。そうでなくても恥ずかしいのに」
「体型とか?」
「さあ、私の口からは一概にはいえないわ」
「詩織はそういうのないだろ」
「あら、そんなことないわよ」
「へー、どこらへんが」
「そんなこといえるわけないでしょ」
「とにかく好雄に伝えとくよ」
「ええ、おねがいね」
「あのさ」
「なに?」
「たまにはいっしょに帰らないか?」
 そこまで言ったところで邪魔をするように車のクラクションが聞こえた。
 校門の前に黒のワンボックスカーが止まっていた。
 詩織がそちらのほうを見てた。
「ごめんなさい。今日は先輩に送ってもらう約束をしていたの」
「先輩?」
 そう言われて運転席の男に見覚えがあることに気づいた。
(ヤリチン先輩??)
 茶髪で隠れてシンナーでも吸ってそうなDQNっぽい顔つき。去年の肝試しで詩織とペアになった槍地先輩だ。詩織が先輩と親交があることに驚いた。たしか先輩は進学ではなく就職したはずだ。
「それじゃあ、私は帰るわね」
 詩織は小走りでワンボックスカーに向かい、窓越しに「お待たせしました、先輩」と挨拶をして助手席に乗った。
「おせーよ」
「ごめんなさい。偶然そこで会って」
「今日はファミレスでも寄るべ」
「寄り道は校則で禁止ですよ、先輩」
「学級委員長みたいなこというなよ、藤崎ッ。俺はもっと楽しいところに直行してもいいんだぜ」
「えー、どこですか」
「決まってるだろ、へへへっ」
 ワンボックスカーは排気ガスをまき散らして走って行った。
「見事に振られちまったな」
 声の方を振り返ると好雄が立っていた。
「見てたのかよ」
「まあな。詩織ちゃんも冷たいな。いまのヤリチンだろ」
「そうみたいだな」
「いいのかよ、ほっておいて」
「あいつはいい先輩だと思ってるんだろ」
「マジか。裏で不良グループと繋がってるっていう噂もあるのに。だらしないなー、お前も」

 家に帰ってもモヤモヤは晴れなかった。
 窓の向こうに見える、ピンクのカーテンが開いた部屋を眺める。詩織が帰ってくる気配はなかった。
(まだ帰ってこないのか。どこかドライブデートでもしてるのか?)
 そういえば最後に詩織とデートをしたのはいつだろうと考えた。最近はデートに誘ってもその日は予定があるからと断られてばっかりだ。1・2年の頃はよくデートに出かけていたのに。
 昼間に好雄がいっていた、3年になって詩織の雰囲気が変わったという言葉がぶり返してきた。
 俺はベッドの下から例の雑誌を引っ張り出した。
 『素人ナンパ天国』。
 ヤラセなしでライターが素人の女子に声をかけてガチ交渉するのが売りのエロ雑誌だ。とくに読者から寄せられた情報をもとに地元で評判の可愛い子をナンパするコーナーが人気で、他のページもナンパされたJKやJDのパンチラや胸チラを含む、かなり過激な写真で埋め尽くされていた。そのほとんどが人気のない路地裏や公園、雑居ビルの階段、駐車場などでゲリラ的に撮影されている。
 折り目の付いたページを開いた。
 制服姿でこちらを見つめて、前屈みになって胸元を寄せている詩織の写真だ。
 詩織は制服の胸当てを外していた(おそらくライターの指示)。そのせいで発育した胸の谷間が見えていた。
 それこそ雑誌に穴が開くほど見たがリアルさがある。この写真だけでもスケベな男たちのオカズになったと思うと複雑な気持ちだ。
 写真の横にはデカデカと『K高校のスーパー美少女 ガチナンパ攻略!!』と煽り文字が書いてあった。
 次のページでは、公園の水飲み場で耳元の髪に指をやりながら水に唇をつけている詩織が写っていた。ステンレス製の蛇口が上を向いているタイプなので、見ようによってはいやらしいイメージを連想させる。
 さらに次のページでは、薄暗い男子トイレの個室(おそらく同じ公園の公衆トイレ)で壁に寄りかかり、左手でセーラー服の上着を軽くめくっている一枚があった。引き締まった色の白い腹部がとても色っぽい。
『熱心な読者からの情報で、K市にとんでもない美少女がいるということで本誌ライターが急行! 地元ではかなり有名なJKらしく情報を集めるとすぐに名前があがった。ターゲットが一人で下校中のところを待ち伏せてキャッチ。ライターが話しかけるのを無視して通り過ぎようとする彼女を粘り強い交渉によってどうにか撮影にこぎつけた。はじめは表情の固かった彼女だが、慣れてくると本誌ライターの指示に素直に従い、天使のようなスマイルを見せてくれるようになった。その清楚なビジュアルと発育度満点のボディに思わずメロメロ! ここまで透明感のあるJKは見たことがない。学校では優等生で男子生徒あこがれの美少女だという彼女、こちらのぶしつけな質問にも丁寧に答えてくれた。』
 記事を読んでいると窓の外で気配がした。
 ちょうど詩織がドアを開けて帰ってきた。
 学生鞄を机に置いて、そのまま着替えるのかと制服のリボンをほどいたところで、カーテンが開いてるのに気づいてこちらを見た。
(やばい。見つかる!)
 俺はすぐに身を低くして壁に隠れた。
 顔だけ出して覗いてみる。詩織は窓越しに俺がいないのを確認して部屋のカーテンを閉めた。
作品の感想はこちらにおねがいします
since 2003 aoikobeya to 2014 pncr