登録者数:88
雑談掲示板
http://pncr.jp/

サッカースレ
39 名前:常連の774さん 投稿日:2016-06-12 18:58:08 (日)
Jリーグ 第15節 結果

新潟 1 - 0 大宮
G大阪 3 - 3 湘南
横浜FM 0 - 2 川崎F
磐田 0 - 0 FC東京
甲府 1 - 0 福岡
神戸 1 - 1 広島
浦和 0 - 2 鹿島
柏 0 - 2 仙台
名古屋 0 - 1 鳥栖

第15節 終了時点 順位
1.川崎フロンターレ 34
2.鹿島アントラーズ 33
3.浦和レッズ 27**
4.大宮アルディージャ 25
5.サンフレッチェ広島 22*
6.柏レイソル 22
7.横浜Fマリノス 21
8.ガンバ大阪 20*
9.ヴィッセル神戸 20
10.ベガルタ仙台 20
11.ジュビロ磐田 20
12.FC東京 18**
13.名古屋グランパス 15
14.ヴァンフォーレ甲府 15
15.サガン鳥栖 14
16.アルビレックス新潟
17.湘南ベルマーレ 12
18.アビスパ福岡 10
*は消化試合が1試合少ない

感想:
1stステージ優勝争いの大事な一戦で浦和が痛恨の敗戦。
ミスからの失点→前掛かりになって決めきれずに失点という例年のパターン。
唯一違うのはまだ年の前半ということぐらいか。
これで浦和は消化試合が2試合少ないとはいえ、難敵が続くので1stステージの優勝争いから一歩後退。
首位の川崎はくせ者のマリノスを一蹴。正直、マリノス役に立たねえ~って思いました。
ここ数年でのマリノスの弱体化はファンでない自分から見ててもヤバいレベルです。毎年、順調に弱くなっていってるというかレギュラーの高齢化が進む一方。おそらくよっぽどの当たり外国人を掴まない限り浮上はないのではないでしょうか。中村俊介が別格としても点が取れないとね。
川崎は残りの2試合を共に勝利すれば優勝なので俄然有利です。
というか、福岡・大宮という対戦相手を考えれば1stステージ優勝が濃厚か。
他で気になるところでは、名古屋グランパスがなかなかの勢いで順位を下げています。すでに最下位福岡との勝ち点差は5しかありません。
40 名前:常連の774さん 投稿日:2016-06-13 23:37:54 (月)
Jリーグ 第16節

6/18(土)
仙台 - 甲府
大宮 - 横浜FM
FC東京 - 新潟
湘南 - 磐田
名古屋 - 柏
神戸 - 鹿島
広島 - 浦和
福岡 - 川崎F
鳥栖 - G大阪

見所:
川崎勝利・鹿島負けで、今節にも1stステージの優勝が決まる。
川崎の相手は最下位・福岡なので勝利はほぼ確実。
よって鹿島が神戸に敗れるようなことがあるとそこで優勝決定となる。
ちなみに今節は試合時間が全ての会場で19時開始に設定されています。
浦和は広島戦。それよりも水曜に行われるガンバ戦で勝てるかどうか。
41 名前:常連の774さん 投稿日:2016-06-20 00:27:30 (月)
Jリーグ 第16節 結果

仙台 2 - 1 甲府
大宮 1 - 1 横浜FM
FC東京 1 - 1 新潟
湘南 1 - 0 磐田
名古屋 1 - 1 柏
神戸 1 - 2 鹿島
広島 4 - 2 浦和
福岡 2 - 2 川崎F
鳥栖 2 - 1 G大阪

第16節 終了時点 順位
1.鹿島アントラーズ 36
2.川崎フロンターレ 35
3.浦和レッズ 27
4.サンフレッチェ広島 26
5.大宮アルディージャ 26
6.ガンバ大阪 23
7.柏レイソル 23
8.ベガルタ仙台 23
9.横浜Fマリノス 22
10.ヴィッセル神戸 20
11.FC東京 20
12.ジュビロ磐田 20
13.サガン鳥栖 17
14.名古屋グランパス 16
15.アルビレックス新潟 15
16.湘南ベルマーレ 15
17.ヴァンフォーレ甲府 15
18.アビスパ福岡 11

感想:
優勝を目前にして、川崎フロンターレが最下位福岡と引き分けるという大波乱。
これがタイトルを手にしたことのないチームの弱さか。
神戸に勝利した鹿島が5連勝で逆王手! 次節、勝利で1stステージ優勝となります。
鹿島は最下位福岡と対戦。累積警告でカイオと昌子を欠くことになるが、優勝慣れしている鹿島が取りこぼすとは思えない。
浦和は広島に逆転負けで1stステージ優勝が消滅。ACL敗退以降、3連敗といいところがないです。
仙台が4連勝で8位に浮上。
グランパスはシモビッチのヘッドで先制も柏に同点に追いつかれてここ7試合勝ち星がない。
42 名前:常連の774さん 投稿日:2016-06-23 18:48:16 (木)
Jリーグ 第17節

6/25(土)
鹿島 - 福岡
浦和 - 神戸
柏 - 湘南
川崎F - 大宮
横浜FM - FC東京
甲府 - 広島
新潟 - 鳥栖
磐田 - 仙台
G大阪 - 名古屋

見所:
1stステージ最終節。
鹿島が勝てば優勝が決定。
引き分けでも川崎が負ければ優勝。
川崎は勝利が絶対条件で福岡が頑張ることを祈るしかない。
他では横浜-FC東京の中位対決が見物か。

ピックアップゲーム
鹿島 vs 神戸
43 名前:常連の774さん 投稿日:2016-06-26 15:24:32 (日)
Jリーグ 第17節 結果

鹿島 2 - 0 福岡
浦和 3 - 1 神戸
柏 1 - 1 湘南
川崎F 2 - 0 大宮
横浜FM 0 - 1 FC東京
甲府 0 - 3 広島
新潟 1 - 0 鳥栖
磐田 3 - 0 仙台
G大阪 3 - 3 名古屋

 1stステージ最終順位
1.鹿島アントラーズ 39
2.川崎フロンターレ 38
3.浦和レッズ 33
4.サンフレッチェ広島 29
5.大宮アルディージャ 26
6.ガンバ大阪 24
7.柏レイソル 24
8.ジュビロ磐田 23
9.FC東京 23
10.ベガルタ仙台 23
11.横浜Fマリノス 22
12.ヴィッセル神戸 20
13.アルビレックス新潟 18
14.名古屋グランパス 17
15.サガン鳥栖 17
16.湘南ベルマーレ 16
17.ヴァンフォーレ甲府 15
18.アビスパ福岡 11

感想:
鹿島アントラーズが1stステージ優勝!
実に7年ぶりのリーグタイトルらしいです。
が、目指すところは年間優勝でしょう。そのためのチケットを手に入れたにすぎません。
川崎も大宮を圧倒して2位でフィニッシュ。返す返す前節の引き分けが痛恨でした。というより、良くも悪くも中村憲剛のチームですね。中村憲剛がいないと攻撃の質が落ちるというより、ボールの奪いどころがなくなる気がします。
水曜にFC東京相手に連敗をストップした浦和は連勝。いい感じでリセットして2ndステージに向かえそう。
宇佐美が移籍するガンバは中位をさまよう名古屋と点の取り合いをしての引き分け。
湘南は柏と引き分け、2ndステージの台風の目になりそうな予感があります。
44 名前:ブルー 投稿日:2016-07-01 19:55:04 (金)
Jリーグ 2nd 第1節

7/2(土)
甲府 - 神戸
鹿島 - G大阪
仙台 - 川崎F
大宮 - 名古屋
柏 - 新潟
湘南 - 横浜FM
広島 - 磐田
福岡 - 浦和
鳥栖 - FC東京

見所:
2ndステージの初戦。
とくに残留ラインにいるチームは勝って勢いに乗りたいところか。
オリンピック代表に選ばれた選手はハッスルしそう。
クリスティアーノが再加入した柏の試合ぶりにも注目です。

ピックアップゲーム:
鹿島 - G大阪
45 名前:常連の774さん 投稿日:2016-07-07 21:22:14 (木)
Jリーグ 2nd 第1節

甲府 0 - 3 神戸
鹿島 1 - 3 G大阪
仙台 0 - 3 川崎F
大宮 1 - 0 名古屋
柏 1 - 0 新潟
湘南 0 - 3 横浜FM
広島 3 - 0 磐田
福岡 1 - 2 浦和
鳥栖 3 - 2 FC東京

終了時点 年間順位
1.川崎フロンターレ 41
2.鹿島アントラーズ 39
3.浦和レッズ 36
4.サンフレッチェ広島 32
5.大宮アルディージャ 29
6.ガンバ大阪 27
7.柏レイソル 27
8.横浜Fマリノス 25
9.ヴィッセル神戸 23
10.FC東京 23
11.ジュビロ磐田 23
12.ベガルタ仙台 20
13.サガン鳥栖 20
14.アルビレックス新潟 18
15.名古屋グランパス 17
16.湘南ベルマーレ 16
17.ヴァンフォーレ甲府 15
18.アビスパ福岡 11

感想:
宇佐美選手の移籍したガンバが1stステージを制覇した鹿島を撃破。
鹿島は金崎選手が欠場、カイオが移籍と大きく戦力ダウンしていたとはいえ、いきなり暗雲が立ちこめる結果に。
むしろガンバは宇佐美選手が移籍してチームのバランスが良くなったような気がしたのは気のせいでしょうか。
これで川崎が年間首位に浮上。仙台を寄せつけなかったあたりは安定していました。
FC東京がリードしながらアディショナルタイムで大逆転負けを喫するという衝撃的なゲームが目立ちます。

46 名前:常連の774さん 投稿日:2016-07-09 00:20:17 (土)
Jリーグ 2nd 第2節

7/9(土)
名古屋 - 川崎F
G大阪 - 仙台
浦和 - 柏
FC東京 - 甲府
横浜FM - 福岡
新潟 - 湘南
磐田 - 大宮
神戸 - 鳥栖
広島 - 鹿島

見所:
広島vs鹿島の上位対決があります。
両チームともに主力の浅野・カイオの移籍が決定。鹿島は連敗はどうしても避けたいところ。
対する広島もけが人続出で苦しい台所事情。前節は欠場した金崎が戻ってくる分鹿島が有利か。
首位の川崎は名古屋と対戦。チームの勢いを見てもまず負けなさそう。
前節で鹿島を逆転したガンバは仙台相手になんとなく取りこぼしそうな気配。
新潟と湘南の下位対決にも注目。


ピックアップゲーム:
広島 - 鹿島
47 名前:常連の774さん 投稿日:2016-07-10 15:05:35 (日)
Jリーグ 2nd 第2節

名古屋 0 - 3 川崎F
G大阪 3 - 1 仙台
浦和 2 - 0 柏
FC東京 1 - 0 甲府
横浜FM 3 - 0 福岡
新潟 0 - 1 湘南
磐田 1 - 1 大宮
神戸 2 - 2 鳥栖
広島 2 - 4 鹿島

年間順位
1.川崎フロンターレ 44
2.鹿島アントラーズ 42
3.浦和レッズ 39
4.サンフレッチェ広島 32
5.ガンバ大阪 30
6.大宮アルディージャ 30
7.横浜Fマリノス 28
8.柏レイソル 27
9.FC東京 26
10.ヴィッセル神戸 24
11.ジュビロ磐田 24
12.ベガルタ仙台 23
13.サガン鳥栖 21
14.湘南ベルマーレ 19
15.アルビレックス新潟 18
16.名古屋グランパス 17
17.ヴァンフォーレ甲府 15
18.アビスパ福岡 11

感想:
広島vs鹿島の上位対決は、2-4で鹿島の圧勝。
やはり金崎が効いていました。広島はやはりけが人が多いのとミスが響いていましたね。
鹿島もあっさり2点取られた印象なので安心はできません。
川崎は余裕の勝利も、中村憲剛選手が負傷で暗雲が・・・。
他では横浜Fマリノス・ガンバ大阪・浦和レッズが2ndに入って連勝を達成です。
名古屋はついに降格圏にまで順位を下げてしまいました。
このまま小倉監督でいくつもりなのでしょうか。
48 名前:常連の774さん 投稿日:2016-07-10 15:17:39 (日)
Jリーグ 2nd 第3節

7/13(水)
仙台 - 浦和
鹿島 - 名古屋
大宮 - G大阪
柏 - 広島
川崎F - 新潟
横浜FM - 神戸
湘南 - 鳥栖
甲府 - 磐田
福岡 - FC東京

見所:
川崎は下位の新潟と対決。欠場が予想される中村憲剛の影響がどの程度あるのか。
ここを楽勝するようならこの先も安定しそう。
他に2nd連勝中のガンバ・レッズ・マリノスはそれぞれ、大宮・仙台・神戸と対戦。
負けるとすれば横浜か。
柏と広島は前節負けただけに、どちらも連敗はしたくないはず。したほうは早くも2ndステージの優勝争いから後退となる。

ピックアップゲーム:
柏 - 広島
49 名前:常連の774さん 投稿日:2016-07-14 22:22:18 (木)
Jリーグ 2nd 第3節 結果

仙台 0 - 1 浦和
鹿島 3 - 0 名古屋
大宮 0 - 0 G大阪
柏 3 - 3 広島
川崎F 3 - 2 新潟
横浜FM 3 - 2 神戸
湘南 0 - 2 鳥栖
甲府 0 - 0 磐田
福岡 2 - 1 FC東京

2nd ステージ順位
1.川崎フロンターレ 9
1.横浜Fマリノス 9
3.浦和レッズ 9
4.ガンバ大阪 7
5.サガン鳥栖 7
6.鹿島アントラーズ 6
7.大宮アルディージャ 5
8.ヴィッセル神戸 4
9.サンフレッチェ広島 4
10.柏レイソル 4
11.FC東京 3
12.アビスパ福岡 3
13.湘南ベルマーレ 3
14.ジュビロ磐田 2
15.ヴァンフォーレ甲府 1
16.アルビレックス新潟 0
17.ベガルタ仙台 0
18.名古屋グランパス 0

感想:
柏 - 広島は点の取り合いで痛み分け。どちらも守備が安定していないイメージです。
中村憲剛選手が欠場した川崎はロスタイムに上げたゴールで3連勝を達成。ただし決勝点はもろオフサイド、さらに2点目もハンドっぽいのと、かなり審判に助けられていました。他に浦和・横浜もロスタイムのゴールで3連勝を達成。とりあえずこの3チームがスタートダッシュに成功しました。ガンバは大宮と引き分け。
下位チームではアビスパ福岡がFC東京に競り勝って貴重な勝ち点3をゲット。

50 名前:常連の774さん 投稿日:2016-07-15 18:37:06 (金)
Jリーグ 2nd 第4節

7/17(日)
甲府 - 鹿島
神戸 - 湘南
磐田 - 川崎F
浦和 - 大宮
FC東京 - 柏
新潟 - 仙台
G大阪 - 福岡
広島 - 横浜FM
鳥栖 - 名古屋

見所:
オリンピック招集前の最終ゲーム。
オリンピック代表(スタメン)が抜けるチームはその前にしっかり勝っておきたい。
3連勝中の浦和は大宮と埼玉ダービー。5連勝中なので浦和が有利。
川崎は磐田となのでまず勝つでしょう。
マリノスはサンフレッチェが相手なのでやや分が悪そう。

ピックアップゲーム:
浦和 - 大宮
51 名前:常連の774さん 投稿日:2016-07-18 01:05:33 (月)
Jリーグ 2nd 第4節 結果

甲府 3 - 3 鹿島
神戸 2 - 0 湘南
磐田 1 - 1 川崎F
浦和 2 - 2 大宮
FC東京 0 - 1 柏
新潟 1 - 2 仙台
G大阪 0 - 0 福岡
広島 2 - 2 横浜FM
鳥栖 0 - 0名古屋

2ndステージ 順位
1.横浜Fマリノス 10
2.川崎フロンターレ 10
3.浦和レッズ 10
4.ガンバ大阪 8
5.サガン鳥栖 8
6.ヴィッセル神戸 7
7.鹿島アントラーズ 7
8.柏レイソル 7
9.大宮アルディージャ 6
10.サンフレッチェ広島 5
11.アビスパ福岡 4
12.FC東京 3
13.ジュビロ磐田 3
14.ベガルタ仙台 3
15.湘南ベルマーレ 3
16.ヴァンフォーレ甲府 2
17.名古屋グランパス 1
18.アルビレックス新潟 0

感想:
上位陣が揃って引き分け。これで全勝のチームが消滅。
その中でも降格濃厚な福岡相手に得点を取れなかったガンバは痛い。
4連敗の新潟は唯一勝ち点0のチームとなってしまいました。
名古屋は12戦未勝利。そろそろ監督更迭の臭いが。
サガン鳥栖が5位とセカンドステージに入って好調が続いています。
52 名前:常連の774さん 投稿日:2016-07-22 18:27:09 (金)
Jリーグ 2nd 第5節

7月23(土)
名古屋 - 甲府
鹿島 - 浦和
川崎F - FC東京
仙台 - 湘南
大宮 - 新潟
柏 - G大阪
横浜FM - 磐田
広島 - 神戸
福岡 - 鳥栖

見所:
注目は年間2位の鹿島と年間3位の浦和の直接対決。
まだ序盤とはいえ、勝った方が2ndステージ制覇と年間王者に近づく。
どちらもオリンピック代表が抜けたためその穴を埋める控えメンバーの働きが勝敗をわけそう。
2ndステージ入っていい試合が続く浦和がやや有利か。
他では名古屋と甲府の、降格に片足を突っ込んでいるチーム同士の戦いが熱い。
甲府は毎年残留争いを勝ち抜いてきた強みがあるのでしぶとく戦えそう。逆に名古屋は士気が下がってないか心配。
川崎とFC東京の試合も激しい攻防が見れそう。

ピックアップゲーム:
鹿島 - 浦和
53 名前:常連の774さん 投稿日:2016-07-24 16:53:35 (日)
Jリーグ 2nd 第5節 結果

名古屋 1 - 3 甲府
鹿島 1 - 2 浦和
川崎F 1 - 0 FC東京
仙台 1 - 0 湘南
大宮 1 - 2 新潟
柏 3 - 2 G大阪
横浜FM 1 - 1 磐田
広島 2 - 0 神戸
福岡 2 - 3 鳥栖

2ndステージ 順位
1.川崎フロンターレ 13
2.浦和レッズ 13
3.横浜Fマリノス 11
4.サガン鳥栖 11
5.柏レイソル 10
6.サンフレッチェ広島 8
7.ガンバ大阪 8
8.鹿島アントラーズ 7
9.ヴィッセル神戸 7
10.大宮アルディージャ 6
11.ベガルタ仙台 6
12.ヴァンフォーレ甲府 5
13.ジュビロ磐田 4
14.アビスパ福岡 4
15.アルビレックス新潟 3
16.FC東京 3
17.湘南ベルマーレ 3
18.名古屋グランパス 1

感想:
鹿島・浦和の対決は浦和に軍配。
先制されながらも浦和は落ち着いているように見えました。一方の鹿島はホームで先生しながら逆転されるという後味の悪いゲーム。CSでの再戦が考えられるだけに勝ち点3を落としたという以上に痛い敗戦だったかも。
これで年間勝ち点で鹿島と浦和が46で並んで、川崎が51とやや抜け出す展開になりました。
その川崎は調子の上がらないFC東京相手に1-0と辛勝。中村憲剛選手が復帰したものの自慢の攻撃力が落ちてきている気がします。他の上位チームに比べ、オリンピック期間中に主力選手があまり抜けてないだけにここで突き放しておきたいところでしょう。
下位では、裏天王山と呼ばれた名古屋vs甲府の試合を甲府が勝利。これで名古屋グランパスは17位となってしまいました。
スポーツニュースには、試合後しばらくベンチから立ち上がれない小倉監督の写真が掲載されていました。かなり重症の様子です。早めに手を打たなければ、残留ラインといわれる勝ち点30は厳しいでしょう。
54 名前:常連の774さん 投稿日:2016-07-27 23:07:08 (水)
Jリーグ 2nd 第6節

7月30(土)
甲府 - 浦和
福岡 - 仙台
横浜FM - 名古屋
湘南 - 川崎F
新潟 - FC東京
磐田 - 柏
G大阪 - 広島
神戸 - 大宮
鳥栖 - 鹿島

見所:
城福監督が解任。
FC東京は打つ手が早いのかブレてるのか。
前監督が率いる鳥栖が2ndで好調を維持しているところを見ると、裏目に行っている気がしないでもない。
一方名古屋は人数限定で説明会を開くとか。今週負けるとフロントがいくらかばっても小倉監督が自ら決断しそう。
なお、なんとなく浦和が取りこぼしそうな気配。
川崎は湘南との相性はいい(?)ので万全と思われます。
G大阪と広島の対戦は、去年はCS・天皇杯・ゼロックス杯と散々やりあった組み合わせ。9月のナビスコカップ改めYBCルヴァンカップでも当たるので、負けたくないというより両チームともやりづらそう。

ピックアップゲーム:
横浜FM - 名古屋
55 名前:常連の774さん 投稿日:2016-08-03 19:28:31 (水)
Jリーグ 2nd 第6節 結果

甲府 0 - 2 浦和
福岡 1 - 1 仙台
横浜FM 0 - 0 名古屋
湘南 2 - 3 川崎F
新潟 0 - 1 FC東京
磐田 1 - 2 柏
G大阪 1 - 0 広島
神戸 1 - 0 大宮
鳥栖 1 - 0 鹿島

2nd 順位
1.川崎フロンターレ 16
2.浦和レッズ 16
3.サガン鳥栖 14
4.柏レイソル 13
5.横浜Fマリノス 12
6.ガンバ大阪 11
7.ヴィッセル神戸 10
8.サンフレッチェ広島 8
9.鹿島アントラーズ 7
10.ベガルタ仙台 7
11.大宮アルディージャ 6
12.FC東京 6
13.ヴァンフォーレ甲府 6
13.アビスパ福岡 5
15.ジュビロ磐田 4
16.アルビレックス新潟 3
17.湘南ベルマーレ 3
18.名古屋グランパス 2

感想:
アントラーズがサガン鳥栖に敗れる波乱?
2ndに入って調子が落ちています。これで年間順位でも3位で2位の浦和と3点差がついてしまいました。
オリンピックで植田選手が抜けた影響というより、カイオが抜けてストロングポイントが一つ失われた気がします。もともとチーム力は高いので負けが込むことはないでしょうが、勝ったり負けたりをするかも。
川崎は3-2と湘南を退ける無難な結果。大久保選手がひさびさに得点を上げたのはチームにとってプラスでしょう。
降格圏に沈む名古屋グランパスは実質5バックで守備を固めて勝ち点1を拾う。とりあえず守備を立直す方針かな。ただ、得点を上げないことには勝ち点3をゲットできないので、まだまだ先は暗いです。
他では監督が交代したFC東京が勝利しました。
56 名前:常連の774さん 投稿日:2016-08-04 21:39:12 (木)
Jリーグ 2nd 第7節

8月6(土)
鹿島 - 仙台
浦和 - 湘南
大宮 - 福岡
柏 - 横浜FM
FC東京 - 磐田
川崎F - 甲府
新潟 - 神戸
G大阪 - 鳥栖
広島 - 名古屋

見所:
今節は上位の対決がない。その分、柏vs横浜、G大阪vs鳥栖の上位を伺う中位対決が見物。
上位に引き離されないためにはどのチームも勝ち点を落とせない。
夏場に入って上昇気配が窺える福岡は、大宮との昇格対決を制して足がかりを作れるか。開幕前に残留の予想した身としてはなんとか勝って勝ち点3を取ってほしい。

ピックアップゲーム:
G大阪 - 鳥栖
57 名前:常連の774さん 投稿日:2016-08-07 15:17:17 (日)
Jリーグ 2nd 第7節 結果

鹿島 0 - 1 仙台
浦和 4 - 1 湘南
大宮 1 - 0 福岡
柏 1 - 2 横浜FM
FC東京 3 - 2 磐田
川崎F 4 - 0 甲府
新潟 1 - 0 神戸
G大阪 2 - 1 鳥栖
広島 2 - 0 名古屋

2ndステージ 順位
1.川崎フロンターレ 19
2.浦和レッズ 19
3.横浜Fマリノス 15
4.ガンバ大阪 14
5.サガン鳥栖 14
6.柏レイソル 13
7.サンフレッチェ広島 11
8.ヴィッセル神戸 10
9.ベガルタ仙台 10
10.大宮アルディージャ 9
11.FC東京 9
12.鹿島アントラーズ 7
13.アルビレックス新潟 6
14.アビスパ福岡 5
15.ヴァンフォーレ甲府 5
16.ジュビロ磐田 4
17.湘南ベルマーレ 3
18.名古屋グランパス 2

感想:
川崎・浦和・横浜の3チームが以前2ndステージ無敗を継続。
逆に磐田・名古屋の2チームがまだ勝利を上げていない。
川崎・浦和の両チームは下位のチームを相手に4-0、4-1と圧勝。実力差をまざまざと見せつける。
サガン鳥栖はガンバ大阪相手に2ndステージ初の黒星。勢いは止まらないと思うが、上位チームとの対戦に一抹の不安を残してしまった。
1st覇者の鹿島が2ndに入ってまさかの3連敗。これで2ndステージ制覇は厳しくなった。カイオの移籍がそれほど大きかったのか。年間順位でも中位チームとの差が急激に詰まってきました。
そして名古屋はリーグ戦では6月の初め以来勝利がない・・・。
58 名前:常連の774さん 投稿日:2016-08-08 21:46:45 (月)
Jリーグ 2nd 第8節

8月13(土)
甲府 - 新潟
名古屋 - 浦和
湘南 - 広島
仙台 - 柏
横浜FM - 大宮
磐田 - G大阪
神戸 - FC東京
鳥栖 - 川崎F

8月14日(日)
福岡 - 鹿島


見所:
監督が交代して2連勝のFC東京は神戸と対戦。
ここを勝つようだと上昇気流は本物か。
2nd・年間ともに首位の川崎は鳥栖と対戦。
15戦ぐらい負けていない川崎だが鳥栖も好調だけにどう転ぶかわからない。
浦和は名古屋と。
ほぼ負けない試合だと思われる。いよいよ小倉グランパスにトドメを刺すことになるかもしれない。
3連敗中の鹿島は最下位の福岡と。勝って当たり前が逆にプレッシャーにならなければいいが。

ピックアップゲーム:
神戸 - FC東京
59 名前:常連の774さん 投稿日:2016-08-17 15:37:37 (水)
Jリーグ 2nd 第8節 結果

甲府 1 - 0 新潟
名古屋 0 - 2 浦和
湘南 1 - 2 広島
仙台 4 - 2 柏
横浜FM 1 - 1 大宮
磐田 0 - 2 G大阪
神戸 4 - 1 FC東京
鳥栖 1 - 0 川崎F
福岡 1 - 2 鹿島

2ndステージ 順位
1.浦和レッズ 22
2.川崎フロンターレ 19
3.ガンバ大阪 17
4.サガン鳥栖 16
5.横浜Fマリノス 16
6.サンフレッチェ広島 14
7.ヴィッセル神戸 13
8.柏レイソル 13
9.ベガルタ仙台 13
10.鹿島アントラーズ 10
11.大宮アルディージャ 10
12.FC東京 9
13.ヴァンフォーレ甲府 8
14.アルビレックス新潟 6
15.アビスパ福岡 5
16.ジュビロ磐田 4
17.湘南ベルマーレ 3
18.名古屋グランパス 2

感想:
川崎の無敗街道が16試合でストップ。
これにより名古屋を下した浦和が2ndステージ首位に立つ。
サガン鳥栖はガンバ大阪と並び勝ち点17で追いかける。
鹿島は中間にスルガ杯をこなす厳しい日程ながらも福岡相手に完勝。ここで負けるようならこのままずるずる行きそうだったがさすがに年間最下位相手だと格が違うところを見せていました。
下位対決では、甲府が新潟に1-0で勝利と、残留プロの本領を発揮。
60 名前:常連の774さん 投稿日:2016-08-18 18:38:06 (木)
Jリーグ 2nd 第9節

8月20(土)
鹿島 - 湘南
大宮 - 仙台
浦和 - 川崎F
柏 - 名古屋
FC東京 - 横浜FM
新潟 - 福岡
磐田 - 鳥栖
G大阪 - 神戸
広島 - 甲府

見所:
2ndステージの行方。さらには今年のCSの結果を占うビッグマッチが行われます。
両チームとも年間順位でのCS進出+激突が濃厚。ここで勝ったほうが年間1位に近づくだけでなく、良いイメージを持ってCSでも対戦できるという、まさに大一番です。
とくに川崎は1stステージで浦和に負けているだけでなく、前節で鳥栖に敗れて無敗記録がストップしているだけにここは是が非でも落とせない試合か。
そんな試合がオリンピックの影響でBSでも放送されないという。
他では2ndステージをいまだ無敗の横浜が、監督が替わって2勝1敗のFC東京と対戦します。
横浜の好調がどこまで本物か。この試合が分水嶺となる気がします。

ピックアップゲーム:
浦和 - 川崎F
61 名前:常連の774さん 投稿日:2016-08-24 01:38:40 (水)
Jリーグ 2nd 第9節 結果

鹿島 1 - 0 湘南
大宮 2 - 1 仙台
浦和 1 - 2 川崎F
柏 3 - 1 名古屋
FC東京 1 - 0 横浜FM
新潟 3 - 0 福岡
磐田 1 - 1 鳥栖
G大阪 0 - 1 神戸
広島 0 - 1 甲府

2ndステージ 順位
1.川崎フロンターレ 22
2.浦和レッズ 22
3.サガン鳥栖 18
4.ガンバ大阪 17
5.横浜Fマリノス 16
6.ヴィッセル神戸 16
7.柏レイソル 16
8.サンフレッチェ広島 14
9.鹿島アントラーズ 13
10.大宮アルディージャ 13
11.ベガルタ仙台 13
12.FC東京 12
13.ヴァンフォーレ甲府 11
14.アルビレックス新潟 9
15.ジュビロ磐田 5
16.アビスパ福岡 5
17.湘南ベルマーレ 3
18.名古屋グランパス 2

感想:
大一番で川崎が勝利。
これで年間1位と共に優勝に向けて川崎が大きく前進したと認めないわけにはいきません。
さらにCSもほぼほぼ川崎・浦和・鹿島の3チームで争うことが確定?
なお、川崎と浦和の差は、オリンピック帰り(大島選手)の選手をいきなり試合に使ったかどうかでした。
このことにより川崎が貴重な勝ち点3を上げたわけですが、果たしてCSを睨んだ場合それでよかったのか? という一抹の不安がないわけではありません。
年間3位の鹿島は6連敗中の湘南を相手に勝つには勝ちましたが、チームとしての怖さがなくなった気がします。
そして、降格圏に沈む名古屋がついに小倉監督の休養を発表しました。
遅いです。サポーターでなくてもこう思うぐらいなので、サポーターの人はもっと思っているはず。
さらに闘莉王の電撃復帰を発表。
元々グランパスの低迷は闘莉王との契約を延長しなかったところから始まっているので、復帰自体は良い判断だとは思うのですが、素人目に見ていまから残留するのはかなり困難・・・。
もし残留できたら新監督と闘莉王はまさに救世主!? そして小倉監督のプライドとキャリアはズタズタになってしまう。
62 名前:常連の774さん 投稿日:2016-08-26 18:46:45 (金)
Jリーグ 2nd 第10節

8月24(水)
福岡 2 - 3 磐田
8月27(土)
甲府 - 大宮
名古屋 - FC東京
湘南 - G大阪
仙台 - 広島
川崎F - 柏
横浜FM - 鹿島
神戸 - 浦和
鳥栖 - 新潟

見所:
水曜日に行われたゲームで磐田が貫禄の勝利。
試合運び自体は悪くなかったが局面局面で磐田が上回っていたそうです。
そうですというのは試合を見ていないから+スポーツニュースもしていないから。
これで福岡の降格はほぼほぼ決まりました。
もはやここから浮上は不可能でしょう。福岡さん、さようなら。また3年後ぐらいの起こしをお待ちしています。
監督が交代した名古屋はFC東京と対戦。まだ闘莉王は出場できないので次節が勝負所か。
前節で年間首位を争うライバルを蹴落とした川崎は柏と。
柏は2ndで優勝するチームに指名しただけに頑張ってほしい。
2位の浦和は神戸と。
問題はチーム状況が下降線にある鹿島。金崎が監督とかなり激しく衝突したみたいで暗雲が漂っています。
石井監督ってカリスマ性ないのかなぁ。あそこまで文句を言われている監督は珍しいです。

ピックアップゲーム:
川崎F - 柏
63 名前:常連の774さん 投稿日:2016-08-27 14:23:02 (土)
名古屋グランパスの残留は可能か?

名古屋グランパスの小倉監督が事実上の解任――。
それと同時にジュロヴスキー氏の監督就任と闘莉王の電撃復帰が発表されました。
はたして名古屋グランパスのJ1残留は可能なのか?
素人目に探って行きたいと思います。

さっそくですが9節終了時点での、年間勝ち点順位(下位)です。
13.ジュビロ磐田 31
14.アルビレックス新潟 27
15.ヴァンフォーレ甲府 26
- - - - - - 降格ライン - - - - - -
16.名古屋グランパス 19
17.湘南ベルマーレ 19
18.アビスパ福岡 16

残念ながらアビスパ福岡は降格がほぼ決定。
同じくジュビロ磐田も残り7試合で30点を突破しているので残留が濃厚。
となると、名古屋が実質敵に残留を争う相手は、新潟・甲府・湘南の3チームということに。
現在16位につけるグランパスは15位(甲府)の勝ち点差は7です。
最低でも残り8試合で勝点8以上、が実際は甲府・新潟も勝点を積み上げるので35が安定ライン、33がギリギリか。
(ちなみに去年15位で残留を決めた新潟は勝点34、松本山雅は勝点28で降格)
名古屋のノルマは勝点14ということになります。
これは4勝2分2敗もしくは3勝5分0敗に近い勝敗。まさか5勝できるとはとても思えない。
26試合をこなして4勝しか上げれていないグランパスにとって、これがどれほど難しい数字か。
ジュロヴスキー監督はおそらくDFを固めて失点を少なくする方針を採用するはず。
となると引き分けで勝点1を良しとするので、目標は3勝5分0敗に。

残りの名古屋の対戦相手は
・FC東京 △
・新潟   〇
・G大阪  ×
・仙台   △
・福岡   〇
・磐田   〇
・神戸   △
・湘南   〇

〇・・・勝利が必要
△・・・引き分けでもいい
×・・・負け覚悟

 唯一の救いは上位との対戦がほぼ終わり、優勝を争うようなチームはG大阪のみです。
 そして下位との直接対決が多い!!
 残留できるとすれば、この下位対決に全勝して、FC東京・G大阪・神戸戦はどうにかして引き分けに持ち込む! これしかありません。
 そして残留に向けての天王山はズバリ闘莉王が復帰する新潟戦です。
 (FC東京戦から2週間の間がありミニキャンプを張れる)
 この試合に勝てば残留の芽がわずかに見える。逆に負けるとその時点で降格が決定する、そう考えて差しつかえはありません。仮に新潟戦を乗り越えたとしても最終戦では湘南との直接対決が・・・。それまでもつれていたら優勝争いよりも熾烈なゲームになるかも。

 まとめると、素人感覚で残留する確率は10%かな。
 なんとなくですが湘南が順位を上げそうな気がするんですよね。
 とにかく新潟戦に注目です。
64 名前:常連の774さん 投稿日:2016-08-31 01:22:03 (水)
Jリーグ 2nd 第10節 結果

福岡 2 - 3 磐田
甲府 2 - 2 大宮
名古屋 1 - 1 FC東京
湘南 1 - 2 G大阪
仙台 0 - 2 広島
川崎F 2 - 5 柏
横浜FM 2 - 2 鹿島
神戸 2 - 1浦和
鳥栖 1 - 0 新潟

2nd ステージ 順位
1.川崎フロンターレ 22
2.浦和レッズ 22
3.サガン鳥栖 21
4.ガンバ大阪 20
5.ヴィッセル神戸 19
6.柏レイソル 19
7.横浜Fマリノス 17
8.サンフレッチェ広島 17
9.鹿島アントラーズ 14
10.大宮アルディージャ 14
11.FC東京 13
12.ベガルタ仙台 13
13.ヴァンフォーレ甲府 12
14.アルビレックス新潟 9
15.ジュビロ磐田 8
16.アビスパ福岡 5
17.湘南ベルマーレ 3
18.名古屋グランパス 3

見所:
川崎・浦和の上位陣が揃って敗戦。
+鹿島の石井監督が金崎選手と衝突して一悶着があるなど、上位陣に不穏な空気が漂ってきました。
とくに鹿島は2ndステージに入って目に見えて勢いが落ちているので、このままだとCSは厳しいかも。
そんな中、鳥栖が急上昇です。
第8節で川崎を倒しているだけに2ndステージ制覇の可能性も現実味を帯びてきています。
残留争いでは磐田がライバルの福岡を撃破。
これで磐田の残留、福岡の降格がほぼ決定しました。
アビスパ福岡のみなさんおつかれさまです・・・。
監督した名古屋は10試合ぶりに先制するも、後半のアディショナルタイムに追いつかれて引き分け。
18試合ぶりの勝利が目の前だっただけに痛い痛い勝点1です。
あと1分がんばっていれば残留への道が大きく開けていたのに。
依然、厳しい道が続きます。
65 名前:常連の774さん 投稿日:2016-09-06 18:12:58 (火)
Jリーグ 2nd 第11節

9/10(土)
仙台 - 横浜FM
磐田 - 神戸
浦和 - 鳥栖
柏 - 鹿島
FC東京 - 湘南
川崎F - 福岡
新潟 - 名古屋
G大阪 - 甲府
広島 - 大宮

見所:
残るところ7節。
優勝争いと同じぐらい残留争いが佳境に入ってきました。
とくに小倉監督を更迭した名古屋は同じく残留を争う新潟と直接対決。
ここで負けるもしくは引き分けでもほぼほぼ降格が決定してしまう、まさに逆大一番です。
果たして電撃復帰した闘莉王が救世主となれるかどうか。
当日、BSで中継されるそうなので必見です。

他では浦和と鳥栖の上位対決が。
中間に試合がなくて代表にも選手を取られていない鳥栖がわずかに有利か。
ドタバタ劇で一枚岩でないことが露呈した鹿島は柏に負けそう。

ピックアップゲーム
新潟 - 名古屋
66 名前:常連の774さん 投稿日:2016-09-11 14:45:23 (日)
Jリーグ 2nd 第11節 結果

仙台 0 - 1 横浜FM
磐田 3 - 4 神戸
浦和 2 - 0 鳥栖
柏 2 - 0 鹿島
FC東京 3 - 0 湘南
川崎F 3 - 1 福岡
新潟 0 - 1名古屋
G大阪 2 - 1 甲府
広島 0 - 1 大宮

第11節終了時点 2ndステージ 順位
1.川崎フロンターレ 25
2.浦和レッズ 25
3.ガンバ大阪 23
4.ヴィッセル神戸 22
5.柏レイソル 22
6.サガン鳥栖 21
7.横浜Fマリノス 20
8.サンフレッチェ広島 17
9.大宮アルディージャ 17
10.FC東京 16
11.鹿島アントラーズ 14
12.ベガルタ仙台 14
13.ヴァンフォーレ甲府 12
14.アルビレックス新潟 9
15.ジュビロ磐田 8
16.名古屋グランパス 6
17.アビスパ福岡 5
18.湘南ベルマーレ 3

感想:
新潟vs名古屋で、グランパスが1-0で勝利。
ついに18戦ぶりに勝点3をゲットしました。
試合後にはまるで優勝したかのような喜びようでした。負ければ降格がほぼ決定していた1戦だけにそれも仕方ないのかもしれません。
グランパスはこの1戦で確実に上昇気流に乗ることでしょう。それぐらい闘莉王の加入と、この勝利は大きかったです。残留の可能性もやや増えて25%ぐらいになったというところでしょうか。まだまだ厳しい道のりなのはたしかです。次のガンバ戦はほぼ勝ち目がないので、その次の仙台戦が勝負となりそうです。

上位争いに目を向けると、好調鳥栖が浦和に2-0で負けてしまいました。
2ndステージの優勝争いからは一歩後退。ただし、まだ勝点差4なので十分優勝を狙える位置にいます。
ガンバ大阪がジワリと3位に。ただしゲーム内容は甲府が善戦していたようにそこまで安泰ではありませんでした。むしろ鹿島を2-0で退けた柏の好調ぶりが目を引きます。クリスティアーノがフィットして、どんどんチームが強くなっていってる印象です。
負けた鹿島はこのままだとCSで敗退濃厚ですね。
去年のトニーニョ・セレーゾ監督が交代した頃の鹿島に戻った気がします。
67 名前:常連の774さん 投稿日:2016-09-16 14:26:14 (金)
Jリーグ 2ndステージ 第12節

9/17(土)
横浜FM - 新潟
甲府 - 仙台
大宮 - 川崎F
鹿島 - 磐田
FC東京 - 浦和
湘南 - 福岡
神戸 - 柏
鳥栖 - 広島
名古屋 - G大阪

見所:
今節は順位に変動はなさそうな組み合わせが多い。
そんな中、リーグ戦4連勝中の神戸と3連勝中の柏が対戦。
勝ったほうが2ndステージの優勝戦線に残ることになる。
2nd・年間共に首位の川崎は大宮と、2位の浦和はFC東京とゲームを行う。
前節で3-1と福岡を下しているとはいえ、川崎はやや調子が落ちてきている感じがあるので、先制点がどうしても欲しいところ。
大宮は守備がしっかりしているため先制点を取られると苦戦しそう。
浦和はカップ戦とでFW陣を入れ替えても攻撃がうまく機能している。
前節久々に勝利した名古屋は好調G大阪をホームに迎え撃つ。ここはさすがに厳しいか。

ピックアップゲーム
神戸 - 柏
68 名前:常連の774さん 投稿日:2016-09-21 00:30:35 (水)
Jリーグ 2nd 第12節 結果

横浜FM 3 - 1 新潟
甲府 1 - 1 仙台
大宮 3 - 2 川崎F
鹿島 3 - 0 磐田
FC東京 1 - 3 浦和
湘南 0 - 2 福岡
神戸 1 - 1 柏
鳥栖 2 - 3 広島
名古屋 1 - 3 G大阪

第12節終了時点 2ndステージ 順位
1.浦和レッズ 28
2.ガンバ大阪 26
3.川崎フロンターレ 25
4.横浜Fマリノス 23
5.ヴィッセル神戸 23
6.柏レイソル 23
7.サガン鳥栖 21
8.サンフレッチェ広島 20
9.大宮アルディージャ 20
10.鹿島アントラーズ 17
11.FC東京 16
12.ベガルタ仙台 14
13.ヴァンフォーレ甲府 13
14.アルビレックス新潟 9
15.ジュビロ磐田 8
16.アビスパ福岡 8
17.名古屋グランパス 6
18.湘南ベルマーレ 3

感想:
川崎は前半に大久保嘉人選手が報復の頭突きをして1発退場。
大宮に3-2と負けてしまいました。
そのあとも小競り合いがあったように荒れた試合に。
大久保選手らしいと思う反面、優勝を争うチームのエースがあんなことをしたらダメですね。
そのせいもあり浦和が2nd首位に浮上。年間勝点でも2点差に迫ってきました。
あと先週にも書きましたが川崎はちょっと調子が落ちてきている気がします。
疲れというわけではないのですが、これが初タイトルのプレッシャーなのでしょうか。
10人になったあとも果敢に攻めて逆転した辺りは素晴らしいのですが、そのあとを最低でも引き分けに持ち込めなかったところが心配です。
ガンバが2位に浮上。
水曜に天皇杯の試合を挟み、川崎は次節好調の横浜と対戦します。

下位では湘南が福岡に敗戦。
年間順位で湘南が18位、福岡が17位と入れ替わりました。
これによって残念ながら湘南もほぼほぼ降格が決定。
残留争いはヴァンフォーレ甲府・アルビレックス新潟・名古屋グランパスの3チームによって争われることになりそうです。

69 名前:常連の774さん 投稿日:2016-09-23 20:48:06 (金)
Jリーグ 2nd 第13節

9/25(日)
仙台 - 名古屋
福岡 - 神戸
浦和 - 広島
磐田 - 湘南
G大阪 - FC東京
新潟 - 鹿島
大宮 - 鳥栖
柏 - 甲府
川崎F - 横浜FM

見所:
大久保嘉人の退場で大宮に敗れた川崎が好調横浜と対戦。
日曜19時よりBS1で放送されます。
もし連敗するようなことがあれば川崎はCSへ向けてかなり苦しくなります。
逆に横浜も負けると2nd優勝の目がほとんどなくなるために絶対に落とせません。
川崎は大久保とエドゥアルドネットが欠場の穴をどう埋めるかが問題となります。
おそらく森本が先発で来ると思うけど、ベテラン揃いの横浜DF陣を破れるかどうか。
横浜は中村俊介の先発が濃厚??
他では、浦和vs広島、G大阪vsFC東京とACL組の対戦が組まれています。

ピックアップゲーム
川崎F - 横浜FM
70 名前:常連の774さん 投稿日:2016-09-27 19:25:32 (火)
Jリーグ 2nd 第13節 結果

仙台 1 - 2 名古屋
福岡 1 - 4 神戸
浦和 3 - 0 広島
磐田 0 - 0 湘南
G大阪 3 - 3 FC東京
新潟 0 - 2 鹿島
大宮 1 - 1 鳥栖
柏 1 - 0 甲府
川崎F 3 - 2 横浜FM

第13節終了時点 2ndステージ順位
1.浦和レッズ 31
2.川崎フロンターレ 27
3.ガンバ大阪 27
4.ヴィッセル神戸 26
5.柏レイソル 26
6.横浜Fマリノス 23
7.サガン鳥栖 22
8.大宮アルディージャ 21
9.鹿島アントラーズ 20
10.サンフレッチェ広島 20
11.FC東京 17
12.ベガルタ仙台 14
13.ヴァンフォーレ甲府 13
14.アルビレックス新潟 9
15.ジュビロ磐田 9
16.名古屋グランパス 9
17.アビスパ福岡 8
18.湘南ベルマーレ 4

感想:
川崎が後半AT10分に決勝点を決めて劇的勝利。
横浜は後半ATに2点をあげるなど粘りを見せましたが敗れました。
川崎は初先発のGKが負傷交代するなど後半には守備が不安定化しましたが、この劇的な勝利は初優勝によくあるあの時の勝利が大きかった的なゲームになるんじゃないでしょうか。BSで見ていてそれぐらい熱の入った試合でした。
ただし、いまの川崎はやはり春ほどの強さがないですね。チームが守りに入っている気がします。
その川崎を年間順位で追う浦和は昨季の王者広島を3-0と撃破。
この結果、広島のCS進出の目はほぼなくなりました。開幕前に予測した順位に落ち着きつつあります。
今年の浦和はここに来て調子を上げている感じがします。ここ数年失速していたのと違って年間順位で2位につけているというのも、追われるプレッシャーがなくて、いい意味で肩の力が抜けている気がします。
柏レイソルが年間順位でも5位に浮上。かなり不気味です。
残留争いでは名古屋がまたもや勝利を上げて、ついに15位新潟に1ポイント差と肉薄。
新潟・甲府はかなりプレッシャーを受けていることでしょう。
とくに新潟はこのあと上位チームとの試合が残っているので逆転での降格が現実味を帯びてきました。

1stステージを制した鹿島に続いて、浦和・川崎も年間順位でのCS進出が確定!
他に可能性があるのは、大阪・柏かな。
次節にはG大阪vs浦和のビッグマッチがあります。
71 名前:常連の774さん 投稿日:2016-09-29 19:02:28 (木)
Jリーグ 2ndステージ 第14節

10/1(土)
鹿島 - 大宮
名古屋 - 福岡
浦和 - G大阪
磐田 - 新潟
甲府 - 横浜FM
鳥栖 - 仙台
湘南 - 柏
神戸 - 川崎F
広島 - FC東京

見所:
2ndステージ首位の浦和と3位のG大阪のビッグマッチ!
G大阪はここで負けか引き分けだとCS進出の可能性がほぼ断たれます。
逆に浦和にはまだ余裕がある。
戦術が熟成されつつある浦和が、ここ一番で強いG大阪をどう迎え撃つか。
李忠成選手を先発で使ってくるような気がします。そして後半にズラタン。
G大阪も中心メンバーの遠藤保仁が復帰するはず。
先制点が欲しいガンバが攻めて、浦和が受けてショートカウンターを狙う形になりそう。
残留ラインまで@1ポイント差に迫った名古屋は最下位福岡と。名古屋にとては落とせないゲームが続きます。
ここを勝てば15位浮上の可能性があります。
台風の目の柏は湘南と。
やらかしそうなのは前節に劇的勝利を上げた川崎です。神戸相手に勝点を落としそうな気配が。
こちらのゲームがBSにて放送予定です。

ピックアップゲーム:
浦和 - G大阪
72 名前:常連の774さん 投稿日:2016-10-02 12:52:42 (日)
>>15
ジンクス通り、福岡がJ2に落ちましたね。
磐田も微妙。
73 名前:常連の774さん 投稿日:2016-10-02 16:19:34 (日)
福岡は井原監督の手腕と終盤に8連勝して昇格した勢いを買っていたのですが、戦力不足はいかんともし難かったですね。
磐田は残り3戦を全敗したとしても大丈夫だと思いますよ。
なんせ新潟の残り3戦の相手は、浦和・大阪・広島ですから。
74 名前:常連の774さん 投稿日:2016-10-04 18:03:59 (火)
Jリーグ 2ndステージ 第14節

鹿島 1 - 3 大宮
名古屋 5 - 0 福岡
浦和 4 - 0 G大阪
磐田 1 - 2 新潟
甲府 0 - 4 横浜FM
鳥栖 2 - 3 仙台
湘南 0 - 0 柏
神戸 3 - 0 川崎F
広島 0 - 1 FC東京

第14節終了時点 2ndステージ順位
1.浦和レッズ 34
2.ヴィッセル神戸 29
3.川崎フロンターレ 28
4.柏レイソル 27
5.ガンバ大阪 27
6.横浜Fマリノス 26
7.大宮アルディージャ 24
8.サガン鳥栖 22
9.鹿島アントラーズ 20
10.サンフレッチェ広島 20
11.FC東京 20
12.ベガルタ仙台 17
13.ヴァンフォーレ甲府 13
14.アルビレックス新潟 12
15.名古屋グランパス 12
16.ジュビロ磐田 9
17.アビスパ福岡 8
18.湘南ベルマーレ 5

回顧:
浦和レッズvsガンバ大阪は、ここ2~3年のリベンジを果たし浦和が圧勝!
アデミウソンの退場は余計でしたが、ガンバにほとんど何もさせていなかったです。
とくに遠藤保仁へのプレッシャーがすごかった(BS解説+ネットニュースより)
これでガンバ大阪もリーグ戦はほぼ道を断たれました。カップ戦に切り替えるんじゃないかな。
そしてここで書いていたとおり、川崎が神戸に敗れました。
中村憲剛は内容は悪くないみたいなことを言っているみたいですが、春頃の勢いは完全に消えています。なによりも失点のパターンが例年の川崎に戻ってます。こうなるとCSでも厳しいことに・・・。年間順位もわずか1点差ですが浦和に抜かれました。
入れ替わるように神戸が2ndステージ2位に浮上。首位の浦和とは5点差なのでちょっと厳しいかな。
浦和が連敗して、神戸が連勝しないと。
ということで、CSは鹿島・川崎・浦和の3チームで95%決定です。
あとは決勝ステージから登場できる、年間1位が浦和になるか川崎になるか。
去年サンフレッチェ広島が記録した年間最多勝点記録74の更新できるかどうかも見所の一つです。
残り3試合で、浦和は67、川崎は66です。

残留争いではアビスパ福岡の降格が決定。
昇格即1年でのJ2リターンとなりました。
湘南ベルマーレも次節にも降格が決定します。
名古屋が15位に浮上。しかも、5-0と大勝しました。完全に勢いが出てきています。
奇蹟の残留は10%と書きましたが、いまは70%ぐらい残留しそうです。
危ないのは現在降格圏のヴァンフォーレ甲府よりも新潟です。
新潟の対戦相手は、浦和・G大阪・広島とかなりやばい。
どこかで1つ勝たないと甲府に交わされそう。
75 名前:常連の774さん 投稿日:2016-10-14 22:14:04 (金)
Jリーグ 2nd 第15節

10/22(土)
仙台 - 神戸
大宮 - 湘南
柏 - 鳥栖
FC東京 - 鹿島
川崎F - 広島
横浜FM - G大阪
新潟 - 浦和
名古屋 - 磐田
福岡 - 甲府

見所:
代表戦は、イラクに1-2、オーストラリアに1-1と勝点4を得る結果に。
ハリル監督のクビがギリギリ繋がった感じです。
この土曜日にはJリーグカップの決勝があります。
G大阪vs浦和
例年のタイトル戦からはガンバ大阪が有利な気がしますが、直近の試合では浦和が4-0と圧勝しただけにどちらに転ぶかわかりません。ひとつわかることはここで浦和が勝つようだと、年間王者にかなり近づくということです。
おそらくプレッシャーから解放されることでしょう。逆にガンバ大阪が勝つようだと、リーグ戦でも浦和は重圧に押されて川崎が優勝する気がします。それぐらい大事な試合です。
川崎サポと川崎の選手も固唾を飲んで見守ることでしょう。なお、年間優勝に予想した鹿島ですが、自分の中ではほぼほぼ無理だろうなと思っています。だって最近の鹿島、見てて弱いんだもの。
リーグ戦は22日に再開です。
川崎は広島と、浦和は新潟と対戦します。
ここでも浦和は有利。
川崎は中間に怪我をしたらしい中村憲剛選手がギリギリ間に合うかどうか。
この日にも湘南の降格が決定しそうです。

ピックアップゲーム:
川崎F - 広島

76 名前:常連の774さん 投稿日:2016-10-23 16:25:12 (日)
Jリーグ 2nd 第15節 結果

仙台 3 - 0 神戸
大宮 3 - 2 湘南
柏 2 - 3 鳥栖
FC東京 2 - 1 鹿島
川崎F 2 - 0 広島
横浜FM 2 - 2 G大阪
新潟 1 - 2 浦和
名古屋 1 - 1 磐田
福岡 1 - 2 甲府

2ndステージ 第15節終了時点 順位

1.浦和レッズ 37
2.川崎フロンターレ 31
3.ヴィッセル神戸 29
4.ガンバ大阪 28
5.横浜Fマリノス 27
6.柏レイソル 27
7.大宮アルディージャ 27
8.サガン鳥栖 25
9.FC東京
10.鹿島アントラーズ 20
11.サンフレッチェ広島 20
12.ベガルタ仙台 20
13.ヴァンフォーレ甲府 16
14.名古屋グランパス 13
15.アルビレックス新潟 12
16.ジュビロ磐田 10
17.アビスパ福岡 8
18.湘南ベルマーレ 5


回顧:
湘南が大宮に負けて、J2降格が決定。
ゲーム終了後のサポーターの拍手にはちょっと感動。心ないサポーターだとブーイングするんですよねえ。なにげに湘南のことを応援していたので、あの戦力でよく頑張ったなあという気持ちです。
これで残る1チームは、磐田・甲府・新潟・名古屋で争うことになりました。
その勝点差は3。ただ磐田はまず大丈夫かな。
G大阪・広島と対戦しなくてはいけない新潟がピンチです。
それにしても甲府の残留力は毎年すごい。終了間際に見事福岡をうっちゃりました。まさに選手の気迫です。

優勝争いでは、浦和がATでのゴールを決めて2nd・年間ともに1位をキープしました。
この試合が地上波で放送されていましたが、自分はBSの川崎vs広島 を見ていました。
問題のシーンは塩谷のFK。相手選手に当たってそのままゴールへ。
味方選手は誰も触っていません。
それなのにオフサイド判定。中継を見ていた人はみんな、ハア??と思ったはず。
その後線審が、サンフレッチェの選手が触った→そんなことは言ってない、と証言を翻したそうです。
そういえば、前節でも川崎vs大宮の試合で終了間際に大宮が決めた逆転ゴールが取り消される事件がありました。
なんか見ていて気持ちのいい物ではありません。まるで審判が川崎を勝たせようとしてるみたい。
その後、川崎がゴールを決めて2-0で勝利。
塩谷選手のFKが認められていれば広島は守備を固めるだけだったのでこんなことにはならなかったのにね。
なお、連勝中で2ndステージ2位につけていた神戸がオウンゴールなどで守備が崩壊して仙台に敗れる波乱。
これで逆転優勝の可能性がなくなりました。
同じく年間順位でわずかに可能性を残していたG大阪・柏もそろって進出の目が消滅。
CSは鹿島・浦和・川崎で争われることが正式に決まりました。
2ndステージは勝点差で6あるので、ほぼ浦和。
残されたのは年間順位のみとなりました。
77 名前:常連の774さん 投稿日:2016-10-27 00:46:30 (木)
Jリーグ 2nd 第16節

10/29(土)
鹿島 - 川崎F
柏 - 大宮
FC東京 - 仙台
湘南 - 甲府
磐田 - 浦和
G大阪 - 新潟
神戸 - 名古屋
広島 - 福岡
鳥栖 - 横浜FM

見所:
残すところも@2節+CSのみ。
逆転での年間1位を目指す川崎にとっては負けられない試合が続く。
浦和の残り対戦相手は磐田・横浜なので、波乱があるとすれば今節か。
残留争いをしている磐田は死にものぐるいで来るはず。それをいなせるかいなか。1stステージでは守備を固めた磐田を崩しきれずに負けている。今回も同じゲーム展開になりそう。
一方の川崎も難敵の鹿島が相手。
現在の順位だとCSで対戦する相手なので負けるわけにはいかない。というか負けないと思うが。
川崎の問題はむしろ次節に待ち構えているG大阪か。
勝点3の間に4チームがひしめく残留争いでは、甲府が湘南と磐田が浦和、名古屋が神戸、新潟が大阪とそれぞれ対戦。
すでにCS進出の可能性が断たれたチームは来季に向けて若手or控えメンバーを試すはずなので、甲府・名古屋・新潟はそこに一縷の望みがある。とくに甲府と名古屋はかなりのチャンス!

ピックアップゲーム:
鹿島 - 川崎F

78 名前:常連の774さん 投稿日:2016-10-30 16:57:57 (日)
Jリーグ 2nd 第16節 結果

鹿島 0 - 1 川崎F
柏 1 - 2 大宮
FC東京 1 - 0 仙台
湘南 1 - 0 甲府
磐田 0 - 1 浦和
G大阪 3 - 1 新潟
神戸 3 - 0 名古屋
広島 4 - 1 福岡
鳥栖 2 - 2 横浜FM

回顧:
虎の子の1点を守り切った浦和が2ndステージ優勝!
攻めて攻めてなかなか点が入らない時はこのまま引き分けかと思いましたが、武藤選手のヘディングが見事に決まりました。
磐田はGKのカミンスキーがすごいですね。カミンスキーがいなかったら磐田はすでに降格してそう。それぐらい活躍していました。勝点差わずか1で年間2位に着ける川崎はCSで対戦が予想される鹿島に0-1で勝利。
ただゲーム全体は鹿島が押していました。しかもまたもや鹿島のゴールが取り消されるという。ここ数試合川崎は審判に助けられていますね。あんなことされたら鹿島は逆にCSで燃えるのではないでしょうか。
川崎は次節G大阪と対戦。逆転での年間1位を目指します。
浦和は横浜FMと。どちらも厳しい相手ですが、どちらかというと浦和は横浜には相性が良さそうな気がします。

そして年間1位争い以上に盛り上がっているのが”降格”争いです。
(降格争いと書くと残留争いだろ、というツッコミが来そうですが、端から見ていると本当に降格を争っているように見えるから不思議です)
今節は残留争いをしている4チームが揃って負けるという珍事が。
この時期になると、すでに優勝の目がなくなったチームは来季へ向けて若手を起用したりして、モチベーション的にも残留争いをしているチームが勝つこともままあるのですが……。
名古屋は3-0と得失点の争いで厳しい失点となりました。

年間順位(下位)
13.ジュビロ磐田 33 -14 vsA仙台
14.ヴァンフォーレ甲府 31 -25 vsH鳥栖
15.アルビレックス新潟 30 -15 vsH広島
16.名古屋グランパス 30 -18 vsH湘南

唯一アウェーでの試合となるジュビロ磐田は得失点の関係上、ボコボコにされない限りセーフ。
となると危険なのは残り3チームのどれかということに……。
79 名前:常連の774さん 投稿日:2016-11-01 22:10:54 (火)
Jリーグ 2nd 第17節

11/3(木)
仙台 - 磐田
鹿島 - 神戸
浦和 - 横浜FM
大宮 - FC東京
川崎F - G大阪
甲府 - 鳥栖
新潟 - 広島
名古屋 - 湘南
福岡 - 柏


見所:
泣いても笑っても2016シーズンリーグ戦、最終節です。
年間1位・CS試合組み合わせ・降格チーム、この3つすべてが1日で決定します。
Jリーグファンにとってシーズン開幕前のワクワクの次に楽しみな1日と言えるかもしれません。
見所はなんといっても年間1位を勝点差1で競っている浦和と川崎のゲームです。
この試合は、浦和vs横浜FMがNHKで、川崎vsG大阪がBS1で生中継されます。
ピックアップゲームに浦和でなくて川崎の試合を取り上げたのは、川崎が負けそうなのとここの試合如何では、CSもポロッと負けそうな気がするからです。それぐらい今の川崎は調子が悪い。審判の助けがなければここまで勝点を拾えてなかったでしょう。
前節で負傷交代した小林悠選手が欠場予定。対するG大阪もすでに来季を見据えた若手起用が始まっています。そういうのを含めて等々力でのゲームなので川崎がやや有利か。審判のジャッジにも注目です。
勝てば文句なしで年間1位が決定する浦和は1stステージで引き分けた通り、しょっぱい試合が待っていそう。またスコアレスドローも十分にありえます。浦和は連勝中ですが横浜もここ5試合負けていない。埼玉スタジアムでチケットが完売したそうなので勝ちそうに見えてそこで負けるのがここ数年の浦和です。勝てば昨季広島が記録した年間最多勝点74の記録を抜いて76になります。

年間順位(下位)
13.ジュビロ磐田 33 -14 vsA仙台
14.ヴァンフォーレ甲府 31 -25 vsH鳥栖
15.アルビレックス新潟 30 -15 vsH広島
- - - - - - - 降格ライン - - - - - - -
16.名古屋グランパス 30 -18 vsH湘南

16位の名古屋がピンチですが、他の3チームがすべて勝利するとは思えないので勝てれば残留でしょう。
新潟は主力4選手が欠場だけに一番危なそうですが、対する広島も主力(ミキッチ謹慎、千葉ドーピング疑惑)がいない+若手起用がはじまっているので五分。得点王争いのウタカはレンタルため来季構想外=先発を外れますしね。しかも森保監督は新潟で修行していたという縁もあるし、もしかすると手を抜いてくれるかも(?)
ジュビロは仮に負けたとしても得失点の関係上、降格はほぼない。
となると甲府が地味に危ないかも・・・。
試合はいずれも中継がないのでネットで情報を逐一確認するしかありません。


ピックアップゲーム:
川崎F - G大阪

80 名前:常連の774さん 投稿日:2016-11-04 21:56:45 (金)
Jリーグ 2nd 第17節 結果

仙台 0 - 1 磐田
鹿島 0 - 1 神戸
浦和 1 - 1 横浜FM
大宮 0 - 1 FC東京
川崎F 2 - 3 G大阪
甲府 0 - 1 鳥栖
新潟 0 - 1 広島
名古屋 1 - 3 湘南
福岡 0 - 4 柏

2ndステージ 最終順位
1.浦和レッズ 41
2.ヴィッセル神戸 35
3.川崎フロンターレ 34
4.ガンバ大阪 34
5.柏レイソル 30
6.大宮アルディージャ 30
7.横浜Fマリノス 29
8.サガン鳥栖 29
9.FC東京 29
10.サンフレッチェ広島 26
11.鹿島アントラーズ 20
12.ベガルタ仙台 20
13.ヴァンフォーレ甲府 16
14.ジュビロ磐田 13
15.名古屋グランパス 13
16.アルビレックス新潟 12
17.湘南ベルマーレ 11
18.アビスパ福岡 8

回顧:
2016シーズン最終節にてホームチームが未勝利という珍事が起きました。
唯一浦和が引き分けただけで、他はホームチームがことごとく負けました。
こんなこと1年に1回あるかないか。日本は国土が狭いため元々ホームとアウェーの差がほとんどないと言われていましたが、まさにその通りの結果が出ました。(応援が少ないほうがプレッシャーがかからず実力を発揮+相手チームの応援が多いほうが反発心が生まれる可能性も)

火曜に予想した通り川崎がG大阪に負け、浦和が横浜FMと引き分けるという結果に。
やはり川崎はかなり調子が悪いですね。川崎らしいコンビネーションで2点先制したときは圧倒するかと思ったら、後半に入って立て続けに失点。守備に回った時のドタバタはまるで去年までの川崎を見ているようでした。春先はもっと守備に重点を置いていた気がするのに、ちょっとずつコンセプトが薄れてきたのかも。
浦和は守備意識の高い横浜相手に手こずるも後半に入って先制に成功。その後、マルティノスへ縦パスを入れられ、1対2で間を割られて失点。引き分けに終わりました。浦和はカウンターというかシンプルな縦ポンに弱いですね。これは中盤からプレスをかけるという戦術上仕方ないのかも。ただその後は無理に攻撃に行かずに引き分け狙いに。この時には一部の選手には川崎が負けているという情報が入っていたみたいです。(ハーフタイムには川崎が2点リードしているという情報が入って焦っていたらしい)去年までの浦和ならバランスを崩して攻撃をして失点するというパターンだったのに、ルヴァンカップを制したことで余裕が出来たのかな。
これによって年間1位は浦和、2位に川崎となりました。
勝点は浦和が74で、去年広島が記録した年間最多勝点記録に並びました。
なお、最終順位はCSの結果で変わります。
まず11月23日に川崎と鹿島がゲームをして、勝者が(11月29、12月3日)のHA形式で年間1位の浦和と決勝を行うことになります。
優勝チームには2016シーズンリーグ王者という勲章と、クラブワールドカップ出場権が与えられます。
今年はヨーロッパ王者としてレアルマドリードが来日予定なので、勝ち進めば決勝でレアルと対戦できるかも。

 もう片方の見所であった残留争いは名古屋があっさり降格してしまいました。
闘莉王が復帰する直前に書いたコラムで、ミッションの成功確率はズバリ10%と書きましたが、やはり90%の壁は高かったみたいです。結果論ですが、勝点で並んでいた新潟が負けたため、前節か今節のどちらかで引き分けに持ち込めていれば残留できただけにもったいない気がします。しかも、相手はすでに降格が決まっていた湘南だけに、先制点さえ与えなければ勝てる相手だったと思います。それが開始早々……。他会場の速報が入って名古屋が先制されたってわかったときにはグランパスサポーターでない自分でも「うわぁ・・・」と思いました。ぶっちゃけ引き分け狙いというセコイ考えでよかったのに。
 これでオリジナル10でJ2降格を経験していないのは、横浜と鹿島になりました。
 鹿島も最近バタバタする時期があるし、横浜は横浜で世代交代がうまく進んでないきらいがあるので、そのうち降格するかも。。。ちなみにシーズン開幕前の順位予測で、降格候補に名古屋を上げていました。はからずも予想が当たったわけです。まあ、プレシーズンマッチで連敗してたので、一部解説者も今年の名古屋は危ないかも(スカパー?)とは言ってましたけど。
81 名前:常連の774さん 投稿日:2016-11-06 14:56:38 (日)
J2面白くなってきました。
82 名前:常連の774さん 投稿日:2016-11-06 15:22:03 (日)
まさか札幌がここに来てバタバタするとは。
ちょっと前までは優勝目前って言われていたのに。
CSまで間があるので、J2のコラムでも書いてみます。
83 名前:常連の774さん 投稿日:2016-11-09 20:53:09 (水)
J2 昇格争い

 J1は年間1位が決定しましたが、J2も優勝・昇格争いが佳境を迎えています。
 1・2位は自動昇格、3~6位は昇格POとなります。
 なお、昇格POの決勝は12月4日です。
 (J1・CS決勝は12月3日)

J2 第40節終了時点 順位/勝点/得失点
1.北海道コンサドーレ札幌 81 +31
2.松本山雅FC      81 +30
- - - - - - - - 自動昇格 - - - - - - -
3.清水エスパルス     78 +46
4.セレッソ大阪      72 +14
5.京都サンガFC     66 +12
6.ファジアーノ岡山    64 +15
- - - - - - - - プレーオフ - - - - - -
7.FC町田ゼルビア    59 +7
8.横浜FC        58 +0
9.徳島ヴォルティス    54 +2
10.愛媛FC       53 +1
11.ジェフユナイテッド千葉52 +0
12.レノファ山口FC   49 -10
13.水戸ホーリーホック  47 -2
14.Vファーレン長崎   47 -9
15.ザスパクサツ群馬   44 -11
16.モンテディオ山形   43 -9
17.東京ヴェルディ    43 -15
18.ロアッソ熊本     43 -15
19.FC岐阜       40 -25
20.カマタマーレ讃岐   39 -20
- - - - - - 降格ライン - - - - - - - - -
21.ギラヴァンツ北九州  37 -18
22.ツェーゲン金沢    37 -24

 残りは2節です。
 現在、自動昇格争いで札幌と松本が81で並び、3位の清水が勝点差3で追いかけています。
 3チームの残り対戦相手は
札幌:A千葉(11位)・H金沢(22位)
松本:A町田(7位)・H横浜FC(8位)
清水:H岡山(6位)・A徳島(9位)
 対戦相手では最下位金沢との対戦が残っている札幌が有利みたいです。
 ただ最終節までに金沢の降格が決まっていないと、逆に難敵になるかもしれません。

上位3チーム最近5試合の成績
札幌:△●●○●
松本:○△○○○
清水:○○○○○

 勢いは完全に清水と松本です。とくに清水はリーグ戦7連勝中。複数得点も継続中と攻撃陣が絶好調です。
 松本も引き分けを挟みつつ16戦負け無し! これが夏まで札幌が独走していながら猛追された最大の原因ですね。
 札幌はスコアレスドローの試合が増えているなど、攻撃陣が沈滞ムード。

 ちなみに今年J1で4位と上位に食い込んだ大宮は、昨年勝点86でJ2を制覇しました。2位のジュビロが82。
 3チームともジュビロのの82は超えてきそう。

 残り2試合予想戦績
札幌:〇千葉・△金沢
松本:△町田・〇横浜FC
清水:〇岡山・〇徳島

1.北海道コンサドーレ札幌 85
2.松本山雅FC      85
- - - - - - - - 自動昇格 - - - - - - -
3.清水エスパルス     84

 得失点では46と清水が圧倒しているだけに勝点で並べば有利ですが、ここまで来て上位の2チームが連敗するとは思えない。
とくに松本は16戦負け無しだけに1勝1分け以上で通過するのが濃厚です。そう考えると勝点は85に到達することとなり、2連勝しても84までにしか伸ばせない清水はどうしようもありません。
 上位2チームの残り試合で最も負ける可能性が高い試合を上げるとすれば、次節で松本が対戦する町田戦でしょうか。町田は現在7位につけていて6位の岡山とは勝点差5なので昇格PO進出するためには絶対に勝たなければいけない試合となっています。ただ得てしてそういう試合は得点が取れないんですよね。あとはやはり最終節の金沢戦。そこまで優勝が決定してなかったら絶対に緊張すると思うんですよね、札幌が。他会場の試合経過も気になるでしょう。
 清水はゲームハイライトを見ましたが負けないと思います。あれはかなり強いチームというかチームに自信が溢れているように見えました。まるで去年の終盤に連勝していた福岡みたい。
 よって 札幌と松本の順位は入れ替わる可能性があるとしても、清水の自動昇格は難しいと思います。POへ回ることになるでしょう。
84 名前:常連の774さん 投稿日:2016-11-23 00:39:11 (水)
CS準決勝

 J2も最終節が終了して、自動昇格・降格、プレーオフが決定しました。
 2週間前の予想ではコンサドーレと松本山雅が自動昇格して染みずがPOに回ると書きましたが、松本山雅が町田との試合を落としたことにより得失点差で上回った清水が2位に滑り込みました。
 最終順位は以下の通りです。

J2 最終順位 勝点/得失点
1.北海道コンサドーレ札幌 85 32
2.清水エスパルス     84 48
- - - - - J1昇格 - - - - -
3.松本山雅FC      84 30
4.セレッソ大阪      78 16
5.京都サンガFC     69 13
6.ファジアーノ岡山    65 14
- - - - - 昇格プレーオフ - - - -
7.FC町田ゼルビア    65  9
8.横浜FC        59 -1
9.徳島ヴォルティス    57  4
10.愛媛FC       56 -1
11.ジェフユナイテッド千葉53 -1
12.レノファ山口FC   53 -8
13.水戸ホーリーホック  48 -4
14.モンテディオ山形   47 -12
15.V・ファーレン長崎  47 -12
16.ロアッソ熊本     46 -15
17.ザスパクサツ群馬   45 -14
18.東京ヴェルディ    43 -19
19.カマタマーレ讃岐   43 -19
20.FC岐阜       43 -24
- - - - - J3入れ替え戦 - - - - -
21.ツエーゲン金沢    39 -24
- - - - - J3降格 - - - - - - - -
22.ギラヴァンツ北九州  38 -21

 金沢が首位札幌相手に引き分けたため、最終節を落としたギラヴァンツ北九州がJ3へ降格。
 J3を制した大分が1年でJ2に復帰してきます。
 なにやら大分を率いる片野坂監督がすごいとか。
 ツエーゲン金沢はJ3・2位の栃木SCと11月27日(日)に入れ替え戦を行います。
 それにしてもJ2の上と下の詰まり感がすごい。
 これはJ2のレベルが上がったのか、はたまたドングリの背比べが起きているのか。最終節で首位・札幌が最下位だった金沢相手に見せた自陣でのパス回しを見るとなんとなく後者のような気がしますが……。札幌は1年でリターンしそうな気も。
 昇格プレーオフは、
 11月27日
 松本山雅FC vs ファジアーノ岡山
 セレッソ大阪 vs 京都サンガFC
 の試合が行われ、
 12月4日(日)に、それぞれの勝者による1発勝負の決勝が行われます。
 個人的にはファジアーノ岡山かセレッソ大阪に勝って欲しいけど、どうなることやら。
 松本山雅は自動昇格を逃して緊張の糸が切れてないか心配です。


 そしていまから12時間後にJ1・CS準決勝が行われます
 川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ
 14:00~NHK総合で中継されます。
 ルールが変わり、今年はアドバンテージとして引き分けの場合には延長戦を行わずに川崎フロンターレの勝利となります。
 去年からこのルールがあれば浦和はあんなことにならずに済んだのに……。
 予想フォーメーションだと川崎は中心選手の中村憲剛選手と小林悠選手が欠場?
 小林悠はまだいいとして中村憲剛選手がいないとかなり厳しいのでは。そうでなくても2nd16節の試合では0-1で勝てたとはいえ押されまくっていたのに。
 もし先制点を鹿島が取るようなことがあれば、去年の浦和の二の舞になりそうです。
 終盤まで0-0でも、相手は勝負強い鹿島だけに危ういです。
 予想では、2-1で鹿島!

 決勝は浦和vs鹿島の赤い因縁対決が行われるのではないでしょうか。
 というのも、去年のCSに似てるんですよね。
 一発勝負に強いアントラーズがガンバで、72も勝点を稼いだのに年間1位を取れなかった川崎が浦和で、決勝で待っている浦和が最多勝点74タイ記録の広島という感じでしょうか。
 どちらにしても楽しみな試合です。優勝チームはCWCに地元代表として出場するので、ファンじゃなくても見がいがあります。
85 名前:常連の774さん 投稿日:2016-11-23 23:41:22 (水)
予想通り川崎が負けました。
鹿島は勝負強いですね。
というか第16節で勝っていたのが川崎にとってはマイナスだったかも。
中村憲剛選手が出てからは落ち着いていたけど、小林悠選手がいないのが響いていたのか、川崎らしいコンビネーションがあまり見られませんでした。
むしろ鹿島の堅守が目立っていました。
これは浦和もおちおちしていられないですね。
86 名前:常連の774さん 投稿日:2016-11-28 18:05:38 (月)
CS決勝

 いよいよ明日CS決勝第1戦がカシマスタジアムで行われます。
 試合はTBS系列で19:00~生中継されます。
 そういえば宮崎とかはチャンネルが2つしかないと聞いたことがありますが、どうなるのだろう。
 話はそれますが、土曜日にはACL決勝・第2戦が行われ、1-1となり、第1戦で買った全北が優勝しました。
 この試合には元Jリーガーのカイオやドウグラスなど日本になじみの深い選手も出ていました。BSで録画放送されたのを見たけど、ドウグラスがPKを豪快に外していました(ノ∀`)
 あれが決まっていればアルアインが俄然有利だったのに。
 これで年末に日本で行われるクラブワールドカープに、アジア代表として全北現代モータースが参加することになります。
 で話を戻して、今回のCS決勝はJリーグの年間王者を決定する大事な試合であると同時に、CWCに開催国代表として出場するチームを決める試合でもあります。と前回も書きましたが、大事なことなので2回書きました。
 来年以降はアラブ首長国連邦(UAE)で行われるため、ACLを優勝しないと出場できないことになります。そして勝ち抜いて決勝まで進めばC・ロナウドのいるレアルマドリードと戦える!! 去年のサンフレッチェも惜しいところまで行ったんですけどね。準決勝の試合は完全に押してて、決定機を外しまくって最後にミスをして負けてしまいました。
 ヤフコメの予想フォーメーションだと、
A浦和
     西川
  森脇 遠藤 槇野
駒井 柏木 安倍 宇賀神
   李  武藤
     興梠

H鹿島
  金崎   土居
ファブリ 小笠原 永本  遠藤
山本  昌子  ファンソッコ 西
     曽ヶ端

 となっていました。
 ちなみに両チームの対戦成績は
1st 浦和 0-2 鹿島
2nd 鹿島 1-2 浦和
 と1勝1敗。どちらもHチームが負けるという結果になっています。

 うーん、李忠成選手を先発で使うのかな。
 2ndステージでは交代出場した李の2ゴールで逆転勝ちしただけに、切り札として取っておく可能性もあるけど。その場合はいつも通り高木選手が先発になるはず。
 鹿島は柴崎選手がギリギリ間に合ったというニュースを読んだ気がしたのですが、名前がありませんね。そうなると浦和に押し込められる時間が長くなりそう。川崎戦の時のように守備を固めてカウンター狙いでしょうか。その川崎戦では中央をかなり閉めてボールを取りにいく(奪えたらそこからカウンター)わりに、サイドは緩くしているように見えました。
 浦和は後半になるとズラタンという高さのある選手が控えているのでそれがどうでるか。
 試合間隔が開いているだけに試合の入りが難しそうですが、最初の30分をうまく乗り切れれば浦和有利の気がします。なにより浦和には攻撃のオプションが多いです。最後に控えているGKの西川は優勝経験も豊富ですし、そういう意味でも浦和が勝ちそうな気がします。
 鹿島側とすればいかに早く先制点を取れるかでしょうね。
 去年のガンバ大阪も先制点を上げて、ゲームをうまくコントロールしていました。残り5分まで。
 その後はJリーグファンなら覚えていると思います。

 1戦目はズバリ0-0!!
 両チームとも手堅く入ってそのままのよかーん。
 ここのところぐっと気温が下がりましたし、カシマスタジアム寒そうだし、点の取り合いには成り辛いと思うんですよね。
 気温と同じくTV観戦も寒くなりそう。
87 名前:常連の774さん 投稿日:2016-12-03 00:12:48 (土)
CS決勝2
 今日はCS決勝第2戦です。場所は埼玉スタジアム。
 NHKで19:30~中継があります。
 1戦目は1-0で浦和の勝利となりました。
 戦前の予想で0-0になるのではと書きましたが、PKによる得点なので実質0-0ですね。
 そのPKも怪しい判定でした。
 リーグ戦ならPKになってなかったと思います。それ以外にも鹿島には辛い反対が多かった気がします。
 おそらく審判というよりJリーグ首脳には、年間勝点1位の浦和に優勝してほしいという意向があるのではないでしょうか。なかったとしても、その思惑に審判が引きずられた気がします。
 PKを除くと、やや鹿島が押していたような。ただ決定的な場面というとあんまりなかったような。神ゲームといわれた去年のCS決勝1戦目に比べるとかなり低調でした。といっても1戦目はどちらも守りから入るのでしょうがないとも思うんですよね。
 これで鹿島は2戦目は最低でも2点以上取る必要が出てきました。浦和は1点でも取ればその時点で99%優勝でしょう。1戦目を勝ったチームが100%優勝しているというデータ通り浦和の圧倒的優位は動かないと思います。
 鹿島の予想スタメンに柴崎選手の名前があります。金崎選手の名前がない?? トップの位置には土居・赤崎となっているけど、賭けに出るつもりなのか。勝ったらΣ(゚Д゚)スゲェ!!ってなるけど。
 前半から鹿島の猛攻が見物です。チケット完売の超満員のスタジアムということもあり、1戦目より絶対に盛り上がるはずです。前評判通りに勝負強い伝統を見せられるか。
 予想では鹿島2-1浦和で、浦和の10年ぶりのリーグ優勝だと見ています。
88 名前:常連の774さん 投稿日:2016-12-03 20:09:44 (土)
Aゴールは2倍なので、2-1で鹿島が勝つと、鹿島の優勝でした。
どちらにしても鹿島は2点取れないとダメですね
1 | 2

認証コード:
名前:
本文: