登録者数:89
作品閲覧
http://pncr.jp/
アジュールロー
4
create
2014 / 06 / 27
today
5
total
907

 
 画面の詩織ちゃんは体だけこちらを向けて立っていた。
 火照った顔をやや横にして、体の前で両腕を横に重ねてそれぞれ肘を掴み、タンクトップの乳首をたたせていた。愛くるしい瞳はすっかり潤んでしまっている。ぐっしょりと濡れたランニングパンツの股間には、ずれた土手とスリットの形がいまもはっきりと確認できた。

 私は「最高だったよ。すごく興奮した。ありがとうね」と感謝の気持ちを伝えた。
 詩織ちゃんの体がぶるっと震えた。いまさら恥ずかしさがぶり返してきたように肌がなめらかに上気していた。たぶんいまの詩織ちゃんはスイッチが入ってると思った。すこしぐらい無茶な命令でも聞いてくれそうな雰囲気があった。
「詩織ちゃんも興奮した?」
 無言。
「どうしたの? 急に無口になったね。おじさんは詩織ちゃんのエッチなポーズを見てドキドキしちゃったよ」
 私は画面の向こう側の彼女にもわかるようにじっくりと彼女の体を順番に眺めていた。三つ折りの白いソックス、スーポーティーな脚線、むっちりとした雪白い太腿、赤いランニングパンツ……。どのパーツも人形のように美しかった。とくに理知的な美少女の詩織ちゃんが憂いのある表情を浮かべているのが最高だった。お嬢様の雰囲気もある。タンクトップの肩口から鎖骨のラインにかけて赤い髪の垂れかかかって、色っぽく色づいていた。

「熱い? 熱かったら着てる服を脱いでもいいんだよ」
 詩織ちゃんは、それを私なりの冗談と受け取ったらしくぎこちなく笑っていた。指先で胸元の髪をいじって、恥ずかしそうに横を見る。エロイプ初心者ならではの、日常と性的好奇心の狭間で心が揺れ動いている女の子の顔をしていた。
 私は詩織ちゃんも迷っているなと思った。まだいけそうだった。
「すこしだけランニングパンツを下げてみようか」
「!? そんなの無理です」
「すこしだけだよ、すこしだけ。ローライズのジーンズだと思えば平気だよね」
「でも……」
「なにか問題でもあるのかな。昨日したのより簡単でしょ?」
 詩織ちゃんが視線を横に落としていた。胸の下で横にしていた両腕を動かした。赤いランニングパンツのゴムに親指を引っ掛けて、ゆっくりとずり下げていった。
「もうすこしがんばって、もうすこし。そうそう、いい子だね。いい子だよ、詩織ちゃんは。えらいよ。よくできた」
 詩織ちゃんは私の誘導に従って半分ぐらい下げてくれた。腰周りと下腹部を覆う、小さなリボンの飾りがついた純白の下着の切れ込みが斜めに見えていた。生地はコットンだと思う。ちょうど土手の高さにランニングパンツの淵があった。ぐっしょりと濡れた股間はあいかわらず割れ目の形に食い込んでいた。
「パンティーが半分見えてるね」
 私はわざと彼女の羞恥心をくすぐるように言った。
 詩織ちゃんの唇は私に向かって「おじさんのエッチ」と言いたそうに見えた。彼女の内面でいろいろな感情が交錯しているのが見えるようだった。果たしてこれまで何人の男が詩織ちゃんの下着を想像しただろうかと考えた。きっと黒や赤の下着は持ってないのだろうなと思った。

「おかげですごく色っぽくなった。そのままシャツをめくろうか。おっぱいの下が見えるまで頑張ってごらん」
 今度は空色のタンクトップの裾を両手で握った。両腕の肘を左右に曲げて、まるで全校生徒の前で裸になるみたいな手つきで慎重にめくる。健康的に引き締まった腹部に、なめらかに肋骨のラインが浮いた体が見えてくる。量感のある膨らみの下半分が見える高さまで手を動かしてくれた。「これ以上は無理です」と言ってしっかりと握り締める。あとちょっとで乳首が見えそうなギリギリのラインだった。
「ハアハア、すごいよ、詩織ちゃん。おじさん、感動だよ。大きなおっぱいの下半分が出てる」
「見ないで。こんなの立ってられない」
 詩織ちゃんは恥ずかしさから逃げるように顔を横にそむけていた。
「すごく大きなおっぱいだよね。昨日、84センチって教えてくれたけど、ほんとはもっとあるんじゃないの?」
「いやぁ、ゆわないで」
「ほんとは何センチ? ほんとのことを言わないと、この映像を動画サイトに投稿しちゃうよ」
「だめ、困りますっ!」
「冗談だよ、冗談。そんなことするわけないよ。ささ、教えて」
「……は、89センチです」
「うほおっ!」
 私は思わず若者のような奇声を発してしまった。予想を1センチ超えていた。どうりで迫力があるわけだと感心した。この細身の体とあどけない顔で89センチのバストは反則だろうと思った。しかも詩織ちゃんはまだ高校2年生の女の子だ。この先男を知ったらどんな体に成長するのか逆に心配になった。
「よくないな。どうしてウソをついたのかな? おじさん、悲しいよ」
「……そういう目で見られると嫌だから」
「なるほど。それでか。学校の身体測定とかで、わざと小さく申告してごまかしてたのかな。ブラジャーも小さいのをつけて締めつけたりして」
 詩織ちゃんは弱々しくうなずいていた。たしかに思春期の女の子にとって、自分の体の一部を男子に好奇な視線で見られるのは辛いことだろう。とくに真面目な性格だとそうなのかもしれない。私は、詩織ちゃんは他人からのイメージを重視するタイプなのかもしれないと思った。仮にそうだとしたら学校での詩織ちゃんは、優等生とかきらめき高校のスーパーアイドルとしてのイメージを守ろうとしていることになる。
「もったいないよ。せっかくそれだけ立派なおっぱいをしてるのにさ。肌も綺麗だし。いつぐらいから大きくなったのかな? 小学校?」
「……たぶん」
「小学校何年生? 5年生?」
「ちがいます。6年生ぐらいです」
 私はうつむいた詩織ちゃんが胸下からお腹までとパンティーの上半分を見せている姿にムラムラしてきた。小学校6年生の詩織ちゃんも相当な美少女だったろうなと妄想していた。
「ウソをついた罰に、もうちょっとだけシャツをめくろうか」と言った。
「許して、これ以上むりです」
「大丈夫。詩織ちゃんならできるよ。ちょっとだけ勇気を出してごらん。それでウソをついたのを水に流してあげる」
 詩織ちゃんはその場から逃げたそうに震えていた。潤んだ瞳でウェブカメラを見つめる。もう泣きそうだった。
 右手をわずかに動かして、乳首がチラッと見えるようにした。それが彼女の限界みたいだった。
「いいねえ。よくできたね、詩織ちゃん」
 最高の眺めだった。いままでと違い、詩織ちゃん理解したうえで乳首を見せてくれていることが満足だった。ほんとうに大きくて白くて柔らかそうだった。はりのあるカーブで、ツンと上を向いている。私がこれまで見てきたおっぱいの中でも断トツに揉みごたえのありそうなおっぱいだった。
(あんなに乳首をぷっくりさせて。よほど恥ずかしいんだな。これは大事件だぞ)

 私は俄然鼻息が荒くなった。意識は完全に詩織ちゃんの大きなバストに集中していた。いますぐ詩織ちゃんのデカパイを揉みくちゃにして、可憐な乳首を交互にしゃぶりたいと思っていた。
「ハアハア、これが89センチのおっぱいか。ほんとでかい。乳首は小学生みたいだね」
「あんまり見ないでください。恥ずかしくて死にそう」
「だめだよ、しっかり見せて。隠したら全裸で大開脚してもらうよ。このおっぱいをいままで誰かに見せたことはあるの?」
 詩織ちゃんは悔しそうに首を振っていた。どうしてそんなことを聞くのと、私を恨むような顔をしていた。
「触らせたことも吸わせたこともない?」
 今度は強く縦にうなづいていた。
「そうだよねえ。きらめき高校のマドンナだもんねえー。男子生徒憧れの詩織ちゃんがそんなイケないことするわけないよね」
 私は身を乗り出して、画面の中の詩織ちゃんのおっぱいを食い入るように眺めていた。
 詩織ちゃんは赤い髪に顔を隠すようにうつむいた。そうすると黄色いヘアバンドが正面に見えた。
「痴漢とかあったことないのかな?」
「……ありません。いつも歩き」
「バスも乗らないんだ」
 それじゃ痴漢経験はあるわけないかと思った。でも、おかげで詩織ちゃんの家が私のアパートからそれほど遠くないと予想できた。学校帰りに私の部屋に寄ることも可能なわけだ。
「いまおじさんがどういう気持ちかわかるかな?」
 詩織ちゃんは、慎ましい肩にかかった赤い髪を上品に揺らしていた。
「おじさんはね、詩織ちゃんのおっぱいを両手で思いっきり掴んで揉んで、乳首をベロンベロンに舐めてあげたいって思ってるんだよ」
 私がヘッドセットのマイクを通して詩織ちゃんの耳に語りかけると、まるで体を触れられたみたいにヘアバンドごと頭が傾いた。何かがこみ上げてくるのを必死で我慢するように唇をかみ締めている。乳首がさっきよりもエッチに突起した。
「どう、おじさんにおっぱいを触られたり舐められたりしてもいいかな? 詩織ちゃんの乳首が擦り切れるまでチューチュー吸ってあげるよ」
 詩織ちゃんの全身が赤く染まった。透き通るような肌がじっとりと汗ばんでくる。
 そうして詩織ちゃんは、私の目を盗んで内腿と内腿をしきりに擦り合わせていた。半分ずり下げたランニングパンツの染みが内股のところまで広がる。どうやら無意識に股間を刺激しているようだった。
(あーあ、そんなことをしたらかえって逆効果なのに。このぶんだとアソコの毛も薄そうだな。あとすこしでマンコも見せてくれるんじゃないのか)
 私はさらに彼女の秘部が熱を帯びてほぐれるのを願っていた。そうなれば間違いなく収まりがつかなくなる。きっと誘惑に負けてもっと破廉恥で大胆な姿を見せてくれるだろう。私はぜひ詩織ちゃんのフルヌードを拝みたいと思っていた。清純で可憐、きらめき高校で一番人気のある美少女の裸だ。

「顔を上げて、ちゃんとカメラを見て。詩織ちゃんはいまどういう気持ち? 話してみて」
「……とても恥ずかしいです」
「それだけ?」
「胸がドキドキします」
「体も熱くなってるんじゃないの?」
「それは……」
「お願いだから正直に話してね。どうせおっぱいも見せてくれたんだし、いまさら隠し事をする必要もないだろ?」
「……なっています」
 私は、よしよしと内心ほくそ笑んでいた。
「どんなふうに熱いの? めまいがするとか、体の力が抜けそうとか、詳しく教えて」
「頭がぼーっとして、それから体がふわふわして自分の体が自分のじゃなくなるみたいに熱いです」
 花びらのような唇がしっとり濡れていた。答えながら詩織ちゃんは表情をトロンとさせはじめていた。ずっと内腿を擦り合わせて股間を刺激していた。クチュクチュと音がしそうなぐらいだった。タンクトップをめくっている指先も力が失われているように見えた。
「他にもへんな感じがするんじゃないのかな?」
「あの……」
「心配ないよ。ここでの会話は詩織ちゃんとおじさんだけの秘密だよ。誰にもバレないからね」
「……します」
 私はかかったと思った。
「どこがへんなのか当ててあげようか。当たったら詩織ちゃんがおじさんのお願いをひとつきくことね」
「だめ。そんなの約束できない」
「おかしいな。当たらなかったら関係ないだろ」
「そうだけど」
「ズバリ、詩織ちゃんはオマンコが感じてるんだよね」
 その瞬間、詩織ちゃんが両目を閉じて口を開けていた。まるでオマンコという卑猥な単語だけでイッたみたいに胸を反らして、大きなバストを揺らしていた。たくしあげたタンクトップを握り締めて「んんうー」と小鼻をふくらませる。瞼をしっかりと閉じていた。
「はあはあ」と吐息をもらしていた。
「どうやら当たりみたいだね」
「ずるいです、こんなの」
「ごめんね。それも詩織ちゃんがすごく魅力的だからだよ。どうしても詩織ちゃんに言って欲しいことがあってね」
 私が素直に謝りつつ彼女のプライドをくすぐると、詩織ちゃんは複雑な表情をしていた。たぶん怒っていいのか拗ねていいのかわからなくなったのだと思う。それかライブチャットでアソコがほぐれて、清純な心までエッチにとろけてしまったか。
 私はこれならうまくいけるはずだと期待していた。
 ごにょごにょと耳打ちした。もちろんヘッドセットで会話をしているのだからそんなことをする必要などないのだけど、そういうふうに伝えたかった。
「!!」
 私の頼みを聞いた詩織ちゃんはカーッと顔が赤くなっていた。顔を斜めにして視線を挙動不審に動かしている。
「困ります……いきなりそんなこといわれても……」
「だよね。無理なら言わなくてもいいよ。こういうのは気持ちが重要だしね」
「それなら……私」
「でも、もししてくれたらおじさんすごく嬉しいな。また詩織ちゃんのこと好きになれると思うんだよね」
 私の好きという言葉に敏感に反応して詩織ちゃんの頬が赤く染まる。
 信じられないことに詩織ちゃんはいわゆる『ときめき状態』になっていた。たぶん常軌を逸したエロイプの連続に彼女の中で歯車が狂っていた。恋をした少女のようにもじもじしていた。
「詩織ちゃんだってもっといろんなことを教えてほしいでしょ」
「それは……」
「よく考えてみてね。おじさんならとっても素敵なセックスを詩織ちゃんにしてあげられると思うんだけどな」
 画面の中で詩織ちゃんが潤んだ瞳を揺らしていた。沈黙が続く。いろいろな気持ちが彼女の中で渦巻いているようだった。きっと詩織ちゃんはいま、私にセックスされている自分を想像していると思った。もしそうなら彼女が選べる答えはひとつしかない。
「……わかりました」と彼女が言った。
 祈るように両手を胸のところに重ねて、濡れた瞳でウェブカメラを見つめる。
 藤崎詩織ちゃんが「私を○○さんのセックスフレンドにしてくれませんか」と真剣な表情で言ってくれた。