登録者数:89
作品閲覧
http://pncr.jp/
アニバーサリー
7
create
2014 / 06 / 27
today
1
total
3938

 
 土曜日、撮影は詩織の部屋で行われていた。
 すでに貝殻ビキニでの水着シーンを撮り終えた詩織は、落ち着かない表情でバスタオルを巻いてビデオカメラの前に立っていた。

「いまからバンジージャンプでもしそうな顔だね」
「……それ以上かも」
「こっちはいつでもいけるぜ」
「そのまえに、どうして好雄くんまで服を脱ぐ必要があるのかしら?」
 詩織は目のやり場に困るようにバスタオルの淵をキュッと持つ。
「まぁ、こまかいことは抜きでさ」
「すごく大切なことだと思うけど」
「いまからモデルが裸になるのに、カメラマンだけ服を着てると不公平だろ」
「そうかしら……」
「ぐずぐずしてると詩織ちゃんの両親が帰ってくるぜ」
 フルチンで勃起状態の好雄に催促され、覚悟を決めた詩織はバスタオルの結び目をハラリとほどいた。
 まるでビーナスの誕生のようなきらめき。そこだけまばゆい輝きを放つような詩織の裸体に、これまで数多くの女子生徒をヌードにしてきた好雄ですら撮影を忘れて見とれてしまう。足の爪の先から頭の先まで、美少女オーラ全開ですべてが男子の理想そのままだった。さらさらの赤い髪、瑞々しい肌はきめ細やかで、体を隠す衣類がないことでかえって詩織のプロポーションを際立たせている。

「ゴクリ……マジで奇跡だよ。まさに天使のヌードだ」
「……あまり見ないで、好雄くん」
 まだ緊張の色が濃い詩織はしっかりと両手で股間を隠している。
「詩織ちゃんに比べたら他の女子の裸はみんなスッポンだよ。乳首もピンクだし、肌もしっとりだね」
「あ、ありがとう……そういわれると嬉しいわ」
「手が邪魔だよ」
「でも」
「俺も見せてるのに、詩織ちゃんも全部見せてよ」
「はぁ、するしかないのね」
 赤い髪のかかる横顔で、ゆっくりと両手を体の後ろにする。
 誰にも見せたことのなかった恥部を外気に晒した。
「すごく、はずかしい」
「100点だよ、詩織ちゃん!」
「はあ、死んじゃいそう」
「へへへ、赤い毛が割れ目の周りに生えてるね。ピッタリ閉じた綺麗なスリットだ。土手がぷっくりしてる」
「ああん」
「詩織ちゃん、顔をあげてよ」
「だめ、まともに見られない」
「その恥ずかしがってる姿もすごく萌えるよ。青い珊瑚礁って映画知ってる? あのヌードも超えてるよ」
 詩織に近づくと、原寸大のフィギュアのように360度撮影する。
 とくにアソコは割れ目にレンズがくっつくほどの距離でピントを合わせた。

「よ、好雄くん」
「いっつもお風呂で裸になってるだろ」
「レンズが当たってるわ」
「こんな立体造形の割れ目、ちゃんと記録に残しておかないと一生後悔するよ」
「……!!」
「みんな詩織ちゃんのここを狙ってるんだぜ。チンコを入れて、めくれるまでヌプヌプに犯したくてさ」
「いやよ、不潔だわ」
「それだけ魅力的な女の子だって意味じゃん」
「そうなのかしら……?」
「そうそう。詩織ちゃんは顔も体もマンコも日本一の女の子だよ。機嫌を直してポーズとってよ。片手で髪を払う仕草でさ」
 好雄のリクエストに応え、片手で肩にかかった赤い髪を横に払う、詩織。ドキドキは静まるどころか加速する。
 両腕を頭上に伸ばして窓の光をバックにバンザイのポーズをする。全裸であることを忘れたように清楚に微笑んだ。

「裸ですると一段とエロいな」
「はあ、本当に脱ぐなんて……」
「実際に脱いでみると水着とたいして違わないだろ」
「ちがうと、思うけど」
「さっきの貝殻のビキニのが良かった? ホタテじゃなくてアサリの」
「……まさかあんな物を用意してるとは思わなかったわ」
「普通のビキニよりインパクト大だろ。おかげでヌード前のいい準備もできたわけだし」
「うまく好雄くんの作戦に乗せられた気持ちよ」
「そこがカメラマンの腕だよ。いつもお風呂上がりにここでストレッチしてるの?」
「ええ……ねえ、カーテンを閉めてくれない?」
「またそれ? わざと外から見えるようにしてるのにさ。そんなにあいつが気になる?」
「べつにそういうわけじゃ……」
「そろそろ部活から帰ってくるころだな」
「っっ……!!」
「とっくにカーテンの隙間から覗いてたりして」
 わざと隣の部屋に聞こえるように声を大きくする。
「まえから思ってたけどさ」
「なにかしら」
「あいつのこと好きなのか、詩織ちゃん」
「ち、ちがうわ。ただの幼なじみよ」
「へえー。一緒に帰ったりしてるだろ?」
「それはたまたま家が隣で」
「たまたまねェ」
「な、なによ。その目」
「それならさー、試しに乳首舐めていい?」
「どうして、いきなり……つながりがないでしょ」
「詩織ちゃんの裸を見てたら無性に舐めたくなったんだよ。乳首なんて体のごく一部じゃん。それともあいつが見てるかもしれないから嫌?」
「だから、本当になんとも思ってないっていってるのに」
「そいつを証明するためにもさ」
「しないとだめなの?」
「あいつを好きって認めるなら話は別かな」
「……す、すこしだけなら」
「おお?」
「ほんとに少しだけよ」
「へへへ、とかいってほんとは興味があっただけだったりして。両手は後ろにしててくれよな」
 沈んだ瞳色で、両腕を腰の後ろで横にする。
 好雄は背を低くくして詩織の発育したバストに顔を近づける。右胸の乳首に優しくキスをした。

「あん……」
「まずは唇に挟んでハムハムして、と」
「やだ、んっ」
「お次は乳首をレロレロ舌で舐めるのはどうだ」
「はあっ、ああん、あっ」
 詩織は肩を捩って、小さく首を振って懸命に快感に耐える。
 しかも、好雄は詩織に怒られない程度にさりげなく股間の割れ目を指でなぞっていた。熱を帯びたスリットが本人の意思に反してじっとりと濡れてくる。
 時間をかけてたっぷり吸われ、詩織の乳首は左右ともに立派に屹立した。
「ハアハア、すごいよ詩織ちゃんの乳首。先っちょからミルクが出てるみたいに甘い味がするよ」
「はああ……んんっ、舐めすぎだわ」
「舐められるの好きでしょ」
「あん、くすぐったいの」
「大きいのに女子中学生みたいに感度がいいね」
「はあ、はあ……好雄くん、いけないわ」
「なあ、舌で舐め転がされるのと、吸われるのどっちが感じる?」
「い、いえない」
「頑張るなあ」
「あん」
「こうやって乳首を歯で軽く挟んで引っ張るのはどう?」
 あの手この手と好雄は趣向を凝らして責める。
 顔を横に唇を噛みしめてビクビクとする、詩織。自然と甘い声が漏れる。
「ああん、頭が痺れるぅ……はあ、はあ」
「乳首だけでイクなんてやらしいな」
「はああ、よ、好雄くんのせいよ」
「やっぱイッたんだ」
「っっ……!!」
「これも特訓のおかげ? こっちはどう?」
「んんっ、そこはダメっ」
「うわあ、マンコがグチョグチョだよ。糸を引いてる」
「う、うそよ……」
「ウソかどうかは、詩織ちゃんが一番よくわかってるんじゃないの」
「っっ……はあん」
「見てよ、俺の指」
「っっ!」
 好雄の指は、詩織の秘部が紡いだ恥ずかしい汁でネトネトに光っていた。

「こいつはどう説明するんだよ」
「ああん」
「ちゃんとアレ使ってた? 詩織ちゃんがマンコを弄られるのが好きになったって知ったらクラスの奴ら驚くぜ」
「ダメ、立ってられない。膝がガクガクするわ」
「へへ、ベッドに座りなよ。足を開いて、ヌレヌレマンコ撮らせてよ」
 足元がふらふらの詩織は体を支えられるようにしてベッドに歩く。ベッドサイドに座って、好雄に命じられるままに両膝をしどけなく左右に開いた。
 右肩に首を傾け、魂が抜けたようにカメラを見つめる。

「すげええ、しおりんのヌレヌレマンコがバッチリだよ」
「はああん……はずかしい」
「指で中を開いて見せてよ」
「あん、こうかしら……?」
「おおお、くぱぁぁキター。内側も綺麗なピンク色だね」
「はあ、はあ……体が熱いわ」
 完全にときめきモードで目元を赤らめ、足を開いたポーズで、右手の指先で逆V字を作って可憐な小陰唇の内側までニチャリと音をさせる。
 ヒクヒクと呼吸をする小さな入り口からは、無意識で牡を誘うように透明な汁がトロリと溢れていた。真珠のクリトリスが好雄の場所からでもわかる。密室に二人で裸でいることで詩織の精神は否応なく興奮している。

「急に積極的になったじゃん、嬉しいけどさ」
「はあん、とても切ないの」
「ハアハア、学校でなんかあった? 最近、やけにA達と親しいみたいだろ」
「べ、べつに……学校やテレビのことについて話してるだけよ」
「気をつけたほうがいいぜ。そうでなくても詩織ちゃんは学校のマドンナなんだし」
「ああっ、私のことを心配してくれてるの、ありがとう」
「当たり前だろ、大切なモデルだぜ。ま、詩織ちゃんがあいつらになびくことなんかないだろうけどさ」
「んっ……はあ、あ」
「お、またヒクヒクした。やらしい汁がお尻の穴まで垂れてる」
「んんー、やだわ……アソコが勝手に」
「またー。何回教えたらわかるんだよ。マンコだろ、マンコ」
「はあ、はあん、ああっ……ゆ、ゆわないでぇ」
「ハアハア、そんなに辛いなら俺がクンニしてあげるよ」
「く、くんに……??」
「スッキリするぜえ。美樹原さんもクンニの味を知って大人になったぐらいだしさ」
「メグも……」
「何事も経験だよ、詩織ちゃん」
「はあん、んー」
 ヘアバンドをした赤い髪を揺らして頬を染め、ぼんやりとカメラを見つめる詩織がゴクリと唾を飲み込む。
 すでに放心状態で、少女としての理性は別の世界に旅立っていた。
「私も、あなたにクンニ教えてほしいかも……」
「へへ、そうこなくちゃ」
「怖いことはしないでね」
「逆に夢中になってエッチのことしか頭になくなるようにしてやるよ!」
 不安がる詩織の股間に、好雄は先制パンチでふっーと軽く息を吹きかける。


 10分後――。
 ベッドの中央には、体の上下を逆にしたマングリ返しのポーズで好雄に秘部とお尻の穴を交互にほじ舐められている詩織の姿があった。
「ああん、あっ、あっ、ああっ、ひぃぃ、いいぃぃっ」
 クッションに頭を沈め、アイドル声優としても通用する詩織の甘い声がひっきりなしに咲き乱れる。
「クリがビンビンだぜえ。こうして皮を剥いてレロレロに転がしてやらあ」
「あああ、また感じるぅ、頭がおかしくなるう」
「しおりんのマンコもアナルも美味しいよ」
「はあ、ふぅ、ううっ、くるぅぅ、目が回るぅ」
「アナルも感度抜群。すくってもすくっても奥からやらしい汁が溢れてくるな」
「はあ、はあん、すごい、すごいわ。こんなの初めてよ、好雄くん」
「へへへ。学校のアイドルのヨガりまくりだね。いまのしおりんは夕子や鏡さん以上だよ」
「はああ、はあん、んんー。いいのぉっ、よすぎるのっ、すごくいいわ」
「こっちも感じるだろ」
「はああ、んーー、感じるわぁ、好雄くんの舌が私のお尻の中にっ」
「もしかしてお尻の穴を舐められるのが弱いのか。初めてでここまで感じてくれるなんてさ」
「私も信じられないっ」
「ほら、やらしい割れ目をベロベロだ」
「ふああ、ああっ、だめえ、へんっ、またへんになるわっ」
「そろそろ、いいかな」
「はあ、ふぅ、ああん……よ、好雄くん?」
「いいだろ、詩織ちゃん。こんだけ濡れてたらさ」
「ああっ、ど、どういう意味?」
「詩織ちゃんもそろそろ普通の女子高生並みにエッチを経験するってことだよ」
「んっ、待って――!!」
 素早く体の位置を変えた好雄が身動きできないよう体重をかけ、詩織の右足膝を外側に押し開いた。
 堅い感触が局部に当たって緊張が走る。ようやく詩織はその意図を悟った。

「だめよ、好雄くん。よして……アン」
「ヌレヌレマンコをヒクつかせて説得力ないよ」
「ムウゥ、クンニだけのはずよ……ンッ」
「ハアハア、フラグ立てたのに最後まで往生際が悪いな。みんな、そうだけどさ」
「やめて、ほんとにっ」
「どのみち詩織ちゃんはどっかの男にセックスされる運命なんだよ」
「よ、好雄くん……おちついて、アアン」
「俺が一番にハメてやるううう!!」
 美少女オタクの牙を剥いた好雄が腰を沈め、切っ先で濡れそぼった詩織の花びらを力づくで押し開いてねじ込む。
 ミチミチと肉が裂ける音がした瞬間、詩織はグンと背中を浮かして、両目をきつくとじ合せ「ア、アーーン」と淫らに顔をしかめた。
 浮かしたつま先を思い切り開いて、とっかかりを探るように両腕でベッドのクッションを掴んで握りしめる。

「ンンン、い、いたいっ」
 赤い髪をハラハラと揺らして、悲痛な声をあげる。それでもなお好雄のペニスがズブズブと肉襞を押し分け挿入される。
 淑やかだった媚門は無残にこじ開けられ、空気の入る隙間もなく粘膜同士の結合を果たした。詩織がバージンだった証がうっすらとにじむ。

「はああ、いたい、痛いの」
「やったー! スペシャルイベント! 詩織ちゃんの処女マンコゲットだぜ!」
「ひどいわ……アアン、苦しい」
「へへへ、苦労したかいがあったぜ。ようやくラスボスクリアだな」
「ん、くぅ、ふぅ、ふぅぅ」
「ハアハア、痛そうな顔しちゃって。オーバーだな」
「うう……ぬ、ぬいてぇ、すぐにぃ」
「いまさら手遅れだよ。想像以上にきつい」
「ううう……ひどすぎる」
「俺のが詩織ちゃんの中に入ってるのよーくわかるだろ」
「アング、ング、ほ、ほんとに痛いの、体が裂けそう」
「そのほうが初体験って感じがして忘れられないだろ。まー、忘れたくても忘れなくするけどさ」
「ンム、アン……お願いだから、動かないで」
「むだむだ」
「ううう……」
「中はヌルヌルじゃん。体は感じてる証拠だよ。入れてるだけで射精しそう」
「だめよ。赤ちゃんができちゃうわ」
「見てみたいなあ、俺と詩織ちゃんの愛の結晶」
「あーーん、やめてぇ」
「マジでこんな気持ちいいマンコ初めてだよ。入り口はキツキツなのに、奥は複雑な肉襞が絡みついてきてて」
「はあ、はあ……よ、好雄くん」
「詩織ちゃんもあきらめて俺とエッチ楽しもうよ」
「あ、あ、あっ、だめよ、好雄くん――」
「仲直りのキスしようぜ。入り口をチンコで突いてあげるからさ」
「ンンムー、ムウ、ううー、あはん」
「マンコの奥がキュンってした」
「はあ、はあ、う、うそよ、はああん」
 腰回りから緊張が揺らいだのを見計らい、好雄は緩やかなストロークを繰り出す。
 詩織は再び顔をしかめ、赤い髪の広がるクッションに手を伸ばした。
 ズンズン、グチュグチュと、ベッドのスプリングを使って深く交わる。

「こいつはヌキどころ満載のクライマックスシーンになるぜ」
 苦悶の表情を浮かべる詩織のバストに手を伸ばしてつきたての餅をこねるように揉みしだく。
「ほら、どんな感じか説明してよ」
「ハア、ンンッ、あはっ、ヒィン」
「もっと派手に声を出していいぜ。1回ハメたら女子なんておんなじなんだからさ」
「はああー、アアッ、うんー」
「こうして奥までねじ込んで、と」
「ハムゥ、ンン、ふ、深いの」
「やらしい汁がジュワーって溢れたね」
「やあん、ふぅ、ふぁ、ぁぁ、お腹に響く」
「突けば突くほど反応が良くなる。詩織ちゃんの体はマジで病みつきになるかも」」

 本格的なピストンに移行する。余裕の好雄は両膝を外側に押し開いた体勢で詩織の胸部に顔を埋め、ピンク色の乳首をレロレロしゃぶりながら、初体験の荒波にもがく詩織の膣を浅く深くと味わい尽くす。
 粘膜と粘膜による摩擦を繰り返すうちに詩織の喘ぎが大人びた音色を帯び始める。いかに詩織でも、虹野沙希や鏡魅羅など他のヒロインらをことごとく性的に攻略してきた好雄のテクニックになすすべがなかった。精神を侵食され、女の部分をまともにさらけ出す。
 好雄が突くたびに詩織の秘部からはやらしい汁がグジュグジュと飛び散る。
「もう痛くないだろ」
「はあ、ああん、アンっ!」
「へへ、子宮の奥までメロメロにしてやる」
「やあ、アア、こんなはず」
「やらしいマンコとヒダヒダが巻きついてっ。なんだよ、このエロマンコ」
「はあ、んんー、あっ、あっ、あっ」
「気持ちいいっていってよ」
 シーツに赤い髪をハラリと広げ、切なげに眉根を寄せて身悶える、詩織。
 いつしか両腕は好雄の体に添えられていた。
「月曜になったらみんなに自慢してやる。詩織ちゃんは学校一のエロイマンコの持ち主だって」
「ああん、はあ、だめ、だめよ、こわれちゃう」
「こいつはどうだ。マンコをスクリュー攻撃だ」
「ふうう、お腹がかき回されるぅぅ」
「抜いたと見せかけて、一気に根元まで挿入するのは!」
「ああっ、んんーー」
「子宮をグリグリ」
「あっ、いいっ」
「おお?」
「アソコがジンジンして、腰が浮くわ」
「チンコで子宮を突くのがいいの?」
「好雄くん、好雄くんっ!!」
「へへへ、やっと素直になったみたいだね」
「ふぅ、ああ、力がぬけるぅ、ああーん」
 両目を閉じて、熱病のように好雄の名前を呼ぶ。
 ときめきモードを超え、エロメキモードに詩織が墜ちる。

「ピュアマンコがキュウキュウしてるぜ」
「気持ちいい、気持ちいいの」
「どこかいってくれないとわからないよ」
「ああ、いじわる」
「恥ずかしがらずにきっぱりいいなよ」
「し、詩織のマンコよ」
「へへへ、ついにいったな。ビデオにばっちり映ってるよ」
「はあ、ああ、私、好雄くんにセックスされちゃったの……!」
「よーし、めちゃくちゃにしてやるからな、詩織ちゃん!!」

 入学して以来の思いの丈をぶつけるように、愛らしい瞳や鼻や耳やうなじ、詩織の可憐な顔立ちのすべてをベロベロ舐めながら怒濤の連打で突きまくった。
 未発達の媚肉を巻き込んでヌプヌプのグチョグチョにピストンする。
「ハアハア、しおりん、しおりん!! 俺の精子で体の中から犯してやる!!」
 トドメの一撃を思い切り叩きつけと、詩織の一番奥深くに挿入し、子宮口に直接大量の精液を発射した。

「あああーー!!」
 大きく口を開けた詩織はビクビクと睫毛の先まで痙攣を繰り返す。
、力を失い、体力を使い切ったようにベッドに沈んだ。
 消耗した表情で部屋の天井を虚ろに見つめ、「ハア、ハア」と、胸部をあえがせる。

「まるでチンコから直接精液だけ吸い取られるみたいだよ。やばいぐらい出た」
 最後の一滴まで注ぎ終えて抜くと、好雄のペニスが詩織の割れ目とグッチョリ――と淫らな糸を引く。
 ぐったりとしている詩織の膝を開いて、淫らに変形し、入り口が閉じなくなった場所を部屋の明かりの下で確認した。
「すげええー。詩織ちゃんのマンコから俺の精液がドロドロ出てるよ。まんま中出しAVみたい」
「ああ……はあ、はあ……」
「へへへ、これでコンプリートだな」
「うう……」
「そのままでいいよ。記念の撮影するからさ。すぐに2発目を開始するぜ」
 得意げな好雄はカメラを構え、うっすらと涙を浮かべ呆然としている詩織を見下ろすアングルで撮影する。
「全身から処女を失った感が出てて、ピューリッツァー賞モノの一枚だな」
「はあ、はあ……」
「写真集の表紙はこいつで決まりだよ」
「ど、どうして……」
 寂しげな詩織の声が虚しく響いた。
 このあとすぐに寝バックでの2回戦が始まり、両親が帰ってくる夜遅くまで詩織は休む間もなく好雄に抱かれ続けた。
1 2 3 4 5 6 7